こんにちは。スゴバドです。

バドミントンをしていると、ガットの消耗が激しかったり、冬場になると切れやすかったりと意外に出費がかさみます。

 

そこで、ガット張り機を検討してみるのも良いと思います。

ガット張り機は安いもので、数万円から高いもので百万円クラスまで様々です。

お手頃なのは、やはりハンドル式か分銅式です。

まずは恐いもの見たさで自動式のほうから並べていきます(笑)

 

ガット張り機 自動式

 

 

 

 

 

ガット張り機分銅式

自動機は心臓に悪い金額ですね(笑)

さて、個人ならこちらでも充分ではないでしょうか。

 

 


一番安いもので40,000円代です。

まとめ

ちなみにこの値段は安いかどうかですが、1回お店に出すと、1,000から1,500円位が張り手間の相場ではないでしょうか。

仮に1,000円だとしても、40回自分で張れば、この機械代のもとは取れてしまいます。

 

ジュニアや学生さんならば、毎日使っていれば、男子で1週間に1回〜5回位切れるでしょうか。

女子はもう少し頻度はさがると思います。

仮に週に2回以上切れているのなら、購入の目安ですね。

5ヶ月で機械代が払い終わってしまいます。

 

また、週に5回も切れているならば、2ヶ月半で機械代が払い終わる計算になるので、明らかに購入したほうが、経済的にもいいですね。

その際には、ガットは200mロールのものを購入すると更にコストパフォーマンスがいいですね。

関連記事

ガット選びバドミントン

バドミントンのラケットの選び方のポイントとレビュー 初心者用〜