【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンのレシーブの握り方(中級者編)

レシーブの握り方の種類バドミントン中級者練習メニュー
レシーブの握り方の種類
この記事は約5分で読めます。

レシーブの握り方はどのようにしていますか?

バドミントンのレシーブでは、どのようなことを意識していますか?

今回は、初心者のうちにバックハンドとフォアハンドの持ち替えを習っていたり、レシーブになるとあまり上手にラケットが握れない。このような方はいませんか?

もう一度握り方を確認していきましょう。

 

レシーブの握り方の種類

レシーブの握り方の種類

レシーブの握り方の種類

 

レシーブをするときの握り方はいくつかあります。

レシーブで自分の利き腕から外側をフォアハンドで処理して、それ以外は全てバックハンドで処理して持ち替えをしている方もいるでしょう。

また、ほとんどフォアで処理している人も見かけます。

色々な持ち方がありますね。

 

その中でおすすめしたいのが、フォアに近いバックハンドです。

 

フォアに近いバックハンドとは

フォアに近いバックハンドとは

フォアに近いバックハンドとは

フォアからバックハンドに握り変えるとどうしても、判断を誤った場合などに時間的なロスが生まれてしまい、反応が遅れることがあります。

なので、そうしたロスを最小限にするのが、フォアに近いバックハンドの持ち方です。

 

握り方としては、フォアで通常に持ち、親指を添える位置をグリップの八角形の一番狭い部分に添えます。

右利きの場合

右利きの場合

右利きの場合

青い点線の部分に親指を添えることで、フォアに近いバックハンドで持つことができます。

 

左利きの場合

左利きの場合

左利きの場合

 

同じく青い点線の部分に親指を添えることでフォアに近いバックハンドになります。

 

どこまでバックハンドでレシーブする?

 

どこまでバックハンドでレシーブする?

どこまでバックハンドでレシーブする?

 

素振りでどこまでバックハンドが取れるかを自分自身で試していただくとわかるかもしれませんが、だいたいこのような感じで、青い部分はフォアハンドで処理それ以外はバックハンドで処理できます。

また、体より外側にシャトルがきたら、フォアで処理する人もいるでしょう。

ここでお伝えしたいことは、体のほとんどはバックハンドで処理できるということです。

 

関連記事

→ 初心者でスマッシュレシーブが苦手なら上達できる3つのこと

 

中級者のレシーブ力

 

バドミントンの初心者と中級者の差はレシーブ力にもでてきます。

初心者のうちは、スマッシュを打てば決まっていたものが、中級者になれば、レシーブ力も良くなり、なかなかスマッシュ1本では決まらなくなります。

 

そして、中級者になりレシーブ力が上がると試合でもラリーが続くようになり、ミスが減ってきます。

1回のラリー時間も徐々に伸びてきます。

 

また、相手のスマッシュの角度も良くなったり、スピードも上がってきます。

その中でまたレシーブ力を上げて行かなければ、中級者の中でもなかなかラリーが勝てないことも出てくるでしょう。

関連記事

→ バドミントンの【ラリーが上達】する!知って得する3つのコツ!

 

 

角度のあるスマッシュに対抗するレシーブ

 

角度のあるスマッシュに対抗できるレシーブの方法は、レシーブの握り方も大事です。

先ほどのようにフォアに近いバックハンドで持つとロスする時間が短くなるので、それだけ対応は良くなります。

 

また、角度があるスマッシュに対応するためには、膝を柔らかく体制を低くしていく目線を下げることで角度のあるスマッシュなども比較的取りやすくなります。

 

関連記事

→ バドミントン園田嘉村のスマッシュレシーブ(左サイドからの攻撃)

 

速いスマッシュに対抗するレシーブ

 

 

角度のあるスマッシュでお伝えしましたが、速いスマッシュでも同じことが言えます。

速いスマッシュに対抗するためのレシーブとしては、反応が遅れないように握り方を簡単にすることもその1つです。

その他にも、どうしても体がガチガチになっているとレシーブをするときの反応が遅れてしまいます。

 

なかなか難しいですが、リラックスして待つことも大事なレシーブ上達法です。

 

膝を和らげるのも、リラックスさせるための1つの方法になります。

 

立ち位置によりレシーブの守備範囲を変える方法

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンのレシーブの握り方(中級者編)について解説させていただきました。

握り方を『フォアに近いバックハンド』で持つことで時間のロスを無くすことで、レシーブ力を強化できることがわかりましたね。

 

これがレシーブ力強化の全てではありませんが、

ぜひ、あなたのレシーブ強化にお役立てください。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました