バドミントンシャトルのおすすめ。番号【見分け方】と緑のあれ

 

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントンシャトルのおすすめ。番号見分け方と緑のあれというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンシャトルのおすすめ

バドミントンのシャトルは安いものから高い値段のものまで、沢山あります。

値段も差もそうですが、品質もバラバラです。

世界の大会などでは、世界大会でもスポンサーが何社かいれば、途中からシャトルメーカーが変わる事もあります。

では、世界大会は別にしても普段練習でのシャトルに何を使っていますか?

輸入して中国からのシャトルも使用したことがありますが、ハズレを引いてしまったのか思った以上に品質が悪かったです。

中国製のシャトルは値段相応で、普通に使えるものではありませんでした。

 

そういったことから、シャトルの選定に悩んでいる人もいると思います。

なので、3つの基準を設けておすすめできるバドミントンシャトルを紹介します。

3つの基準

  • 耐久性
  • 値段
  • ギャップ

1つめの耐久性ですが、新品での試合球からボロになってもノックシャトルとしても使用できるものと言う意味の耐久性です。

2つめの値段です。そのままのシャトルの値段です。

3つめのギャップ これは実際に試合で使うシャトルと普段使用しているシャトルが違いすぎると、打感が変わってくるので、この差を言います。

 

私が個人的に使用したり、サークルを運営している人たちと意見交換した多い意見でまとめただけなので、1意見として受け取ってください。

他にも良いシャトルは存在します。

バドミントン=YONEX(ヨネックス)ギャップの少ないシャトル

そうです。

やはりヨネックスのシャトルの人気が高いしおすすめです。

安い、高いで言うと高いです。

1個あたりの金額は高いですが、1、で挙げた耐久性の部分でいうと非常に長持ちします。

 

そして、ボロになるまでノックシャトルとして活躍してくれます。安いシャトルを購入するとボロシャトルになるとコルクが先に壊れてしまいます。

 

そう考えると、コストパフォーマンスに優れているのは、1個が高くてもぼろぼろになっても使えるヨネックスのシャトルが一番いいのです。

 

そして、ヨネックスのシャトルが良い理由があります。

ある程度の試合になるとヨネックスのシャトルが使用されることが殆どになります。

つまり普段から使っているシャトルと試合の時のシャトルが違い過ぎると普段練習の時のシャトルの飛び方が違ってきます。

たまにお邪魔するバドミントンクラブにいくと、よくある安い硬めのシャトルを使っているました。シャトルのコルクが重いのでスマッシュでの失速があまりありません。

レシーブするときも失速しないので、打ってきた速度で待っていれば良いのです。

 

ところが試合でよく使うヨネックスのニューオフィシャルで打つと手元で少し失速するので、レシーブの際にためてから打つことになります。

 

そういったシャトルを知る事も当然試合に勝つ為の手段の一つになってきます。

学校などの部活では大体試合で使用するシャトルが決まっていると思います。

普段から慣れていることも有利に運ぶ事がありますので、念頭においておくと良いでしょう。

シャトルのおすすめ

そういった事からシャトルは1個の値段よりもいかに長持ちして、試合の時と同じ感覚で打てるものを使う方がよりよいと言う事になります。

なのでランキングをつけるとすると、

1位ヨネックスのNEW OFFICIAL

 

1位ヨネックスのNEW OFFICIAL
1位ヨネックスのNEW OFFICIAL

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

 

2位ヨネックスのOFFICIAL(廃盤)

オフィシャルは廃盤です。

3位ヨネックスのHI-CLEAR(廃盤)

こちらのHI-CLEARが廃盤になります。

オフィシャルとハイクリアの位置に新しく立つシャトルとして新発売されるのが、AEROSENSA700(エアロセンサ700)です。

 

 

ヨネックスのAEROSENSA700(エアロセンサ700)2017年3月下旬〜販売

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

 

 

 

4位

ヨネックスのSTANDARD

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

こういった順でしょうか。

知らない、安い物をおすすめするのは簡単ですが、高いシャトルには理由があるのです。

お金のかかるスポーツなので、シャトル一個も大変というのもありますが、高いシャトルを打つ事でのメリットがそれ以上にあるのです。

 

ヨネックスシャトル品質順位

 

 

ヨネックスのシャトルがどのような順になっているのか上位から並べます。

また各シャトルごとに最安値と思われるサイトにリンクしておきますのでご参考になさってください。(リンク切れ・品切れ・値段変更の場合はご容赦ください)

 

トーナメント(ヨネックス)楽天最安値

トーナメント(ヨネックス)楽天最安値
トーナメント(ヨネックス)楽天最安値

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

 

ニューオフィシャル(ヨネックス)楽天最安値

 

ニューオフィシャル(ヨネックス)楽天最安値
ニューオフィシャル(ヨネックス)楽天最安値

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

 

エアロセンサ700(ヨネックス)楽天最安値

2017年3月下旬発売

エアロセンサ700(ヨネックス)楽天最安値
エアロセンサ700(ヨネックス)楽天最安値

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

トレーニング (ヨネックス)楽天最安値

 

トレーニング (ヨネックス)楽天最安値
トレーニング (ヨネックス)楽天最安値

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

 

エアロセンサ300(ヨネックス)楽天最安値

エアロセンサ300(ヨネックス)楽天最安値
エアロセンサ300(ヨネックス)楽天最安値

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

 

 

 

サイバーテック01 (ヨネックス)楽天最安値

サイバーテック01 (ヨネックス)楽天最安値
サイバーテック01 (ヨネックス)楽天最安値

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

スタンダード/スタンダードⅡ(ヨネックス)楽天最安値

ヨネックスのスタンダードの楽天最安値を見てみましょう。

 

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

ヨネックスのスタンダードⅡの楽天最安値をみてみましょう。

バドミントンシャトル楽天最安値を探す

 

 

シャトルの番号の見分け方

シャトルには温度などで適正の番号というものが設けられています。

温度別適正分類チャート
1番=33℃以上(真夏)
2番=27-33℃(夏~真夏)
3番=22-28℃(初夏~夏)
4番=17-23℃(春・秋)
5番=12-18℃(初冬~冬)
6番=7-13℃(真冬)
7番= 7℃以下(極寒)

季節と体育館の室温室温によってシャトルを変更していきます。

シャトルの見分け方は筒のキャップ上にシールがあるので、それに番号がありますので、それで確認ができます。

あとはバドミントンシャトルのコルク内部でもある程度になりますが、基準というか調べる事ができます。

バドミントンシャトルを見分ける
バドミントンシャトルを見分ける

この赤枠で囲ったなかにある白い点です。これが時計の位置で示してあり、製造月を表しています。

 

上の画像だと時計でいうと2を指しているので、2月製造のものだということがわかります。

 

なので、3月、4月用位かな。そうなると4番のシャトルかも。

と予想ができます。

しかし、こちらの方法は目安程度に考えてください。

その他、雑学の関連記事

バドミントンシャトルの緑のあれ!

バドミントンのシャトルに付いている緑のテープありますよね?

あれです!あれ!

バドミントンシャトルの緑テープの意味
バドミントンシャトルの緑テープの意味

ここの部分です。

バドミントンにとってもここの部分はとても重要になります。

このシャトルについている緑色のテープがないとシャトルを当てるときの目標が分かりにくいので、当てにくくなります。

 

その目標になるのが、シャトルに付いている緑のテープなのです。

 

また、スピンヘアピンが来た時に、シャトル全体を見てしまうとスピンヘアピンは返せません。

しかし、シャトルに付いている緑のテープをみて、コルクを確認するとスピンヘアピンがきても返球できる様になります。

その他のヘアピン関連記事

 

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントンシャトルのおすすめ。番号見分け方と緑のあれということでお話をしてきました。