バドミントンのヘアピンが浮く・入らないを治す練習方法と打ち方

バドミントンは練習密度と縄跳びで速度あるステップを手に入れよう。ヘアピンの打ち方
バドミントンは練習密度と縄跳びで速度あるステップを手に入れよう。

 

バドミントンのヘアピンが浮く・入らないを治す練習方法と打ち方

バドミントンのヘアピンが浮く・入らないを治す練習方法と打ち方

 

こんにちは。スゴバドです。

ヘアピンて何で浮いちゃうの?」「ヘアピンが入らないのはなんで?」

 

初心者最速上達法⇒ ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~ [DVD]

 

 

試合の大事な場面でよく見かける「バドミントンあるある」ですよね。

今回はバドミントンの浮く・入らないヘアピンを直す練習方法と打ち方というお話をしていきます。

 

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

 

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

ヘアピンとは

バドミントンショットのヘアピンの由来とは

 

 

ヘアピンの由来から説明します。ヘアピンは女性の髪の毛を止めるヘアピン。ここからバドミントンのヘアピンの名前が付きました。女性のヘアピンをよく見てください。シャトルの軌道が髪止めのヘアピンに似ていませんか?

 

その事からバドミントンではネット前のショットをヘアピンと呼んでいます。
バドミントンショットのヘアピンとはネット際から相手コートのネット際に落とすショットの事です。

 

ヘアピン=ネットと呼ぶ事もある。バドミントンで一番球力がないのに、際どく入れていくと返球が難しいショットになります。逆に少しでも浮いているとプッシュされやすいショットにもなります。難しいショットなのでこんな名言もあるくらいです。

 

 

 

「ネットを制すものがバドミントンを制す!」あなたもヘアピンを極めればバドミントンが飛躍的に上達するかもしれませんね。

ヘアピンのコツ

ヘアピンでのグリップの持ち方

ヘアピンでのグリップの持ち方

ヘアピンでのグリップの持ち方(フォア)

基本となるグリップの持ち方はフォア側はフォアハンド、バック側ではバックハンドで持ちます。

あまり持ち替えが得意でない人や中級者でラリー展開が早く遅れがちであれば、上の画像の青い点線の部分に親指を添えてバックハンド側を打てるように練習してみてください。

 

ヘアピンは手と指の感覚で打つ物です。ヘアピンの上達には、スマッシュに必要な筋力やバネなどを使用してネットを越える様に打つショットと違って繊細な指先と手の感覚で浮かせないヘアピンが打てる様になります。

ヘアピンの打ち方

 

ヘアピンでの打ち方はいくつかあり、その基本となるのは、シャトルをラケットのガット面にのせる方法です。

その他には、コルクが当たる瞬間に面をこするスピンヘアピンやネットスレスレにきたショットを返球するためのリフトヘアピンなどがあります。

 

ヘアピンの打ち方と同じくらい重要なのが、足の重心です。ヘアピンの打ち方と言った時に、手や腕の話になる事も多いですが、安定したヘアピンには足の重心がとても重要になります。

 

ヘアピンを打つ際に足の重心が後ろにあるとヘアピンがネットを越えてくれません。逆に足の重心を前に持ってくると、手に力を入れなくてもヘアピンが勝手にネットを越えてくれる様になります。

では、何故手や指の感覚が大切なのでしょうか?

実はこれは上達するために大切な感覚のひとつなのです。

 

ヘアピンに大切なフットワーク

 

 

ヘアピンに大切なフットワーク1

ヘアピンに大切なフットワーク1

ヘアピンに大切なフットワーク2

ヘアピンに大切なフットワーク2

ヘアピンに大切なフットワーク3

ヘアピンに大切なフットワーク3

いくらヘアピンの感覚が上手でも実戦では、シャトルの位置までフットワークを間に合わせないといけません。

なのでフットワークや足運びなどもぜひ学んでみてください。

 

関連記事

→ 桃田賢斗のリアクションステップ!フォア奥への移動からスマッシュ

→ バドミントン山口茜選手のリアクションステップのタイミングを見る

 

 

 

ヘアピンの上達に重要な手と指の感覚

 

 

私の場合ですので、参考になれば採用してみてください。指先、特に親指と人さし指と小指の感覚を大切にしています。人さし指の感覚はフォア側のヘアピンを打つ場合、ネットより低い位置で捉えなければならない時に使用します。

もう少しだけ、浮かせないとネットを越えないときなどに人さし指を使います。

小指はシャトルがラケットに当たった後にブレないように支える役割です。

クッションとして利用します。

 

 

また、小指が使える様になると親指と小指を使いラケット面を変えたりすることができる様になります。まずは、指先の感覚でこれくらい、指先に力をいれれば、これくらい浮くというような感覚を身につけるといいでしょう。

 

そして、ヘアピンを打つ時に入れる力ですが、ごくごくわずかです!動かすか動かさないかの差でヘアピンの浮き方が変わります。

ヘアピンの練習方法

ヘアピンの感覚を養う1人でできる練習方法

 

 

ヘアピンの感覚お養うのに1人でできる練習方法を解説します。とても単純で簡単で自宅でもできます。必要な物はシャトルとラケットだけです。シャトルをラケットでヘアピンを打つ様に連続何回続くかをやります。

 

大切なのは、意識して指先で打つことです。最初は10回程度を目標にヘアピン練習をしてみてください。

ヘアピンが上達してきたら、回数が何回続くか試してみてください。

 

 

ヘアピンが上達するとこんな時に役立つ

世界大会で優勝をした桃田選手。かれの得意ショットがヘアピンです。

しかも、ネットに触れさせてから落とすという、ネットインです。

 

バドミントンで前に詰めるということ(予測・動作・位置)

ヘアピンを養うコート一人練習メニュー

ヘアピンの感覚を楽しみながら養う一人練習です。マニアックですみません。練習の合間やまだ人がこないとき、練習の休憩中などにコソコソと私がやっていた練習です。

 

ネットの白帯の上にシャトルをコルクを天井に向けて乗せます。支えていた手を離しヘアピンを打ちます。この一人練習は全英オープン準優勝した経験のあるNTT東日本の田児賢一の本に収められていた一人練習メニューのヘアピンでした。

参考にしてみてください。

また、一人で行う練習メニューはこちらの関連記事からご覧ください。

→ バドミントン初心者〜中級者まで1人で【上達】練習メニュー

 

 

バドミントン浮く・入らないヘアピンが上達する+スピンヘアピンの練習メニュー

 

 

では早速ヘアピンが上達する練習メニューをお伝えしていきたいと思います。

初心者の人は相手コートから下投げでシャトルをトスしてもらいましょう。

まずは足は止めたまま構いませんのでネットを越える様に打ってみましょう。

 

順を追って3ステップで練習メニューをこなしてください。

  1. 浮いても良いので相手コートに入れる。
  2. 1ができたら、浮かない様に相手コートに入れる。
  3. スピンをかけてみる。

 

 

シャトルがヘアピンをする時に浮いてしまうのは、手に力が入りすぎている為です。ほぼ脱力でシャトルを当ててみるとわかりますが、殆ど弾きません。その脱力した感じでシャトルを触れることがヘアピン上達の最短ルートになります。

 

ヘアピンにスピンをかける方法はシャトルのコルクの部分がラケットのガットに当たる瞬間にシャトルを擦る様にします。

そうするとヘアピンにスピンがかかります。

ヘアピンのスピンのスローモーション動画


スピンヘアピンのスローモーションです。

ヘアピンでスピンのかかる場所はコルクです。

コルクをラケット面で擦る事でヘアピンにスピンがかかります。

 

 

 

ヘアピンのスピンは練習することで上達します。

この動画をイメージしながら、スピンヘアピンを習得してみてください。

 

 

 

中級者の練習メニューは

  1. 上記の1〜3をフットワークをいれて左右交互に球出しをしてもらい、ヘアピンショットを打つ。
  2. 左右交互が慣れたら左右ランダムに球出しをしてもらい、ヘアピンショットを打つ。

 

上記の練習メニューが出来たら今度は選手同士でヘアピンをしてください。

初めは半面で行いますが、ルールを設けます。

  1. 浮いたらプッシュOK
  2. サーブをプッシュしてはいけない

 

この2つのルールを決めて行ってください。

コートに余裕がある時は全面でヘアピン練習をしてみてください。

点数をきめてやるのも面白いですね。

 

ヘアピンのディセプションショット

ヘアピンフェイントの楽しさ

 

 

デンマークのクリステンセン選手のヘアピンフェイントです。その他にも沢山のフェイントショットを世界選手権で魅せてきた遊び心がある選手です。

 

ヘアピンフェイントのメリットは

  • ギャラリーを湧かせることができる。
  • 決まった時に気持ちがいい
  • 相手に選択肢を多く持たせる事が出来る。

です。

 

メリットは自分自身とパフォーマーとしてという所が大きいですね。ひとつのバドミントンの遊び方として捉えるのがよいとおもいます。

 

 

 

クリステンセン選手の様に、相手もトップレベルで一流の所で行うのがどれほど凄いことかと思います。それほど、バドミントンの魅力を映像に通して伝えたかったのでしょうね。

 

しかし、実際にあなたがヘアピンフェイントを行う時、メリットよりもデメリットが多くなると思います。

その最大のデメリットはミスです。

ヘアピンフェイントをメリットである相手を騙す前に、あなたのミスで相手に1点与えることになります。

 

ミスをしないために練習は大切です。

また多用するとばれてきますので、ヘアピンの使い方には十分注意してもらいたいと思います。

 

関連記事

バドミントンの12種類の【ディセプションショット】を覚えよう

 

ジュニアバドミントンでも大切なヘアピン

 

 

ジュニアのバドミントンでもスピンヘアピンをやっていくチームが殆どだとおもいますが、練習で意識するのはしっかりと入れていく事です。

しっかり入るようになれば、次の返球も少しは楽になります。

 

スピンヘアピンを打つ為には出来る限り高い位置でヘアピンを切っていく事が重要です。

なので、そのためには、打点に素早くはいることが大切になってきます。

 

 

 

できるだけ、はやく入れるようにフットワークも見直していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンの浮く・入らないヘアピンを直す練習方法と打ち方ということでお話をしてきました。

 

ヘアピンを上手に入れるには、力加減やグリップの握りなどにも注意が必要ですが、それと同時に下半身を安定させることが大切だということがわかりましたね。

 

初心者の方は、まずシャトルがラケットに当たるまでしっかりみる練習から始めてください。

中級者以上の方は、足の重心移動でシャトルが打てるようになると今よりも安定したショットが打てるようになるかと思います。

 

関連記事

バドミントン桃田賢斗のネット前へのフットワーク(フォア)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. たか より:

    最後から2つ目の動画で行なっているロブのフェイントでラケットの面と飛ぶ方向が逆の技の打ち方を教えてほしいです

    • スゴバド より:

      たかさん

      コメントありがとうございます。
      動画でのロブフェイントについてですが、ストレートのフェイントは、一度打点を高いところに作り、そのあと下でストレートに返球。
      この時大事なのが、打った後の振り抜きです。
      振り抜きはクロス方面に向けることです。
      また、ストレートに打つまでは手首をクロス方向へ向けないことでストレートへと打ち分けることができます。

      次にクロスへのロブフェイントですが、ラケットはストレート方面へ振り面を切ってクロスへ飛ばしています。
      これはカットやリバースの応用で、オーバーヘッドストロークで打っているものを、下からやっているものになります。

      まっすぐ飛んでくるシャトルに対して、面を斜めに振ることで反対に飛ぶようになります。
      関連記事のドライブの記事でもこの方法にも触れていますのでよろしかったら併せて見てください。
      https://happy-with.bz/baxtukuhand-doraibu-badminton-mochikata-nigirikata-rensyu/

タイトルとURLをコピーしました