バドミントン【初心者】が狙われる場所は相手も苦手!?

バドミントン【初心者】が狙われる場所は相手も苦手!?

バドミントンの初心者さんが狙われる場所、取れない場所ありますよね?

よくスゴバドの相談にも・・・

  • 『クリアでラウンドを狙われると取れません』
  • 『バックハンドが苦手で狙われると返球が甘くなります』
  • 『ネット前に落とされるとヘアピンが怖くて、ロビングであげることしかできない』

というようなお悩みをいただきます。

例えば学生さんであれば、毎日の反復練習で対応できるようにしていく練習を繰り返し行うことが必要になります。

また、社会人になってから始めたバドミントン初心者の方もいるでしょう。その場合学生さんのように毎日できない場合もあるかと思います。

今回は、バドミントンの初心者向けの練習というよりは考え方の1つとして、記事を書き進めていきます。

初心者のできる練習内容などは、こちらの記事からご覧ください。

→ バドミントン練習メニュー初心者〜中級者まで1人で【上達】

 

バドミントン初心者の弱点

バドミントン初心者が狙われやすい弱点としては、大きく動かされたり、バックハンド側です。

特にフットワークで後ろに下がることが苦手な初心者さんは非常に多いです。

動かないで打てる人、返球できる人はあとはフットワークで後ろに下がる動作が良くなれば返球もしやすくなります。

なので、フットワークを隙間時間でも良いので練習していきましょう。

 

また、その場でもなかなかしっかりと当てるのが難しい初心者さんの場合には、素振りのフォームができていないか。または、素振りではフォームができているのに、シャトルが飛んでくるとフォームが崩れてしまうか。という感じかと思います。

シャトルが飛んでくるような場所にシャトルを紐などで吊るして、その場所でなんども当てる練習などが良いでしょう。

 

初心者が狙われる場所

初心者が狙われる場所は、例えば、右利きならばフォア側に飛んできたシャトルは処理できるため、フォア側に構えている人が多いです。

その逆のバック側を狙われた場合に全く取れなくなることがあります。

また、フットワークなどで前を取り、その後に後ろまで大きく動かされた時に、どうしてもフットワークが間に合わなくなり、例えばクリアで返球できても、奥まで飛ばないため次のショットで決められたりします。

 

そういった場所を狙われたことのある初心者さんは多いのではないでしょうか。

 

初心者の心理

 

初心者が狙われていくと、色々なことを考えてしまうと思います。

『また、同じところを狙われたらどうしよう・・・』などと。

 

だからこそ狙われた場所がさらに弱点となり、その他の場所も警戒するためにミスが多くなるといった悪循環になる場合があります。

 

初心者同士の試合で有利になる方法

では、初心者同士で対戦する場合、試合で有利になるための方法です。

まずはシャトルを奥まで飛ばすことです。

バドミントンという競技はネットを挟んで行います。

その中で、ネットの近くから攻撃できる方が有利になります。

逆にコートの後ろから同じように攻撃してもシャトルは球威を落としながらネットを超えてくるので、強いショットがくる確率が減ります。

なので、シャトルをできる限り奥へ飛ばせる方が有利です。

もちろんこの1つだけができれば良いわけではありません。

 

例えば浮いて来たショットはスマッシュなどが打てるのも有利です。

 

 

狙われる場所は実は・・・

これまで解説して来たことを振り返ると、結局狙われている場所は【相手も苦手】だということです。

なので、あなたが狙われて、嫌だなぁーと思った場所を狙ってみると良いです。

そして、初心者さんは一定の場所を狙うのはなかなか難しいかと思います。

 

その場合には、基本練習の時などに、自分で課題をおき、相手の人の左側を狙おう!などとして練習に取り組むと良いです。

 

弱点を克服する方法

バドミントンでは、スマッシュだけができれば強くなれるわけでもなく、足を動かせないと勝てないこともあります。また、コースを狙えると更に展開が良くなります。

まずはシャトルをしっかりと当てられること。

次にフットワークでシャトル付近まで移動できることが大切になります。

 

実はこれは初心者にだけ言えたことではなく、中級者上級者の方にも言えることだと思います。

そして、中級者、上級者の方でもミスをしているのは、こうした初歩的な部分を忘れがちになってしまっている場合です。

 

それを考えるといつまでも大切な部分。初心者がやらなければならないことは、バドミントンを行う上でとても大切なことだとわかります。