バドミントンのヘアピンミスを半分に減らす【技】

ヘアピンでなんて事無いのにミスをしてしまうことありませんか?

できればミスしたくない!

そんな人に読んで欲しい記事です。

 

ヘアピンの上手に返す方法

バドミントンの中で最も力を使わずに打てるショットがこの『ヘアピン』です。

ヘアピンを上手に返す為には、まずはラケット面を安定させる必要があります。

 

力は殆どいりません。面がぶれない様に支える感じで大丈夫です。

これがヘアピンの基本です。

 

 

ネットから遠い時にヘアピンのミスを減らす方法

 

ネットから遠い時にヘアピンを打つと、ネットに届かない時ありませんか?

 

そのような時には、ラケットにシャトルが当たった後にネット方向へラケットをそのままスライドさせると良いです。

上から見た状態だと思ってください。

ラケットがシャトルに当たった後にネット方向に押し出す事で、シャトルがネット方向に進んでくれます。

 

逆にネットに近い時にこの打ち方をするとミスに繋がる事が多くなります。

では、ネットに近い時にはどのようにヘアピンを打てば良いのでしょうか。

 

 

ネットに近い時にヘアピンのミスを減らす方法

 

ネットから近い時やネットスレスレにヘアピンが来た時にはラケットにシャトルが乗ってから、自分側にラケットを引きます。

そうすることで、シャトルは垂直に近い形で上にむかいます。

 

 

2つのヘアピンの方法の調整のおこない方

上記で解説した2つの方法はシャトルの誘導方法です。

そのあとのコントロールや距離は・・・面の向きや力の抜き具合でも大きく変わります。

 

それだけヘアピンは繊細なショットという事ですね。

 

 

なので、時間があるときに練習をしていくことでコントロールが良くなりますので、1日数分でも練習できると良いですね。

 

 

一人で自宅でできるヘアピン練習法

 

一人で自宅でもヘアピン練習ができる方法を解説させていただきます。

ラケットとシャトルを準備します。

 

サーブの時のようにシャトルを持ち落下させて、上記で解説した。

  • 押すヘアピン
  • 引くヘアピン

の練習をしてください。

以上です。

関連記事

⇒ バドミントン練習メニュー初心者〜中級者まで1人で【上達】

 

 

まとめ

 

ここでは、ラケットの動きでヘアピンのミスを減らす方法について解説しました。

その他にヘアピンで起きるミスとして多いのが足をしっかりと入れて居ない場合があります。

これは、シャトルがラケットに当たる位に、フットワークでセンターに戻ろうとするため、身体がしっかりと入らずにシャトルがネットを越えないというものです。

 

ここで解説した『引くヘアピン』と同じ状態になってしまっている為です。

 

今回の記事でご紹介したような、ちょっとしたことでヘアピンのミスが減るのなら試してみる価値はあるとおもいませんか。

 

あなたの上達のお役にたてたら嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。