バドミントンのポジショニングや入れ替えが悩む・・・

 

ポジショニングがわからない

ポジショニングがわからない
ポジショニングがわからない

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントンのポジショニングや入れ替えが悩む・・・というメルマガ読者さんからのお悩みから記事にしていきました。

 

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンの悩み

バドミントンの悩みは常にあるものだと思います。

  • パートナーの問題
  • 練習場所
  • 練習頻度
  • プレーの上達
  • ポジショニング
  • 考え方
  • ダブルスにより入れ替え

この他にも沢山の問題があると思います。

今回はその中でも質問が多いバドミントンのバックハンドとポジショニングと入れ替えの問題について解説していきます。

その他の質問はコメント欄よりお気軽にどうぞ。

 

関連記事

バドミントンの悩み ポジショニングや入れ替え

次にバドミントンの悩みで多いのが、ポジショニングやパートナーとの入れ替えの問題もよく聞かれます。

ポジショニングはその場所の事だけを指している訳ではありません。

大切なのは、その立ち位置もそうなのですが、それ以上にポジショニングでは大切なことがあります。

またパートナーとの入れ替えでもただ入れ替えをしてローテーションすれば良いわけではありません。

入れ替えのコツも解説していきます。

まずはポジショニングでの悩みから解決していきましょう。

ポジショニングで大切な2つの事

二等辺三角形を作るんだよ!

と初心者の人はよく言われると思います。

これが基本ですが、更に付け加えるとより良くなります。

2つあります。

  • シャトルの飛んでくる方向に身体を向ける。
  • ラケットをだらんと下げない。

この2つがポジショニングを取る事でとても重要になります。

几帳面な人に多いのが、シャトルが飛んでくる方向を見ないで、ネットと平行に身体を向けている人。

確かに綺麗なポジショニングなのです。

しかし、常に正面からシャトルが飛んで来ないので、シャトルが飛んでくる方向に身体を傾けましょう。

また、ラケットにもラケットのホームポジションがあります。

レシーブしやすい場所にラケットを構えてください。

 

次に入れ替えのコツを解説していきます。

バドミントンの悩み 入れ替えのコツ

バドミントンの悩みで、入れ替えのコツも多い悩みです。

入れ替えをする時に重なってしまう。

入れ替えが遅れてノータッチが出てしまう。

こんな状況が続くと険悪なムードが流れているペアもよく見かけます。

入れ替えのコツと悩みを解決していきましょう。

入れ替えの悩みはまず話合いが大切。

ペアとよく話をしてこの時は後衛に残りたい。

とか

1本打ったら前に行くね。

とか

反対にクリアがきたら、取りに行く

とか

こんな話をしておくだけでも、ペアが何を思っているのかが分かりますよね?

試合前やゲームの前にこういった事を話し合うだけでもグンと勝てることが多くなります。

かけ声も大切な試合中のコミュニケーションです。

かけ声をして、「前にいく!」というだけでも入れ替えはうまくいくものです。

そして最後に1番重要なのは、

優柔不断にならずに打ったらすぐ次の行動!

です。

行くか行かないか迷っているよりも、思い切って動いた方がパートナーはカバーに入りやすいものです。

逆の立場でも迷っているペアがいたら、その場所にいきにくですよね?

入れ替えで重要なのは思い切った決断です!

これができる様になるだけで、あなたは組みやすい!という評価をもらえるでしょう。

関連記事

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンのポジショニングや入れ替えが悩む・・・ということでお話をしてきました。

これが全てではありませんが、上達のヒントになれば嬉しいです。

 

ダブルスの時は特にパートナーがいますので、話をしてスッキリするのが一番です。

お互いに上手に話せばペアとして弱点も克服できるかもしれません。

 

是非とも話をして欲しいと思います。