バドミントンのドロップとカットの打点と練習方法

 

バドミントンのドロップとカットの打点と練習方法
バドミントンのドロップとカットの打点と練習方法

ドロップとかカットの打点てどこ?」「ドロップやカットが打つのバレてる!」

 

悩ましい問題が山積みのドロップとカット。是非解消してください。

 

 

初心者最速上達法⇒ ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~ [DVD]
こんにちは。スゴバドです。今回はドロップとカットの打点と練習方法というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

 

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

バドミントンのドロップとカットの違いについて

 

バドミントンのドロップとカットの違いですが、ドロップ=打点は頭の上で面をフラットに当てて柔らかい球をネット前に落とす。カット=打点は頭の上で面を切って擦ることで見た目のスイングスピードよりも失速したショットをネット前に繰り出す。

 

 

こんなような違いがドロップとカットにはあります。また、ドロップとカットの打ち方のコツはどちらのショットを打つ時も基本はスマッシュを打つフォームと同じ様にしてドロップにしたり、カットを打ちます。

 

 

明らかにドロップやカットとわかる様な打ち方をするとすぐに対戦相手に詰められてプッシュやヘアピンで決められてしまいます。ドロップやカットのフォームを意識して打つ練習をしましょう。

 

下の動画ではテイクバックからのスイングが緩やかなため相手にわかりやすくなってしまっています。

できる限りドロップなどを打つ手前まではスマッシュを打つイメージでスイングをしていきましょう。

 

ドロップ・カットのコツ

 

ドロップ・カットのコツは打点をスマッシュやクリアの位置と変わらない位置で打つ事も大事です。そのほかに言えば、ドロップに多いですが、シャトルに合わせてスイングをしてしまう場合です。ドロップを打つ際にテイクバックからシャトルに当てるまで非常にスローでインパクトを迎えてしまった場合には相手に『ドロップを打ってくる』とわかってしまいます。

 

 

カットも同じですが、特にドロップの際にはテイクバックまでを『1』、ドロップを打つインパクトまでを『2』として、『1』はスマッシュやクリアのようにテイクバックをするだけでも、相手にしてみれば、『ドロップやカットじゃないな??スマッシュかな?』と惑わすことができます。

 

 

 

こうしたリズムをスマッシュ、クリアと同じにすることが、ドロップ・カットだとわかりにくくするコツです。また、ラケットを持っていない手にもコツがあります。スマッシュの時には腕が『ピン』と伸びているのに、ドロップ、カットになると、全く腕をあげなかったり、ドロップやカットを打つよーと思わせるようにダランと下がっている場合があります。

 

それも周りから指摘されて気がつく事があります。

あなたはドロップ・カットの際、ラケットを持たない腕の位置などをスマッシュと同じようにしていますか?

上級者テクニックを載せた関連記事はこちらからどうぞ

リバースカットのコツ

 

ドロップとカットそれぞれのショットのコツ

 

ドロップとカットのそれぞれのショットのコツは、ドロップを打ちますよー!カットを打ちますよー!とショットを打ってはいけないと言う事。あくまでもドロップ、カットのイメージはスマッシュを打つイメージで入ります。シャトルが当たる瞬間までは、スマッシュ打ちます!というイメージしてください。

 

 

当たる瞬間にやっぱりドロップを打とう!カットを打とう!としてください。そうすることで相手は身構えるので、対応が遅れます。ドロップやカットはとても意識が大切です。

 

ドロップ・カットでミスを減らしノータッチを狙う

カットでの解説をしていますが、これはドロップでも同じことが言えます。そしてスマッシュでも使えるテクニックをこの動画では教えてくれています。

 

しかも凄いのが誰でもできることです。詳しくは、動画を見てほしいのですが簡単に説明します。

カットを打つ時にジャンプをするとします。ミスの多い人はこの時にジャンプの頂点ではなくて、落下してからカットを打っていると解説しています。

落下しながらカットを打つと身体が重力に持っていかれて下にいく力が大きくなります。つまり、ネットに引っかかりミスしやすくなるのです。カットでミスを減らすには、頂点で打つ事が大事なのですが、それより更にミスを減らす方法があります。それはジャンプして頂点にいく前にドロップを打つ事です。

 

 

そうすれば、重力に逆らい上への力が働くので、ネットにかかりにくいカットが打てるようになります。

元世界チャンプの打ち方

こちらは元世界チャンプのカットの打ち方です。

 

カットの打ち方もお手本になりますが、解説もしてくれていますので、参考にしてみてください。

 

ドロップとカットの打点について

 

ドロップもカットもそれぞれスマッシュに近い打点にしてください。

つまりスマッシュやクリアを打つ打点と同じ、ドロップ、カットも身体の少し前、頭上よりも少し前が打点になります。そうすることで相手はどんなショットがくるのかな?クリアいやいやスマッシュかもと悩む訳です。カットはネットを越えた辺りから失速をするので(特に左利き)そこも考えて打ちましょう。

 

 

フォームが明らかにドロップやカットを打つ時に打点が違う場合は出来る限りスマッシュを同じフォーム(打点)にしてみましょう。そうする事で、ドロップやカットを打つのが分かりにくければ多少浮いたシャトルでも叩かれることが少なくなります。イースタングリップで握りリストスタンドし、手首の固定を行う事で、安定感のでるカットが打てる様になります。

 

 

振り抜き方も同じなので、簡単にカットが覚えられるはずです。勿論、練習は意識して行ってください。

打点とフォームをきちんとすれば、多少浮いても大丈夫?

 

前の章で解説したようにドロップとカットの打点とフォームが他のショットと同じになることが重要です。そうなる事のメリットは他にもあります。

 

 

明らかにドロップ、カットとわかる打ち方では、相手にばれていますので、ネットすれすれにいれなければ

打たれてしまいます。

 

 

しかし、ドロップ、カットのフォームがスマッシュやクリアと同じならば多少浮いていても、相手にばれていないので、ネットから浮いていてもプッシュなどで打たれることが少なくなります。なので、ドロップ、カットが浮いていても大丈夫で、スレスレにドロップ、カットを入れなくて済む為、ミスも少なくなりメリットがたっぷりでてきます。

 

ドロップが浮く対策

ドロップが浮く対策
ドロップが浮く対策

ドロップが浮くのであれば、同じ浮くでも自分のコート側で浮かせてみてください。

上の図の赤いラインのようにネットを超えて球足が長く浮いている場合には、相手はラケットを立てて上からドライブやプッシュが打ててしまいます。

 

青いラインのように自分のコート側で浮かせることで、球足が短くなり、相手もネット前まで足を運ばないとラケットを立てて入ることが難しく、下からしかラケットを出すしかなくなるので、選択肢が上げるかヘアピンかの2択になるので、次の配球が絞ることもできるようになります。

 

 

安定したフェイントカットを打つ為に行う足運び(フットワーク)

カットはどうしても失速するので、ミスが出やすいショットです。そのミスを減らす、しかもフェイントのかかっとカットを打つ為におこなう足運び(フットワーク)について解説します。カットのミスはフットワークをしてからジャンプして頂点に近い所で皆さんカットを打ちます。そうすると、身体が落下している最中にカットを打っている事も多くそれが原因でカットもミスが増えています。

 

 

では、どうすればカットのミスが減るかと言うとジャンプして頂点に付く前にシャトルをラケットに当てることです。大げさに言うと、飛んだ直後に当てるという事です。それにより少し浮いたショットになりがちではありますが、ミスをしないカットが打てる様になります。

 

 

時と場合により、打点の高いショットで相手を崩したり、相手がホームポジションに戻る前に速いミスのないショットで相手を崩したりできます。同じショットなのに選択肢が増えて相手のタイミングも崩せます。

関連記事

→ 桃田賢斗のリアクションステップ!フォア奥への移動からスマッシュ

 

ドロップとカットの練習方法

 

ドロップとカットの練習方法をお伝えします。初心者は天井やバスケゴールなどからヒモにシャトルを括り付けて自分の打点に合わせてカットやドロップをうちてみましょう。何度も練習して自分自身の打点を身につけましょう。

 

練習方法としてはノックや基礎打ちでドロップかカットの練習をしてみてください。

  1. 初めは浮いても良いので入れるノック練習。
  2. 次に浮いても良いのでスマッシュと同じフォームでノック練習
  3. 次に浮いても良いのでフットワークをして2と同じ事を練習

 

 

この練習方法では、打点の下に素早く入るのがとても重要になります。打点確保の為に、初動を素早くする事を心がけて練習してみてください。

 

その他のドロップ・カットの関連記事です。

⇒ バドミントン下手なら基礎打ち、ドロップ交互、パターン練習で上達できる

⇒ バドミントンで前に詰めるということ(予測・動作・位置)

⇒ バドミントンペーパーをやめたい!羽根をしっかり当ててミスを減らす事のできる場所

 

バドミントン診断テスト

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はドロップとカットの打点と練習方法ということでお話をしてきました。

 

ドロップとカットの打ち方や上達するコツは見えてきましたか?

ドロップやカットを打とうとするのではなく、ベースは速いショットであるスマッシュにあわせて振り抜きを考えて行くと良いです。

 

スマッシュの上達にはこちらの関連記事をご覧ください。

【保存版】バドミントンのスマッシュ最速打ち方と練習30の方法