ジュニアバドミントンと「おかあさんといっしょ」の「うたのお姉さん」小野あつこさん。20代目三谷たくみさんお疲れさまでした。

 

こんにちは。スゴバドです。「ジュニアバドミントンとおかあさんといっしょは共通する所がある」それは・・・

今回はバドミントンと「おかあさんといっしょ」の「うたのお姉さん」小野あつこさん20代目三谷たくみさんお疲れさまでした。というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

ジュニアバドミントンと「おかあさんといっしょ」

今回のジュニアバドミントンとおかあさんといっしょは共通点があります。

 

その前に、衝撃的なニュースが昨夜流れたので、そのニュースの内容から失礼します。

20代目三谷たくみお姉さんから21代目小野あつこお姉さんに交替

「おかあさんといっしょ」が2月12日発表されたニュースで8年ぶりに歌のお姉さんが交替になりました。

三谷たくみお姉さん。とても可愛らしいお姉さんで私も大好きでした。我が家の子育ての手助けも沢山してもらいました。(おかあさんといっしょがテレビで流れると子供が泣き止んでくれました。

 

三谷たくみお姉さんの引退は私たち親のアイドルだったので、とても残念です。

次のうたのお姉さんはどんなひとなんでしょう。

バドミントン小野あつこさん(中)三谷たくみさん(右)

小野あつこさん(画像真ん中)

今回も可愛いお姉さんですね。

それでは簡単にプロフィール紹介です。

  • 出身地:東京都
  • 4歳からピアノを始めて、ピアノ科の高校を卒業して、都内の音大で声楽を専攻。2016年の3月に大学院を卒業見込み。
  • 趣味:ピアノ・散歩
  • 好きな食べ物:白米・そうめん・ケーキ
  • 好きなスポーツ:バドミントン・ジョギング

そうなんです。小野あつこさんはバドミントンが好きなスポーツなんですね。

共通点の部分は実はここではありません。

ジュニアバドミントンとおかあさんといっしょの接点

ではどこが接点かという所なのですが、ジュニアの指導の心得とおかあさんといっしょをやられているうたのおねえさんたち、子供への接し方ですね。

これが非常にバドミントンをコーチするのに参考になります。

 

幼少期から「おかあさんといっしょ」を見ていたという小野は「子どもと関わる仕事をするのが夢でした」と笑顔。児童館で子どもと触れ合う活動をしているそうで、「今までのように子どもたちと接しながら、近所のお姉さんのような感覚で子どもたちに親しまれるようなお姉さんになりたい」と抱負を語った。先輩の三谷からは「子どもたちとお話をしたり子どもたち同士が話しているのを見ることで楽しい思い出ができると思います。あと、くれぐれも体には気をつけてください」とアドバイスを受けた。

ディリースポーツより

 

ということを小野あつこさんや三谷たくみさんは言っています。

バドミントンでも同じです。

 

  • 子供達とどういった感覚で触れ合うべきか。
  • そのためにコーチとして見えない努力はできているだろうか。
  • 子供の体力に負けないように、私の体調管理はできているか。

このようなことを指導者本人ができているかどうか。

これが非常に重要だと思っています。

 

おかあさんといっしょのファミリーコンサートなどは終始笑顔でハードなステージをうたのお姉さんたちスタッフはこなしていきます。

 

これはコンサートだけを行なっただけでは、笑顔は途中で途絶え、腹筋は使えなくなり声量はなくなり、子供達を楽しませることができなくなります。

 

バドミントンでも同じです。

子供を指導している時に、私たちが体力がなくなってしまってはちゃんとしたコーチングができなくなってしまうのです。

 

その為の準備と子供たちを楽しませるための工夫。それは遊ばせることではなくて、なぁなぁにすることではなくて、子供達の「できた」を育ててあげることで、子供達に「楽しい」と思ってもらえるのではないのでしょうか。

 

その部分を育てるのが、ジュニアバドミントンの役割だと思います。

その他のジュニアの関連記事

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントンと「おかあさんといっしょ」の「うたのお姉さん」小野あつこさん20代目三谷たくみさんお疲れさまでした。ということでお話をしてきました。