ラケットと腕が棒のようにならないバドミントンの打ち方を知りたい

 

バドミントンを長年していても、力任せの打ち方になってしまう・・・癖が抜けない。そのような人は沢山います。スゴバドのメルマガ読者さんの中でもラケットで力任せに打ってしまっている。どうしても治らない!!ということを良く言われる方がいます。

特に多いのがオーバーヘッドストロークでのスマッシュやクリアが飛ばないというものです。

そうした方の共通点として、『腕は耳の近くで打つもの!』ということを忠実に行っている方が多いです。ラケットが頭の真上に近い場所で打つとどうしても力が入りにくいものです。

考えて見てください。野球のピッチャーはとても速い球を投げます。その時に耳の付近に腕があり投げているピッチャーはいません。

 

野球のピッチャーからバドミントンのフォームを考える

 

野球のピッチャーが投げる時のフォームをバドミントンに取り入れられないかを考えていきましょう。

まず、野球の中でピッチャーになれる人は、球が速いというのがあります。(もちろんそれだけではありませんが・・)先ほども話した通り、野球のピッチャーはとても速い球を投げます。その時に耳の付近に腕があり投げているピッチャーはいません。

では実際の映像を見ていきましょう。

ラケットと腕が棒のようにならないバドミントンの打ち方を知りたい
ラケットと腕が棒のようにならないバドミントンの打ち方を知りたい

(引用:YouTubeより)

野球のピッチャーからバドミントンのフォームを考える
野球のピッチャーからバドミントンのフォームを考える

(引用:YouTubeより)

 

どのピッチャーも耳の付近に腕はなく、体から離れた場所から球を投げています。

バドミントンにしても野球にしてもなぜこのように耳の付近ではない場所がいいのでしょうか。

 

バドミントンのフォームとゼロポジション

 

あなたはゼロポジションというものをご存知でしょうか。肩に負担をかけずに力が入りやすい場所。このように思ってもらえれば良いかと思います。ゼロポジションでバドミントンのラケットを振ることができれば、それだけでも力が入りやすいです。

 

では実際にゼロポジションはどのような場所なのでしょうか。

先ほどの野球の画像やこの下のバドミントンの画像での腕の腕の位置がゼロポジションにあたります。

 

バドミントンのフォームとゼロポジション
バドミントンのフォームとゼロポジション

(引用:YouTubeより)

こちらの画像でもわかるように赤丸のシャトルの位置を捉えるのに、斜めに近い位置ですね。

大体120度の場所がゼロポジションですね。

ゼロポジションは120度
ゼロポジションは120度

 

この肩と腕の位置関係が肩に負担がかからずに、力を発揮しやすい場所です。

バドミントンの初心者だけではなく、中級者以上でも肩に痛みが出る場合には、もしかしたら、肩に負担がかかる角度で打っている可能性もありますので、フォームの改善をすることで、痛みを軽減できるかもしれません。

 

力の入りやすいバドミントンの打ち方

力の入りやすいバドミントンの打ち方
力の入りやすいバドミントンの打ち方

力が入らない打ち方のもう一つのパターンとしては、横から見て、体の真上〜体の後ろでシャトルを捉えている場合があります。力の入りやすいバドミントンの打ち方としては、体より前で打つといいです。

上の画像で言うと、青いラインで打てるのが良いです。その場所で打つことにより、力が入りやすくなります。この力が伝わりやすいかどうかを実際に理解する簡単な方法があります。

 

例えば、自宅に扉などがありますよね。扉を開けて枠の天井上部を持ち、上の画像の3箇所の位置で体の前に力を入れて見てください。枠の天井部に届かない場合には、枠の横でも構いません。

画像の赤ラインの部分ではほとんど力を入れることができません。逆に青い部分だと力が入りやすいです。

 

バドミントンの打ち方を覚えたら

 

バドミントンの打ち方を覚えたら
バドミントンの打ち方を覚えたら

 

 

今までのおさらいをしていくと・・・

  • 頭の付近に腕を寄せない
  • 横から見て前でシャトルを捉える

この2つが重要になりますね。

なので、この2つを練習や基本でできるようになってきたら、次に大切なのはフットワークになります。

 

試合の中では、シャトルはあなたが『ここにきて欲しい』という所にはなかなか飛んできません。

よく、相談でくるメールでは、『基本だとしっかりとできるのに、試合になるとシャトルが思うように飛ばなくなります。どうしてでしょうか?』とこのようなバドミントンの相談がきます。

 

もしかしたらあなたもそうかもしれませんね。

その場合は、必ずフットワークが関係しています。

基本などでは足を動かす範囲も少なく、シャトルが打てるので試合でもできる!!と思いがちです。試合になると、シャトルが落下してくるところまで追って、シャトルを良い位置で捉えなければならないです。

 

そのためにはフットワークが肝心です。フットワークで落下地点まで到達すれば、次にゼロポジションの場所からショットを打つことになります。

フットワークが間に合わないと、ゼロポジションでも打てなくなるので、力をたくさん使ってもなかなかシャトルを思うように飛んでくれません。

 

まとめ

 

ゼロポジションで打てると力任せに打たなくてもシャトルは飛ぶようになってきます。そのために行うことは・・・

  • 素振りなどでゼロポジションを確認
  • 基本や手投げノックなどで実際の打点を探る
  • フットワークをして、打点まで素早く動き基本の時の打点でできる限り捉える

この3つを行っていただければ、今よりも肩に負担がなく、以前より力を使わないでもシャトルが飛ぶようになると思います。

ぜひ、お試しください。

その他の関連記事