バドミントンに【炭酸水】を飲む。ケガ予防に繋がる飲料の知識を増やそう

バドミントンに【炭酸水】を飲む。ケガ予防に繋がる飲料の知識を増やそう

出典:ぱくたそ

バドミントンに炭酸水を導入されている方は居ますか?今回の記事は『スゴバド管理人』自身ではなく、バドミントン競技はやられてはいないライターさんで自称炭酸水マニア(笑)の方に依頼して書いて頂きました。

 

専門的な視点でバドミントンと飲料について解説して頂いています。

ジュニア選手などに携わっている方にもなかなか面白い情報かと思います。

あなたの競技や選手育成のお役にたてれば嬉しいです。

それではお楽しみください。

 

バドミントンの怪我が起こる原因

 

スポーツの中で最も過酷なスポーツと呼ばれるのが「バドミントン」です。バドミントンはテニスのようにワンバウンドする余裕もなくシャトルを打ち返す必要があり、バレーボールのように人数も多くありません。

そのため、持久力、瞬発力、そして柔軟性が他のスポーツ以上に必要になります。 バトミントンは瞬間的に力を入れる一方しなやかに動くことができる筋肉を必要とします。そして、体が固いとケガをしやすくなります。

 

バドミントンは膝を曲げた状態で相手が打つシャトルを返す競技なので、どうしても下半身、特に足に負担がかかります。そのため足のケガが多く、膝、アキレス腱、半月板、ふくらはぎ、太もも、足の裏や指もケガをすることがあります。

足全体のケガはバドミントン競技には多いのもそのためです。

柔らかい筋肉を作る方法

 

では怪我を出来るだけ起こさないために特に必要とされるのが、柔らかい筋肉を作るためのたんぱく質と関節の結合組織となるコラーゲン、そしてそれをつなぎとめる働きをするビタミンCです。

 

さらにけがを予防するための水分です。 食生活では体重を増やすことなく、エネルギーを摂取し筋肉をつけるため、アスリートの多くが、ただの水ではなく、スポーツドリンクの他に炭酸水を飲んでいます。

 

バドミントンやテニス選手だけでなく、サッカー選手が飲んでいるのは有名です。

 

成分からなぜ炭酸水が良いかを探る

 

では、炭酸水がなぜいいのか。皆さんはペットボトルに入っている水を基本的に「ミネラルウォーター」と呼びますが、このミネラルは五大栄養素の無機質のことであるとご存知ですか?

そのため、「サントリーの天然水」や「いろはす」など日本で摂れる水はミネラルウォーターというよりはナチュラルウォーターと言えます。

無機質はカルシウムやリン、鉄、マグネシウムなど様々で、人間の体の数パーセントの成分になりますが、骨や赤血球のヘモグロビン成分にもなるので、とても重要です。

そしてミネラルウォーターと呼ばれるものには「エビアン」「ヴィッテル」「ペリエ」という物がありますが、いずれもカルシウム、ナトリウム、マグネシウム、重炭酸塩を含みます。

そのため、ヨーロッパでは一般に炭酸水のことをミネラルウォーターと呼びます。 ナトリウムは汗をかく時は必要になりますし、カルシウム、マグネシウムは骨の成分になりますので、骨折などの危険があるバドミントンの選手にとっては、とても重要な栄養素になります。

ダイエットや膝(ヒザ)にも良い炭酸水

 

そして、炭酸水の良いところは、糖質がほとんど含まれない上に、食前にコップ一杯くらい飲むと、食べすぎを防ぐため、無理なくダイエットもできます。

膝に負担がかかるバドミントンの選手にとって、必要以上に体重を増やすことは危険なので、水分やミネラルを摂取しながらも、不要な糖質を取ることなく、しっかり食事をしながら、余分に食べすぎることがない炭酸水はとても良い飲み物になります。

さらに炭酸水は炭酸ガスの成分が疲労物質の原因といわれる乳酸を老廃物と一緒に体外に排出する働きがあり、疲労回復にもなります。

熱中症・怪我予防に適している飲み物は?

また、バドミントンの選手のケガには、ふくらはぎや太ももの肉離れというケガがあります。肉離れの原因は水分不足です。夏には汗をかくことで水分不足なり、肉離れを起こすこともあります。コーヒーや紅茶、お茶は利尿作用があるため、水分不足を引き起こす可能性があります。その点、炭酸水はナトリウムが入っているため、汗による水分不足を防ぐこともできます。また、膝関節にある軟骨も多くの水分を含んでいます。

膝関節を柔軟な状態に保つためにも、お茶のように利尿することなくしっかり体内に水分を取り込むことができ、スポーツ飲料のような糖質を含まない炭酸水は最適な飲み物と言えます。 炭酸水は熱中症の予防だけでなく、バドミントン選手のけが予防にもなくてはならない飲み物です。

 

まとめ

バドミントンに【炭酸水】を飲む。ケガ予防に繋がる飲料の知識を増やそう

出典:ぱくたそ

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンに【炭酸水】を飲む。ケガ予防に繋がる飲料の知識を増やそうということで、炭酸水マニアのライターさん依頼して書いていただきました。

 

バドミントンに炭酸水を取り入れるだけで筋肉を柔らかくしたり、怪我予防になるのであれば、試してみる価値がありそうですね。

『スゴバド管理人』も早速【炭酸水】を飲んでいます。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました。