バドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げる

 

バドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げる
バドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げる

こんにちは。スゴバドです。「スマッシュの速度があがらないときは」こんなことを見直すといいかもしれません・・・

今回はバドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げるというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

 

バドミントンでの体重移動の重要性

バドミントンの体重移動はスマッシュだけではなくて、オーバーヘッドストロークを使うショットではとても重要になります。

利き足にかけた体重を移動して逆足に体重を乗せる。これだけでも、ショットの威力がかわってくるのだから使わない方がもったいないです。

例えば、スイカ割りを想像してください。

スイカを割る時に棒を振り上げてから降ろしスイカを割ります。まさが棒をコツンっと当てただけでスイカが割れる人はいないと思います。

 

棒を上へ移動させてから棒を下に移動させることで、力が増しスイカをわることができます。

 

スイカ割りは単純に上下の運動になりますが、バドミントンでは利き足から、逆足へ重さを移動させる体重移動によりシャトルに力を伝えていきます。

 

バドミントンでの腰の回転の重要性

腰の回転はやはりオーバーヘッドストロークを行なう上でとても重要になります。

スマッシュやクリアを打つ時には特に腰の回転が必要になります。

これはボクシングでも同じで、ストレートを打つ時に腰の回転、腕の回転などの運動を同時におこなうことによりストレートの威力を増しています。

ラケット競技のバドミントンにはボクシングは関係していないように思われがちですが、ボクシングのストレートの打ち方は非常に参考になります。

そして、この動画では非常に良いことを言っています。

この動画にスマッシュを速くするヒントが隠れています。

 

また、野球のピッチャーの投球フォームも参考になります。

 

バドミントンでの手打ちはNG

バドミントンでの手打ちはNG
バドミントンでの手打ちはNG

バドミントンでの手打ちとは、本当に手だけで打つことを言います。

 

初心者に多くみられますが、常にネットに対して正面を向いてしまっている人に多くこの手打ちが見られます。

足を大きく後ろに引き、体重移動を行なうだけで、バドミントンの手打ちはなくなります。

また、中級以上になっても手打ちで対応する場面はあります。

たとえば、ダブルスでロングサーブを打たれて反応が遅れてしまった時に沈めるショットを打つとき。

 

こういった時に部分的に使うことはありますが、それ以外はできる限り進んで体重移動と腰の回転を使えるようにすると上達も早くなり、スマッシュも速くなります。もちろんクリアも飛ぶようになります。

ジュニアバドミントンでも重要な体重移動と腰の回転

ジュニアバドミントンでも重要な体重移動と腰の回転
ジュニアバドミントンでも重要な体重移動と腰の回転

ジュニアの指導者や親御さんにもこの部分はポイントとして覚えて欲しい部分です。ジュニアでは特に成人と比べて、体格的に不利ですし、力だけで奧までシャトルを飛ばしたり、速いスマッシュは打てません。

 

ジュニアで大切なのは、体を上手に使うことです。

 

その他のジュニアバドミントン関連記事

スマッシュの決定率を上げる

こうしたことを行なえば、バドミントンでの手打ちは減り、手打ちで打っていた時よりも、断然速いスマッシュが打てるようになりスマッシュの決定率もあがってきます。

スマッシュ関連記事

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げるまとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げるということでお話をしてきました。

 

手打ちで打つことでスマッシュなどのショットは弱くなるだけではなく、相手にも警戒されなくなってしまいます。

あなたは相手に警戒されないようなショットは打ちたくはないですよね。

できれば相手にスマッシュを打たれるのはやだなぁと思わせたいですよね。