バドミントン上達テクニック短期間で強くなる3つの方法

 

バドミントン上達テクニック短期間で強くなる3つの方法
バドミントン上達テクニック短期間で強くなる3つの方法

バドミントンの上達テクニックを短期間で習得する方法を解説していきます。バドミントンはちょっとした公園でも遊ぶこともできるスポーツとしても親しまれています。しかし、競技として始めると上達するためのテクニックというものが出てきます。

 

上達テクニックを身につける方法

バドミントンを本格的に始めるとなると、公園で遊ぶときとは違い、基本を覚えて行く事で上達してテクニックを身につける事がカンタンになります。

初心者のうちにちゃんとした打ち方を身につけないと、後から上達テクニックを学びたくても出来ないことがあります。なので、上達テクニックを身につけるために、あなたが初心者でしたら基本をしっかりと学んでください。

また、ちゃんとした方法も知らないまま、中級者になったけど、伸び悩んでいる方も非常に多いです。

私にメールやコメントで毎日何通もいただきますが、必ず毎日1通はこの中級者の伸び悩みが含まれます。それ以上に多い悩みの内容は初心者の練習方法などの初心者さんの悩みが多いです。

 

上達テクニックその1グリップ

 

上達テクニックその1グリップ
上達テクニックその1グリップ

上達テクニックの基本とも言えるグリップグリップとはラケットの握りのことです。握り方が違うだけで、中級者、上級者になった時に打てる球種の数が断然変わります。これは大げさな話ではなく、球種を増やすことを考えるなら今あなたが中級者さんであれば、グリップを見直せばみるみる上達するキッカケにもなります。見直してみるといいでしょう。

 

 

関連記事はこちら

 

上達テクニックその2フットワーク

上達テクニックその2フットワーク
上達テクニックその2フットワーク

 

もうひとつの基本であって上達テクニックで重要なのがフットワークです。フットワークとは、足の動かし方です。特に初心者のうちは、後ろにさがる動作が非常に難しく覚えるまで大変だと思いますが半身になることを覚えてくると動作が楽になります。ぜひ、早めにフットワークを習得しましょう。

また、フットワークは常に一定ではありません。理屈抜きでシャトルを追うことが出来る人が強い人だと思います。世界大会を見ていても、シャトルを転んでも拾うシーンが多くあります。そういうハングリーな気持ちが最終的には必要なのではないでしょうか。

しかし、最初の基礎がわからなければ上達するテクニックも身に付きません。フットワークが上達する練習方法やテクニックを関連記事で確認してください。

 

 

 

上達テクニックその3ラケットワーク

上達テクニックその3ラケットワーク
上達テクニックその3ラケットワーク

もうひとつの上達するためのテクニックとしてはラケットワークがあります。ラケットの振り方を学べんで上達していきましょう。ラケットワークを覚える事で、色々な方向にシャトルを飛ばすことができます。基本の打ち方を覚えることで上達した時にテクニックとして球種が増えていきます。

基本的な打ち方を確認していきましょう。

 

 

 

では、上達テクニックとしてどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

 

 

具体的な短期間で上達テクニック

では実際に初心者中級者・上級者別に短期間で上達できる方法を解説していきます。昔よりも指導用としてのバドミントンのDVDが普及してきました。そして、今まで出てきているDVDよりもとてもわかり易いものが多く出てきました。なので、具体的により早く視覚から教わりたい方はそうしたDVDを参考にされると良いと思います。

上達に重要なものが何か?

テクニックは基本から成り立っている!ということが実感できます。

 

 

 

参考記事はこちらからどうぞ

 

上達テクニックまとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントン【上達テクニック】短期間で強くなる3つの方法ということでお伝えさせていただきました。

 

3つの改善できる方法は・・・

でしたね。

は握り方を初心者のうちから、基本の持ち方をすることで、中級者、上級者になった時に大きく行えることが変わります。

フェイントのテクニックなどはグリップが悪いと何もできなくなります。

 

フットワークはバドミントンでシャトルを追うためにもっとも重要な場所。

フットワークができるようになれば、シャトルに追いつくようになるので、そこからはラケットワークの出番になります。

 

ラケットワークは、3つの打ち方があり、上から横から下からの3つの打ち方をマスターすることで、自由自在にラケットを取り扱うことができるようになります。

 

このようにバドミントンでは呼ばれています。

上達するためにはまず最初に基本が大切ということがわかります。そして上達してテクニックを手に入れても、そこに溺れないことが重要です。最後までシャトルを追う気持ち。あきらめない心。そうしたものがなければ上達テクニックを手にしても宝の持ち腐れになってしまいます。

全日本や世界大会でも、ガッツあるプレーを世界ランキング10位以内の選手でも行います。ぜひ、見習っていきたいものですよね。