【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

ガット張り機(ストリングマシーン)バドミントン用はコレ!分銅式・ハンドル式・自動式

この記事は約3分で読めます。

こんにちは。スゴバドです。

バドミントンをしていると、ガットの消耗が激しかったり、冬場になると切れやすかったりと意外に出費がかさみます。

 

そこで、ガット張り機を検討してみるのも良いと思います。

ガット張り機は安いもので、数万円から高いもので百万円クラスまで様々です。

お手頃なのは、やはりハンドル式か分銅式です。

まずは恐いもの見たさで自動式のほうから並べていきます(笑)

 

ガット張り機 自動式

 

 

 

 

 

ガット張り機分銅式

自動機は心臓に悪い金額ですね(笑)

さて、個人ならこちらでも充分ではないでしょうか。

 

 


一番安いもので40,000円代です。

まとめ

ちなみにこの値段は安いかどうかですが、1回お店に出すと、1,000から1,500円位が張り手間の相場ではないでしょうか。

仮に1,000円だとしても、40回自分で張れば、この機械代のもとは取れてしまいます。

 

ジュニアや学生さんならば、毎日使っていれば、男子で1週間に1回〜5回位切れるでしょうか。

女子はもう少し頻度はさがると思います。

仮に週に2回以上切れているのなら、購入の目安ですね。

5ヶ月で機械代が払い終わってしまいます。

 

また、週に5回も切れているならば、2ヶ月半で機械代が払い終わる計算になるので、明らかに購入したほうが、経済的にもいいですね。

その際には、ガットは200mロールのものを購入すると更にコストパフォーマンスがいいですね。

関連記事

ガット選びバドミントン

バドミントンのラケットの選び方のポイントとレビュー 初心者用〜

 

 

 

コメント

  1. すずかす より:

    ガット張り機の記事を興味深く読ませていただきました。自分はバド歴40年近くになります。学生時代は自分及び後輩のガット等も手張りしていました。
    多くの本数を張る機会に恵まれそれなりに張る技術は上達しましたが最近は機会張りが主流になり道具も埃をかぶっています。
    最近子供がバドミントンを始め、自分のも含めこれからガットを張る機会が増えそうです。周りではガット張り機を購入されたという親御さんの話も聞くようになりました。
    手張りは経験が全てでしたが、機械張りとはいえやはり納得できる(満足できるではなく)張り上げになるまではそれなりの本数を張り経験を積むことが必要と思います。
    これから子供の成長に伴い張る本数は増えていくと思いますが現状は月に1、2本くらいだと思います。3、4年後にそこそこの技術が身につけば良いとして今ガット張り機の購入に踏み切るかもう少し様子を見るかと言うところでガット張り機のあらゆる記事を読み漁っています。予算的には分銅式一択なのですが将来的に電動式へのステップアップも視野に入れています。分銅式で身につけたノウハウが電動式にも応用できるのか、あるいは、分銅式を突き詰めれば電動式に近い(性能的にも価格的にも比較にならないと思いますが)張り上げができるのか、経験豊富な方にご意見を伺いたいと思っております。近所のショップ店員さんは若い方が多くコツなどを聞きたくても分銅式を経験した方がいないうえ、ガット張り機を所有している方からのアドバイスも自分の機械ならではの知識で普遍性がないように思います。手張りの頃から自分なりに研究や工夫はしてきましたが独学でも上達するものでしょうか。このような状況で購入に踏み切るのは時期尚早でしょうか。また、購入の際のマシン選定のポイントなどご教示いただけると幸甚です。
    長々ととりとめのない文章失礼いたしました。

    • スゴバド より:

      すずかすさん

      コメントありがとうございます。

      おこさんとバドミントンいいですね。

      私の感覚だとやはり分銅式は分銅式の仕上がりです。

      なぜかというと、引っ張るときにおもりの位置をきめるのですが、多少は上下します。

      なので、そこでの強弱で張りがかわるということはあるかとおもいます。(私は気になりませんが、こだわる方は気になると思います)

      手張りと同じく経験や工夫で個人差はあるでしょうが上達しますので、納得できるレベルにはなります。

      工夫例:手張りで引っ張る時に千枚通しでガットをしごく作業(張りを均一にするため)etc

      分銅式から電動式へ行く方は多いですね。

      もちろん電動式に活かせます。

      すずかすさんは、手張りをしたことがある時点で分銅式にも活かせますので、分銅式からスタートしてみてはいかがでしょうか。

      ガットは200mロール(100mも可)を使うことで、多めに貼れるようになるのでおすすめです。

      1本用のガットだと『クセ』がついていて貼りにくいと思います。

      選定のポイントは、支持数です。
      4ヶ所は支えがあるものを選ばれるといいかと思います。

  2. masa より:

    はじめまして。5年くらい前から分銅式の商品名は言えませんが、2点支持の3万円弱のガット張器を新品でネットで購入して自分でガットを張っているの者です。張っている途中で今までラケットを5本ほど折ってしまったのですが、原因は何なのでしょうか? 5回に1回くらいで折れてしまいます。それほど高いラケットは使っていませんが、推奨内で22ポンドくらいで張るのでそれほどきつくないと思います。2本張で縦が終わり、横を上から張っていき、真ん中より下の方でヒビが入ります。2点支持は4点支持より折れやすいのでしょうか? 最近思ったことは2点支持の部分をかなりしっかり固定してなかったのが原因かもと思いしっかり固定するようにしています。よろしくお願いします。

    • スゴバド より:

      masaさん

      コメントありがとうございます。
      5本も折れてしまったのですね。
      ラケットが折れた分を考えるともっと良いガット張り機が購入できてしまうかもしれませんね。

      2点支持ですと支えが少ないので、折れるリスクは高くなります。
      また、固定している場所が甘ければずれてしまうので、折れる原因にもなります。

      その点4点支持は安定感があります。
      折れやすいとされる(よく接触事故でも折れる)場所を支えて張るので2点支持よりも
      良いです。
      しかし2点支持と同じで固定はしっかりとして行うほうがリスクは減ります。
      参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました