バドミントンの【重心移動】は頭1つ分!1.5倍のフットワークを体感しよう!

バドミントンのフットワークで前に落とされると止まってしまう事止まってしまう事ありませんか?

今日は重心移動からフットワークを考えていきたいと思います。

 

 

スゴバドでは、難しいことを言わずに、バドミントンを始めたばかりの初心者やジュニアで活躍してもらいたい保護者がみても、わかりやすく解説していくことを心がけています。

 

 

結論からいうとバドミントンで、フットワークを早くするためには重心を下げて待ちましょう!

ということです。

では、実際にはどのようにしたらフットワークが早くなる重心が手に入れられるかを考えていきましょう。

 

 

 

ホームポジションでの重心はいつもどこ?

 

 

ホームポジションはシャトルを待機している状態を指します。

では、このホームポジションの時に片足にだけ重心を置いてまっているとどうなるでしょう。

例えば、右利きの方が右足に重心を乗せた状態で、ホームポジションでまちます。

 

その時に、フォア側にショットが来ると動き出しが鈍くなります。

逆に、バック側には動きだしが良くなるでしょう。

 

逆も同じで、バック側にショットが来ると動き出しが鈍くなります。

逆に、フォア側には動きだしが良くなるでしょう。

 

これだと特にシングルスの時に、半面は強いけど、もう半面側にシャトルが来たら、極端に弱くなってしまいます。

 

そこで重要なのが、重心の置き方です。

 

 

両方ともスムーズにフットワークの一歩目を出す為には両方の足に均等に重心があることが良いです。

 

 

頭を下げるとフットワークが早くなる?

この画像のようにおじぎをした所でフットワークは早くなりません。

 

ではどのように頭をさげればいいのでしょうか。

頭1つ分だけ、頭の位置を下げるとスムーズに重心移動ができるようになりますが、なかなか頭1つ分下げるのは難しいそうに感じますが。。。

 

ヒザを使いましょう。

ヒザを曲げておくだけで重心は頭1つ分位落とす事が可能になります。

 

重心移動を楽にするリアクションステップ

頭の位置がかわり、重心が低くなると、重心移動が楽になります。

その時に更に重心移動をスムーズにさせてくれるのが、リアクションステップです。

 

バドミントンのフットワークを速くする【簡単】リアクションステップ・トレーニング・練習方法

 

フットワークの移動はカニ歩きが早い?

 

フットワークでは色々な足運びがあります。

その中でも短い距離を素早く動くには、カニ歩きのようなサイドステップと言われるものです。

 

基本はこのサイドステップを入れる事でフットワークが早くなります。

 

その他に、チャイナステップの導入をおすすめします。

 

バドミントン【チャイナステップ】で瞬発力が劇的に向上する!動画で効果的に取り入れよう。(種類・メニュー)

 

 

 

身体の重心コアを作る体幹トレーニング

身体のブレをなくす為に必要とされる体幹トレーニングはバドミントンでもとても重要です。

フットワークでも、成果が出やすいですが、1日で効果が出る物でもありません。

 

続けて行く事が大事な事なので、是非とも長く続けられるペースで行って頂きたいトレーニングです。

 

バドミントン体幹トレーニングメニューはコレ!効果と鍛え方。(ストレッチ系・インナー系)

 

 

 

まとめ

 

頭の位置を頭1つ分下にするだけ。

と言えばそれまでですが、表現の仕方で伝わる人、伝わらない人もいると思います。

 

ヒザを曲げてください!

といえば理解してもらえることもあります。

 

あなたの捉え方でいいので、上達できるきっかけをスゴバドでつかんで頂ければ嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。