バドミントンをアクティブラーニングという自主的に学ぶ姿勢をアメリカから学ぶ

 

バドミントンをアクティブラーニングという自主的に学ぶ姿勢をアメリカから学ぶ
バドミントンをアクティブラーニングという自主的に学ぶ姿勢をアメリカから学ぶ

こんにちは。スゴバドです。バドミントンをただ強くなればそれだけで良いのでしょうか?

 

スゴバドでは、バドミントンをアクティブラーニング(AL)という発想の元で子供の心の成長も考えていきたいと考えています。どういうことかというと・・・

 

 

今回はバドミントンをアクティブラーニングという自主的学ぶ姿勢をアメリカから学ぶというお話をしていきます。

 

 

 

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

 

 

 

 

アクティブラーニング(AL)とは

 

アクティブラーニング(AL)とは
アクティブラーニング(AL)とは

アクティブラーニングとはアメリカの教育現場で浸透している子供の学ぶ姿勢を自主的に向かわせる考え方のことです。

 

この考え方は、日本では、いままであまりアクティブラーニングというものが浸透していませんでした。

 

ここにきて、日本でもアクティブラーニングが注目されてきています。

 

子供達がスポーツを通して自信をつけてもらうことが目的になります。

 

 

そのなかで、自分で考えて、選ぶ力を身につけ決断して、本人が頑張れたという経験をさせる。この過程で子供の自信になればいいのだと思います。

 

 

『スゴバド』ではこのアクティブラーニングという考え方をバドミントンを通じて子供、そして大人にも身につけてほしいと思っています。

 

アメリカでの習い事に求めるものとは?

アメリカでの習い事に求めるものとは?
アメリカでの習い事に求めるものとは?

アメリカで習い事に求めることは「自信」をつけさせることのみ!

なのです。

アクティブラーニングとはそこに特化した発想です。

 

アメリカではあの家庭もやっているから習わせるという横並びを目指す日本の様な発想はありません。

 

なので、日本の親が「なんでうちの子供だけ習い事で落ちこぼれてしまっているの?」と悩むこともありません。

子供の相談にポジティブに解答出来ると言うことです。

 

そして、自信をつけることで、どの分野でも自信をもって取り組めることをよく理解しています。

 

それだけ、自主的に学ぶ姿勢が大切ということを大事にしているのですね。

 

関連記事

バドミントンのジュニア育成・悩み解消・トップレベルを目指す指導者必見

バドミントンのアクティブラーニング

バドミントンでのアクティブラーニングの話の前に例としてアメリカではアクティブラーニングはどの様に使われているかをみていきましょう。

 

例えば、子供が少年野球をやっているとします。

その少年野球で、今所属している場所ではレギュラーになれないとします。

そうした場合、わざと格下のチームに移籍をさせて「エースで4番」を体験してもらい子供に自信をもってもらう。

 

というようなことです。

その中で、習い事の目的は「自信」を付けることのみです。

 

 

バドミントンでも同じです。

が、チームの移籍を推奨しているわけではありません。「自信」をつけさせることを目的にしているということです。

 

その「自信」が将来どんな花を咲かせるか。

それがバドミントンの目的でもあると私は考えています。

 

 

その場だけ強くすることは逆にいくらでもできます。ただし、勝てる選手にする為には心も一緒に育てることが大切です。
バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

 

バドミントンをアクティブラーニングという自主的に学ぶ姿勢をアメリカから学ぶまとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンをアクティブラーニングという自主的に学ぶ姿勢をアメリカから学ぶということでお話をしてきました。

 

子供との向き合い方をもう一度確認してみると、大きな変化がうまれるかもしれませんね。

もちろん今回話題に出したアクティブラーニングは1つの考え方で、全ての人に方法として適しているかはわかりません。

1つの方法として考えていただければ嬉しいです。

また、子供とのコミュニケーションの一環として考えていただければ嬉しいです。

 

 

関連記事

ジュニアバドミントンで【フットワーク】を強化する練習メニュー