バドミントンで前に詰めるということ(予測・動作・位置)

 

バドミントンで前に詰めるということ(予測・動作・位置)
バドミントンで前に詰めるということ(予測・動作・位置)

こんにちは。スゴバドです。「基本だけど非力な私でも活躍できる!」トッププレーヤーもやってること知りたくないですか?・・・

今回はバドミントンで前に詰めるということ(予測・動作・位置)というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

バドミントンで前に詰める(前衛)

バドミントンのダブルスでは、攻める時になるとトップアンドバックという陣形をとります。

このトップアンドバックは前衛と後衛がいて、それぞれの役割分担があります。

バドミントンダブルスのローテーション戦術とフォーメーション

 

そして、今回の話はトップアンドバックの時の前衛についての話です。世界のトッププレーヤーも皆行なっていることだけど、初心者から誰でも「意識」すればできることです。

そして、シャトルに触らないのにゲームコントロールができる効果があります。

なのであなたが非力でスマッシュが打てなくても、重宝されるプレーヤーになれるワンポイントです。

是非、覚えていきましょう。

 

前衛が前に詰めることのできる機会

 

前衛が前に詰めることのできる機会
前衛が前に詰めることのできる機会

トップアンドバックの時の話だと後衛がスマッシュを打って、前衛がどうやって捕まえるかという話になることも多くなりますが、今回の話は後衛がスマッシュを打ったときの話ではありません。

 

後衛がドロップやカットを打った時、前衛にあなたがいます。

まぁ後衛から何を打ってくるかわからない場合もありますが、後衛がスマッシュを打った場合は前衛はそのままの位置からやや後ろ気味に位置していれば、チャンス球を前衛が掴むことができます。

 

ドロップやカットの場合はそうもいかなくて、ドロップやカットを打たれた後にぼーーーーーと前衛がいることがあります。

それそれ!

そのままだと「もったいない」です。

だって後衛がドロップやカット打った時になにして待っていればいいのかわからない。と言ったひとも多いのです。

 

相手の動作を予測をする

相手が次に何をやってくるか相手の動作を予測して考えていきましょう。

ドロップやカットを打たれた相手は、トップアンドバックを崩し、自分たちがトップアンドバックになるチャンスと思うので、ヘアピンを切ってきます。

 

それがあなたが前衛でドロップやカットを打たれた前に詰められたらどうでしょう?

 

ヘアピンを打ちたくても、浮いたら前衛が前に詰めてきているのでなかなかヘアピンを打てません。

 

そうすると仕方なくロビングを打つことになります。

 

つまり、あなたは前衛でシャトルに触らずにシャトルをコントロールしたことになります。

 

後ろを振り向くのは時間の無駄

その際に後衛が何を打つのかなどと気になり、後衛を見ている人がいます。

その時間は非常にもったいないです。

それよりも、パートナーがスマッシュを打つことをまずは第1に予測します。

次にカットやドロップを打つことを第2に予測します。

クリアは滞空時間が長いのでどうにでもなります。

 

そうした、動作の準備だけ予測しておけば、後衛を見なくてもあなたがなにをすればいいのかがわかります。

そして、後衛をみていると、自分の動作自体が遅れるし、眼球の動きも定まらないのでミスショットも増えます。

また、後衛を見ている人は後衛にすれば、「信頼されていないのかな???」と思われてしまいます。

 

パートナーに何を打つのか任せるといった意味でも後衛をみないで前を見て相手の動作を予測する。そこだけに注力を注ぐことがパートナーシップにつながるのではないでしょうか。

 

まとめ

後衛がドロップやカットを打ったら、前衛にいるあなたは前に詰める!それができるだけでゲームコントロールもでき、重宝されるプレーヤーになれます。

その他前衛ので記事です。

バドミントンダブルスでの前衛(立ち位置やプッシュの打ち方)

 

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

バドミントンで前に詰めるということ(予測・動作・位置)まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンで前に詰めるということ(予測・動作・位置)ということでお話をしてきました。

 

前に詰めていくことで、パートナーとのローテーションもスムーズになり、お互いの分担もはっきりと見えてくることがわかりましたね。

 

特に沈めていくショットからのローテーションはスピードがあり、ダブルスの醍醐味だと思います。

それぞれのショット精度を高くしていきより良いダブルスを目指して欲しいと思います。

 

関連記事