バドミントンの初心者でレシーブに【力が入らない】時はラケットの先に注目!

バドミントンの初心者で『レシーブが苦手』という人とても多いですね。

初心者のうちからこのレシーブのコツを覚えておくと、とても楽だと思います。

 

バドミントンの初心者でレシーブに【力が入らない】時はラケットの先に注目!

バドミントンでは、スマッシュなどの攻撃力があれば絶対強いというワケではなくて、当然レシーブができないと安定した勝ち方はできなくなります。

なので、少しでもレシーブを上達して頂き、今よりも勝てる試合が多くなるようになって頂きたいと思います。

 

 

レシーブに大切なラケットの先?

 

バドミントンのレシーブの時にラケットの先を意識された事はありますか?

実はとてもシンプルなのにラケットの先を意識するだけで、レシーブが上達する方法があります。

 

ラケットの先を意識してレシーブを行う事で、力強く返球できる様になります。

具体的にはこのような感じです。

通常はラケットを寝かせてレシーブをしたい所ですよね。

上手な方はこのようにラケット先を上に立ててレシーブをしていますね。

 

 

足下に来たショットもできる限りヒザを曲げてラケットの先を立てていくことで、しっかりと力が入り、ちゃんとしたレシーブができる様になります。

 

 

ラケットの先を立てるためにグリップエンドを意識しよう!

 

 

ラケットの先を立てることで面をかぶせてレシーブができる様になったり、浮いた甘いスマッシュはドライブで返球もできるようになります。

 

 

ラケットを立てる体勢を作る方法としてひとつお伝えします。

グリップエンドを見せてレシーブするというものです。

⇒ 【グリップエンド】を意識して、力強いレシーブを手に入れろ!

 

こちらの関連記事と併せて読んでいただけるとよりレシーブが安定すると思います。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

レシーブが奥まで飛ばない、レシーブが難しいと思っている人もこれをマスターできれば、レシーブも楽しくなると思います。

 

少しでも上達のきっかけになれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。