上級者の打球音をバドミントンのスマッシュで出す方法

上級者の打球音をバドミントンのスマッシュで出す方法

バドミントンの中でもスマッシュは特別なショットで、ラケットに当たった時のは他のショットにはない強烈な音がしますね。

スマッシュでそんな音を出すためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

 

今回はバドミントン上級者のスマッシュを参考にして打球音を出そう考えていきましょう。

 

打球音をスイートスポットから考える

 

スマッシュの打球音はスイートスポットからみていきましょう。スマッシュが当たる瞬間の音がラケットの先端であったり、根元に当たった場合には、鈍い音になります。

そこまでのフォームがよくても、当たりどころが悪ければやはり打球音は鈍い音になります。

 

スマッシュの打球音をしっかりと出したい時は、しっかりと真ん中に当てる必要があります。

しっかりと真ん中で当てることにより、バドミントンのスマッシュの音が上級者のように変わってきます。

ラケットのどの部分に当てていかなければならないのかを考えていきましょう。

スマッシュの音は打つ瞬間

 

スマッシュの音は当たりまえですが、打った瞬間になります。

その瞬間に音が出るのです。

これはとても大事なことで、この瞬間に最大限の力が加わっていくことからスマッシュは豪快なよい音を出しながら飛んでいくのです。

なので、スマッシュの音を出せるように打つ瞬間にグリップを握る、腹筋に力を入れていくことを忘れないようにしていきましょう。

そうすることで、スマッシュの打球音は変わってきます。

 

ガットのポンド数で音をかえる

 

次にガットのポンド数で音を変えていく方法です。

ガットのポンドは数字が大きくなるにつれて強く張っていることになります。

例:20<25

 

ガットの音を変えていくには、ガットを強めに張っていくことで、金属音に近い音を出すことが可能になります。

しかし、強めにガットを張ることで音を上手に出せなくなる可能性もあります。

 

ポンド数が高いと上級者のようなスマッシュの音がしなくなる理由

 

ポンド数が高いために上級者のような音ができなくなる理由は、スイートスポットが小さくなるためです。

ポンド数が強くなることで、ガットの引っ張りが強くなり、センター付近にしっかりと当たらないと、当たり損ないのような音になります。

 

上級者は振り抜きが安定していることもありあまりフォームが崩れません。

なので、あなたがもし初心者であれば、今は慌てないでインパクトの瞬間を狙うためにポンド数を高くしないで、インパクトの瞬間の力を意識した方が、安定して、よい音のスマッシュが打てるようになります。

 

また、ポンド数が高い状態ですと、インパクトの瞬間に握り込むタイミングがほんのわずかになります。それを長めに握るだけでも音は悪くなるので、できる限りインパクトの瞬間だけ力をいれていくようにしてみてください。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、上級者の打球音をバドミントンのスマッシュで出す方法にうちて解説をさせていただきました。

 

上級者のようなスマッシュを打って気持ちい音出してみてください。