同じショットでもレシーブするひと・攻撃できる人

同じショットでもレシーブするひと・攻撃できる人

こんにちはスゴバドです。今日はバドミントンの練習の時によく見かけるスマッシュをレシーブする人と攻撃に変えられる人の違いについて考えていきたいと思います。最後までよろしくお願いします。

 

バドミントンでスマッシュを打たれるとレシーブで返球すると思います。しかしスマッシュをレシーブでくり返し返すと、有利なのはスマッシュを打つ人です。

なのでどこかのタイミングで、スマッシュをレシーブではなく、ドライブや攻撃に転じるショットにしなければいけません。ですがなかなかレシーブから攻撃的なショットに切り替えることが難しいことがおおいです。

今回はその修正の仕方を考えていきたいと思います。

レシーブも攻撃もできるショットとは

 

レシーブも攻撃もできるショットとは
レシーブも攻撃もできるショットとは

レシーブにも攻撃にもなるショットは、スマッシュの高めです。

高めのスマッシュを打っても、レシーブをそのまま続けてしまう人、そしてチャンスがきた!!と攻撃に変更できるドライブなどに切り替えられる人がいます。

 

ここで高めのスマッシュが来た時にレシーブを続けるのと、攻撃に切り替えるどちらが良いかと言えば・・・

攻撃に切り替えられる方が良いです。

レシーブで例えばスマッシュを肩口などを狙われば、レシーブは甘くなります。レシーブが甘くなれば次にくるショットも更に厳しくなるのでできれば、早い段階で攻撃に切り替えていきたいところです。

 

なぜレシーブになってしまうのか

なぜレシーブになってしまうのか
なぜレシーブになってしまうのか

では、高めのスマッシュの返球がレシーブになってしまうのか。

これは、相手がスマッシュを打つということで、レシーブをしなくてはなりません。その時にどうしても下に沈んでくることを想定しているので、レシーブになってしまいます。

 

また、沈んでくるスマッシュを想定しているので、上の画像のようにラケットヘッドが下がりきっている(画像の中の赤いラケット)と、そこから肘が頭付近まで上がりレシーブをしてしまうためにラケットヘッドが下がった状態でレシーブをしてしまうことになります。

 

肘が頭付近まで上がりながら、レシーブをすると当然のことながら、大振りになってしまうので、次への対応も遅くなりがちです。

なので、その部分を対応できるようにすることでその場所でやられにくくすることが可能になって来ます。

 

スマッシュレシーブを攻撃に変える修正方法

 

それでは、どのようにしていけばスマッシュレシーブを攻撃に変えることができるのでしょう。

スマッシュの返球を攻撃に変える修正方法を考えていきましょう。

レシーブをし続ける理由としては、ラケットのヘッドが下がりきっているためと考えられます。

ラケットのヘッドを立てて待つことで、ラケットを立てることができるので、肘を体の内側に畳むことができるようになります。

そうすると、レシーブをする時に、ラケットヘッドをシャトルの高さに合わせて面を作れるので、そこからドライブや攻撃に転じるためのショットに変えられます。

スマッシュをレシーブで返球することはとても大事なことになりますが、それと同時にいつまでも守備にならずに積極的に攻撃に変えてラリーをしていくことを覚えていくことで、今より更にレパートリーも増えるので、相手を迷わせることにもなるので、相手も配球を考えるしかなくなるので多くのメリットがあります。

 

 

まとめ

今回は、同じショットでもレシーブするひと・攻撃できる人ということで解説をして来ました。

いかがだったでしょうか。

高めのスマッシュはとても難しいですが、ラケットの先を上むきに変えるだけで、肘の使い方も変わって来ます。

意識をして、高めのスマッシュに対応できるようになりましょう。