【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンに【炭酸水】を飲む。ケガ予防に繋がる飲料の知識を増やそう

バドミントンに【炭酸水】を飲む。ケガ予防に繋がる飲料の知識を増やそうダイエット
この記事は約2分で読めます。

 

バドミントンに炭酸水を導入されている方は居ますか?今回の記事は『スゴバド管理人』自身ではなく、バドミントン競技はやられてはいないライターさんで自称炭酸水マニア(笑)の方に依頼して書いて頂きました。

 

専門的な視点でバドミントンと飲料について解説して頂いています。

ジュニア選手などに携わっている方にもなかなか面白い情報かと思います。

あなたの競技や選手育成のお役にたてれば嬉しいです。

それではお楽しみください。

 

バドミントンの怪我が起こる原因

バドミントンに【炭酸水】を飲む。ケガ予防に繋がる飲料の知識を増やそう出典:ぱくたそ

スポーツの中で最も過酷なスポーツと呼ばれるのが「バドミントン」です。バドミントンはテニスのようにワンバウンドする余裕もなくシャトルを打ち返す必要があり、バレーボールのように人数も多くありません。

そのため、持久力、瞬発力、そして柔軟性が他のスポーツ以上に必要になります。 バトミントンは瞬間的に力を入れる一方しなやかに動くことができる筋肉を必要とします。そして、体が固いとケガをしやすくなります。

 

バドミントンは膝を曲げた状態で相手が打つシャトルを返す競技なので、どうしても下半身、特に足に負担がかかります。そのため足のケガが多く、膝、アキレス腱、半月板、ふくらはぎ、太もも、足の裏や指もケガをすることがあります。

足全体のケガはバドミントン競技には多いのもそのためです。

柔らかい筋肉を作る方法

 

では怪我を出来るだけ起こさないために特に必要とされるのが、柔らかい筋肉を作るためのたんぱく質と関節の結合組織となるコラーゲン、そしてそれをつなぎとめる働きをするビタミンCです。

 

さらにけがを予防するための水分です。 食生活では体重を増やすことなく、エネルギーを摂取し筋肉をつけるため、アスリートの多くが、ただの水ではなく、スポーツドリンクの他に炭酸水を飲んでいます。

 

バドミントンやテニス選手だけでなく、サッカー選手が飲んでいるのは有名です。

次は成分からなぜ炭酸水が良いかを探るについて

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました