ヘアピンとドロップで力んでしまう場合の対処方法

 

ヘアピンとドロップで力んでしまう場合の対処方法
ヘアピンとドロップで力んでしまう場合の対処方法

こんにちは。

スゴバドです。

 

今回はスゴバドLINEからのお問い合わせがあった「ドロップとヘアピンで力んでしまう場合の対処方法」に回答していきたいです。

LINEでスゴバドと友達になってくれる人は下の「LINE友達追加」からお願いします。

友だち追加

 

 

ヘアピン・ドロップが力んでいる

まずは質問者さんからのLINEの内容です。

*匿名にするために一部情報などを書き換えている箇所があります。ご理解ください。

(例1:4月に東京都の団体戦がありますが→団体戦がありますが)

(例2:佐藤はこれができていない→これができていない)

 

今、スゴバド式を毎日頑張りながら、週2回練習を頑張ってます。
次の試合にむけて、少しでも上達できるように頑張ってる所なのですが、いつも言われる事は、体にすごく力が入ってるから、強いショットや、早いショットに反応したり、前に落とされたシャトルを跳ね上げるのは上手だけど、ヘアピンやドロップなどの柔らかいショットが全然出来てない。

 

と、言われます。ヘアピンをしたら浮いてしまうし、ドロップをしようとしたら、バレバレになってしまいます
何かアドバイをよろしくお願いします。
また、1人でもできる練習方法があれば、教えて下さい。

 

このようなLINEでご相談をいただきました。

 

今回はヘアピンとドロップをどのようにしていけば、浮かないようになるのか。バレバレにならないのかを考えていきましょう。

 

 

ヘアピンを浮かないようにするには

ヘアピンを浮かないようにするには
ヘアピンを浮かないようにするには

 

ヘアピンを浮かないようにするにはの前になぜヘアピンが浮くのか。

これについて考えましょう。

ヘアピンを打つときにグリップをグッと握ってしまうことでラケットが大きく振れてしまい、ヘアピンが浮く原因となります。

この場合には、反対に打つ前から力を入れておくのも一つの方法です。

グリップを握りある程度、腕から先の形を変えずに、足の移動でシャトルの落下地点を合わせていきます。

 

そうすることで、打つ瞬間に力が入り浮くことを防ぐことができます。

 

 

そのほかにも関連記事を見てあなたに合うヒントがみつかると良いですね。

関連記事

バドミントンのヘアピンが浮く・入らないを治す練習方法と打ち方

バドミントンのクロスヘアピンの打ち方(初心者編)

バドミントンのヘアピンミスを半分に減らす【技】

【フランス】からスゴバド式をしたらヘアピンやカットが取れた!?そして準優勝!!

 

 

ドロップがバレバレになる対策

 

ドロップがバレバレな人に多いのが、恐る恐るシャトルに触れるように打つ方法です。

  • あまり力をいれないように
  • 山なりにフワッと落とすんだ

このような心の声がプレーに溢れ出してしまう場合に結果として、ドロップがバレバレになっている人が多いです。

 

 

それではばれないようにネット前に落とすようにするには・・・

どうすればよいのでしょうか。

 

その場合にはカットの練習をしてみてはいかがでしょうか。

 

カットの打ち方

カットの打ち方(スマッシュの握り)
カットの打ち方(スマッシュの握り)

カットの打ち方がグリップでの持ち方を変えるだけで、撃ち方はスマッシュと同じです。

スマッシュが打てているようであれば、握り方を変えてカットを打ちましょう。

 

上の画像ではスマッシュやクリアの通常の握りです。

この持ち方では、カットを打つときにこねるように打たないとならないので、握りを変えてみましょう。

カットの打ち方(カットの握り)
カットの打ち方(カットの握り)

 

上の画像のようにバックハンドの握りのように持ち、あとは通常のスマッシュのように振ってみてください。

いつもの打ち方をしても握り方が違うので勝手に面が切れてカットになります。

 

あまりにもキレが良すぎる時はグリップの握り方を少しずらして調整していくと良いでしょう。

 

そのほかのドロップやカットの関連記事もみて、あなたに合うやり方やヒントが見つかると嬉しいです。

関連記事

バドミントンのドロップとカットの打点と練習方法

【フランス】からスゴバド式をしたらヘアピンやカットが取れた!?そして準優勝!!

バドミントン下手なら基礎打ち、ドロップ交互、パターン練習で上達できる

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、ヘアピンとドロップで力んでしまう場合の対処方法についてスゴバドLINEからの質問を取り上げてみました。

LINEだと文字数が決まっているのでこちらで詳しく書かせていただきました。

 

また、スゴバドLINE登録は下からできます。

ぜひ、みんなで一緒に上達を目指しましょう。

友だち追加

 

 

もうすでにLINEに登録している人はいつでもバドミントンの悩みをLINEからご連絡をください。

*登録している他の人には、公開されずにスゴバドとあなたの1対1での会話になるので安心してください。