バドミントン連打の精度と球速にはコレ!リズムを掴め!

 

バドミントン連打の精度と球速にはコレ!リズムを掴め!
バドミントン連打の精度と球速にはコレ!リズムを掴め!

こんにちは。スゴバドです。「スマッシュの連打のミス直して精度をあげたいな・・・」「球速が落ちない為にはどうすればいいのかな?」・・・

今回はバドミントン連打の精度と球速にはコレ!リズムを掴め!というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

 

スマッシュの連打チャンス!

バドミントンのスマッシュで連打できるチャンスなのに、ネットに引っ掛けてしまったり、バックアウトになることありませんか?

 

今回はそんな、スマッシュの連打できるチャンスのミスを減らす精度を上げる方法と球速を維持する方法を解説していきます。

 

スマッシュ連打の時に精度は落ちる理由

スマッシュ連打の時に精度は落ちる理由
スマッシュ連打の時に精度は落ちる理由

スマッシュ連打できるのは、チャンスのはずなのに、ミスをしていまうのは、もちろん力んでいるのも原因のひとつです。

その他精度の落ちる理由には、1本目にスマッシュを打った後がとても重要になります。

 

つまり、「ラケットをすぐにテイクバック」できているかどうかで精度は変わっていきます。

 

「ショットを打つ」こと=打ったらおしまい!ではないです。

「ショットを打つ」こと=次の準備までする

です。

 

なので、スマッシュの連打やそのまま前に詰めても精度が高いプレーヤーはラケットの次の準備がしっかりとできています。

 

スマッシュの球速を上げるには?

これも前の章と同じになりますが、次の準備をしておくと、2本目以降も球速を落とさずにしっかりと沈むショットが打てます。

 

大事なのは準備ですね。

 

連打のリズム

スマッシュの連打をする時にリズムを作りながら攻めるとラケットの準備もしやすくなります。

スマッシュを打つ(ぱーん)→ラケットを構える(ぱっ)

これを連打が来た時は

「ぱーん、ぱっ、ぱーん、ぱっ、ぱーん、ぱっ」とリズム良くやると身体にもリズムができて、精度もあがりますし、球速も落ちない連打ができるようになります。

 

ジュニアから40代くらいまでの世代の人はリズムゲームなど(太鼓の達人)とかやったことがある人も居ると思います。リズムに対して上手に順応できている人が多いと思います。

またシニア世代なら、カラオケや音楽をイメージしながら、自分のリズムをつかむのもいいかもしれません。

例えば、北島三郎さんの「まつり」(すこしテンポを速くしてください)やビートルズやローリングストーンズなどのイメージでリズムをつくってみてはどうでしょう?

 

 

 

ジュニアバドミントンでも重要なリズム

ジュニアの指導者や親御さんにもこの部分はポイントとして覚えて欲しい部分です。ジュニアでは特に成人と比べて、体格的に不利ですし、力だけで奧までシャトルを飛ばしたり、速いスマッシュは打てません。

 

ジュニアで大切なのは、体を上手に使うことです。

 

その他のジュニアバドミントン関連記事

スマッシュの球速を伸ばす

こうしたことを行なえば、スマッシュでの球速は伸びて、以前よりも、断然速いスマッシュが打てるようになります。その他のスマッシュ関連記事は下からご覧下さい。

スマッシュ関連記事

バドミントン連打の精度と球速にはコレ!リズムを掴め!まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントン連打の精度と球速にはコレ!リズムを掴め!という話をしてきました。

 

スマッシュの連打などでは、大振りになると2本目以降が遅れてしまいます。

そのために次の準備がとても大切になります。

 

そして、リズムよく打つことを心がけて行くことで連打にも対応しやすくなります。

 

 

 

関連記事

【保存版】バドミントンのスマッシュ最速打ち方と練習-30の方法