バドミントンのハイクリアが飛ばない理由

 

クリアが楽に飛んだなら・・・

バドミントンのハイクリアが飛ばない理由
バドミントンのハイクリアが飛ばない理由

 

こんにちは。スゴバドです。「ハイクリア飛ばないんです・・・」先日アドバイスを聞きに来てくれた女性プレーヤー。

そのハイクリアが楽に打てたら展開が変わるのをわかっているのに奥までシャトルを飛ばすことができないとてももどかしいですね。

今回はバドミントンのハイクリアが飛ばない理由というお話をしていきます。

 

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

⇒ 自己紹介

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

ハイクリアは手首で打てば飛ぶ

ハイクリアは手首で打てば飛ぶ(左利き用)
ハイクリアは手首で打てば飛ぶ(左利き用)

ハイクリアは手首を使えば飛びそうですが、実際には手首の使い方が違うと手首を痛めることになります。

回内運動と言いウチワをあおぐような手首の使い方をバドミントンではしていきます。

上の画像のように手首を使っていきます。

画像では左利きの選手になるので、右利きの人は下の画像を参考にしてください。

ハイクリアは手首で打てば飛ぶ(右利き用)
ハイクリアは手首で打てば飛ぶ(右利き用)

 

また手首を使うと言うと下の画像のように、まねきねこのように手首を下ろして使いたくなりますが、これだと手首を痛めてしまいます。

ハイクリアの手首(悪い例)
ハイクリアの手首(悪い例)

 

なので、下の画像のように手首を横に使うようなイメージで手首を使っていきましょう。

ハイクリアの手首(良い例)
ハイクリアの手首(良い例)

ハイクリアは打つタイミングに注意すること

ハイクリアは打つタイミングに注意すること
ハイクリアは打つタイミングに注意すること

ハイクリアを打つタイミングが変わることでドリブンクリアやクリアになります。

打つタイミングの使い分けで3つのクリアを上手に分けていきましょう。

上の図でわかるようにインパクトのタイミングにより打てるショットも変わってきます。

 

上手にタイミングを合わる練習をしていきましょう。

 

ハイクリアが飛ばない理由は足

ハイクリアが飛ばない理由は足
ハイクリアが飛ばない理由は足

 

ハイクリアが飛ばない理由はのひとつは打点が悪いことが原因かもしれません。

ハイクリアを飛ばす為にはまずシャトルの下に入ることが大切です。

そして、シャトルの下に速くはいる為には、足の入り方が重要で、フットワークの強化が必要です。

 

フットワークは繰り返し行うことが大事になります。

バドミントンはラケットの競技なので、上半身の力があれば飛ぶように思いますが、実際には下半身の動きと打点に入るためのフットワークができなければ、よいショットが打てません。

 

なので重点的にフットワークを覚えて行きましょう。

 

フットワーク関連記事

 

 

そして、次に打点を体より前のある程度高いところで確保する事でよりシャトルを遠くに飛ばす事が可能になります。

それでもハイクリアが飛ばない場合は他に理由があります。

シャトルを当てた後のスイングを前に振り切っていないでしょうか?

打点は?ハイクリアが飛ばないのはスイングを前に振り切るから?

打点は?ハイクリアが飛ばないのはスイングを前に振り切るから?
打点は?ハイクリアが飛ばないのはスイングを前に振り切るから?

シャトルを当てたあとにスイングを前に振り切るとハイクリアが飛ばないことがあります。表現の違いですが、シャトルを捉えたあとに振り抜きを上にしてみましょう。

 

ハイクリアの飛ばし方にはコツが必要です。スイングは肩、肘、手首とまわしていきますが、更に上に振り抜く事でシャトルを飛ばしたい方向へラケットの振り抜きがサポートしてくれています。打点にも注目してください。打点と振り抜きを意識することで飛ばないハイクリアを改善出来ます。

この章ではハイクリアを飛ばすラケットの動きをお伝えしました。次に身体の回転について説明します。

 

身体のねじりを利用して飛ばないハイクリアを改善しよう

身体のねじりを利用して飛ばないハイクリアを改善しよう
身体のねじりを利用して飛ばないハイクリアを改善しようラケットが上向きの場合

 

 

ハイクリアを飛ばすラケットの動きと打点に関しては前の章でお伝えしました。

こちらでは身体のバネを使った「ねじり」でハイクリアを飛ばせる様になりましょう。

テイクバックをしっかりしてシャトルの下に入ります。

 

身体をねじり、その反動を利用してからだを捻りながらヒットする事でシャトルをより遠くへ飛ばす事が可能になります。

しっかりと溜め込んでからねじりの反動を使いましょう。

ハイクリアだけではありませんが、バドミントンの上達にすぐ出来る様になるものは少ないものです。

 

 

例えばハイクリアは簡単にマスター出来るよよ伝えた事でも、実際にはそのプレヤーが根気よく何度も練習する事でそのショットをマスターするものです。

 

インパクトでの打ち方

インパクトでの打ち方
インパクトでの打ち方

ハイクリアの打ち方で特に重要なのはインパクトの瞬間です。

インパクトの瞬間にしっかりとラケットのグリップが握れていることは良く知られています。

 

インパクトの打ち方はそれだけでは無いのです。

ハイクリアのインパクトの前は力を入れない。

そして、インパクトで握り、シャトルが離れたらグリップから力を抜く。

 

このような打ち方をすると無理なく遠くへハイクリアが飛ぶようになります。

 

関連記事

バドミントン打ち方15種類のショットをマスターしよう

 

ハイクリアを飛ばすには反復練習と意識

 

ハイクリアを飛ばすためには繰り返し練習をしていくことが大切です。

そしてなによりも大切なのは「意識」です。

その意識をかえるだけでバドミントンが楽しくなります。

反復練習をしてハイクリアをマスターしていきましょう。

 

 

ラケットとハイクリア

 

ハイクリアの飛び具合はラケットによりかわるでしょうか。

もちろん感覚もあります。

飛びやすい。飛びにくい。というところもあります。

また、ガットをゆるく張ればスイートスポットも広がります。

 

所でハイクリアがしっかりと飛ぶバドミントンの世界ランキングに入る選手たちはどのようなラケットを使っているか気になりませんか?

こちらの関連記事からご覧ください。

 

⇒ バドミントン【最新版】世界ランキングと使用ラケット

⇒ 日本ユニシスバドミントン部の【男子選手使用ラケット】が気になって眠れない!

⇒ 日本ユニシス【女子】バドミントン部が使っているラケットはどこのメーカー?

 

 

バドミントンのハイクリアが飛ばない理由のまとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンのハイクリアが飛ばない理由について解説してきました。

ハイクリアを上達させるためには、

 

  • フットワークで素早く打点の下に
  • 振り抜きを止めない
  • インパクトを大事にする
  • 反復練習を行う

このようなことが大切になります。

 

まずは1つ1つ確認して、行えるところから練習していきましょう。

 

 

飛ばないハイクリアを元オリンピック選手から教わる

元オリンピック日本代表選手の大束忠司とは

元オリンピック選手日本代表だった大束さんのDVD教材で最新のハイクリアの打ち方を学びましょう。

元オリンピック選手が方法を伝授しているDVDはあまり無く、しかもスゴバドか販売元のリアルスタイルさんしか取扱いがありません。

また、特典として、元オリンピック選手だった大束さんから直接メールで質問などができるようになります。

 

詳しくはこちらからご覧ください。

大束忠司のオーバーヘッド上達テクニック~レシーバーのタイミングをずらし、主導権を握るための“5つ”のショット~DVD