バドミントンの前衛では『ラケットを上げろ!』でも、上手にならない・・・どうして?

バドミントンの前衛では、よくラケットを上げて待とう!と指導されたことがあると思います。

もちろんそれで上達する場合もあります。

しかし、ラケットを上げても前衛がうまくならない人いませんか?

バドミントンでラケットを上げる

 

今回はこの『ラケットを上げる』という方法を違う視点から見て改善できる人が居たら嬉しいと思い解説をさせて頂きます。

 

バドミントンダブルスでの前衛の悩み

 

  • 後衛は得意だけど、前衛が苦手
  • 前衛でシャトルをカットしたいのだけれども、抜けてしまう
  • 前衛でフレームショットや空振りが多い

 

このようなご質問をメールやコメントで頂きます。

では、このようなことを改善していくためにはどのようなことをしていけば良いでしょうか。

 

前衛ではラケットを上げる

 

よく聞く言葉だと思います。

前衛に入ったらラケットを上げるというヤツですね。

確かに間違っていません。

 

しかしどうでしょう。

『ラケットを上げる』と聞いても、ラケットの上げ方は人それぞれです。

身体の横で上げてる人やひじを伸ばしてラケット上げている人、はたまた後ろに上げている人。

沢山のパターンがありどれが正解なのかわかりません。

 

 

ラケットをどこにあげればいい?

 

ラケットをあげるという表現だとこのように色々な場所にラケットがあるようになってしまいます。

そうすると、実際にラケットを上げる場所もその人により変わってきてしまいます。

 

そうしたことから上達しない人やなかなか思う様に前衛ができない人がいるのだと感じます。

ではどのようにしていけば改善していくでしょうか。

その改善方法は・・・

 

 

ヒジを視界の中に入れる

 

ヒジを視界の中に入れる様にしてみましょう。

もちろん、利き腕のヒジです。

 

ヒジを視界の中にいれることで、自然にラケットは上がっていませんか?

この状態がラケットを上げる場所となります。

 

 

まとめ

ラケットを上げるというひと言だと、受取側のイメージも人それぞれになってしまいます。

なので、付け加えたり『ヒジを視界の中にいれること』を伝えることで前衛が上達できるようになります。

 

あなたがラケットの上げ方に悩んでいたり、コーチをしていてラケットをあげることがうまく伝わらない場合には是非活用していただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

⇒ バドミントン【必勝法】ダブルスでの前衛(立ち位置やプッシュの打ち方)

⇒ ダブルスで前衛が『だめ』なら、初心者も上達できるたった1つのコツ