バドミントン初心者の【チャンスショット】のミスを減らすには?

『甘いロビングが来た!!!チャンス!!!』・・・ネットミス・・・

こんなふうにチャンスショットをミスしたことありませんか?

 

今回はバドミントンで初心者だけではなく、やらかしてしまうバドミントンのチャンスの際のミスを減らす方法を解説していきたいと思います。

 

初心者がチャンスショットでやるミスとは

 

バドミントンの初心者がチャンスだと思いミスをするシーンはよくありますが、どのようなミスをするのか見ていきましょう。

 

  • 沈めようと思いネットにひっかかる
  • 思いっきり打とうとしてバックアウト
  • 触れないように決めようとしてサイドアウト
  • 力みすぎて空振り

 

このようなミスをしてしまうことありますよね。

どのミスも絶対に決まる!

凄いショットを打とう!として起きるミスです。

 

もちろんせっかく甘いショットが来たのだから決めたい!ということもわかります。

その部分も含めてあなたの参考になれればいいなぁと考えております。

 

バドミントン初心者のチャンスショット

 

バドミントン初心者ではなくてもチャンスショットには余計な力が入りがちですよね。

いつも通りならば、普通に打てば決まるショットが試合になると、ネットに引っ掛けてしまうこともあります。

バドミントンでよくある光景ですね。

 

まずはできる限り、チャンスショットでのミスを減らす対策を考えていきましょう。

 

 

バドミントン初心者のチャンスショットでのミスを減らす対策

 

1つはシャトルの下に入りきれていない。このようなことがあるかもしれません。

せっかくのチャンスショットでも打点までしっかりと移動していなければ、いくら甘いショットでも決める事ができません。

しっかりとした打点に入ること。がミスを減らす為にできる重要で今すぐにでもやれることです。

2つ目は沈める意識が強すぎているということです。

しっかりとした打点を確保できているのにネットミスをする人は、この可能性が高い気がします。

『決める』ということはバドミントンでは殆どないと思う様になればこうしたミスがへります。

例えばこのチャンスで沈めるだけを意識しても拾われることもあります。

チャンスショットで狙いを定める

このチャンスショット甘い球が来た時に、相手利き腕の肩口を狙おうとすればネットにもかかりませんし、相手は沈むショットを待っていますので、仮に次に繋がっても甘いショットが返って来る確立が高くなります。

まとめ

 

ひとつの考え方として、いくらチャンスショットが来たとしても『絶対に決まる』ものではなく、次も返球がくるかもしれない。と思う事で確実に得点できるようになってきます。

 

上級者やYouTubeなどで世界大会などを見れる機会があると思います。

トップ選手たちが繰り出すラリーでも、決まると思っても拾われてしまうシーンを沢山みると思います。

 

なので、バドミントンではシャトルが床に落ちるまではラリーが続きます。

そのような考え方でラリーしていくことで『心も折れない』ようになっていきます。

『絶対きまる』というショットはないので、チャンスショットの次の準備も忘れないようにしたいですね。

 

最後までご覧き頂きありがとうございました。