バランスディスクでお腹を引き締め

バランスディスクでお腹を引き締め

バランスディスクは、胸やお腹、足腰の深層筋や体幹のトレーニングに最適な健康器具です。座布団のような円盤の上に乗って、フィットネスをするだけで、お腹はもちろん、太ももやふくらはぎの筋肉トレーニング、体幹のトレーニングができます。

機敏な動きを必要とするサッカーや野球、テニスだけでなくバドミントンをする人にとっても、大切な深層筋と体幹を鍛えることができます。

座布団大のサイズで持ち運びも簡単、家はもちろん、ジムの片隅や体育館の片隅でも簡単にトレーニングをすることができます。

バランスディスクは、椅子に座りながらも、床の上でも手軽に使えるのが特徴です。

 

 

 

床の上で体幹と深層筋力のトレーニング

 

「バランスディスク 2個セットポンプ付」は、ゴム製の円盤状の形をしたバランスボールです。表面には、突起があり心地よい刺激を与えながら、筋肉や体幹を鍛えることができます。大きさも、わずか1000gのバランスディスクは、直径33cm、空気を抜いて持ち運びも簡単で、家の片隅でいつでもトレーニングをすることができます。

バランス立ち

バラスディスクの基本の動作として、床の上に置いたバラスディスクの上に立ちます。不安定な座布団の上に立つと、転倒してしまう人がいますが、バラスディスクはさらに足元がしっかりしないと、上手に立つことができません。

まずは、両足でしっかりと立って、バランスを上手に取れるようにします。

バランスディスクで片足立ちバランス

床の上にバランスディスクを置いて、その上に片足立ちをすると、体幹強化のトレーニングをすることができます。片足を上げて、20秒から30秒バランスを取ります。バランスディスクは、中に空気を入れますが、空気の量で足元が不安定になります。そのため、わずか30秒でもかなり体幹を鍛えることができます。

さらに、上手にバランスを取って立つことで、ふくらはぎや太ももの筋肉はもちろん、腹筋を鍛えることもできます。

バドミントンの競技者にとって素早い動きで、コートに打ち込まれるシャトルを拾うためには、瞬間的に体を動かして反応することが大切です。そのためにも、どんな姿勢でも、無理なくバランスが取れる体幹が必要になります。

特に、10代、20代のころと違い、30代、40代になるとバランス感覚も鈍くなります。無理な態勢でシャトルを拾う時に、身体が柔軟に動かない、バランスが悪いと怪我をしてしまいますね。

不安定な足元でバランスを取るというトレーニングができる、バランスディスクは柔軟に動けるための、しなやかな筋肉づくりや身体造りに最適といえます。

バリエーションでは、片足を振り上げたり、後ろに曲げたりと色々な運動をすると、さらに体幹を鍛えることができますね。

バラスディスクを2個使ってスクワット

バラスディスクを肩幅分空けて、床に二つ置きます。その上に立って、スクワットをしましょう。

一つのバランスディスクの上で行うスクワットもありますが、2個の上に片足ずつ乗せて、両足を広げて行うことで、よりバランスを取ることが難しくなります。

初めは、手を前にだしてバランスを取りやすくして行っても良いですが、慣れたら手を胸の上で組んだ姿勢でできるようにします。腹筋がかなり鍛えられ、ポッコリお腹にも効果っがります。お腹がポッコリ出ていると、機敏な動きができません。

サッカーに野球、もちろんバドミントンも。特に瞬発力を必要とするバドミントンには、腹筋力は大切になります。バランスディスクを使ったスクワットは、普通のスクワットよりも腹筋の深層筋力と体幹を鍛えることができます。

 バラスディスクの上で横になる

同じようにバラスディスクを床の上に置きます。その上に寝そべるように横になってストレッチをしたり、体幹を鍛えるトレーニングです。

 

バランスディスククランチ

まず、仰向けに寝てバランスディスクをお尻の下に敷き、膝を曲げ、腕は頭の後ろにして上半身を半分起こします。

バランスディスクを使って寝た状態でのトレーニングですが、普通にクランチをするよりも負荷がかかり、かなり鍛えられます。立った状態のスクワットと同様、ポッコリお腹を引き締めるのには、最適なトレーニングです。

ジムや体育館でのトレーニングでも良いですが、家の中でテレビを見ながらの腹筋トレーニングに効果抜群です。

ふくらはぎのトレーニング

仰向けに寝てバランスディスクを、お尻の下に敷きます。そのまま、片足を曲げて引き寄せます。これを両足10回ずつ自分のペースに合わせてトレーニングしましょう。

お尻の位置が不安定に動くことで、ふくらはぎに負荷がかかりトレーニングになります。

腕立て伏せ

肩幅に置いた2個のバラスディスクの上に、手のひらをついて腕立て伏せをしましょう。バドミントンは腕の力も重要です。肩や腕の筋力を鍛えて、強いスマッシュが打てるようにするのはもちろんですが、肩の脱臼や肉離れなどの怪我予防のためにも、上腕と肩回りの筋肉を鍛えましょう。

ワンレッグヒップリフト

仰向けに寝て、軽く両ひざを曲げて、足の土踏まずの下にバランスディスクを敷きます。腰を浮かして、片足を上げます。両足をそろえて、腰を下ろします。これを片足ずつ10回、自分のペースに合わせて、数セットずつ行います。

ふくらはぎやももの筋肉と一緒に腰回りも鍛えます。アスリートにつきものの、ふくらはぎの痙攣や腰痛の予防にもつながります。

ストレッチ

トレーニングの最初と最後にはしっかりとストレッチもします。

バランスディスクを敷き、その上に腰を乗せて軽く膝を曲げ、身体全体でノビをしましょう。運動をする前後でストレッチをすることは、関節の可動域を広げて、筋肉の緊張を和らげます。

バラスディスクのトレーニングの後に、ストレッチをして怪我のない良いプレイをしましょう。

椅子の上で骨盤矯正

 

 

バラスディスクを椅子の上に座布団のように置き、座ります。骨盤のゆがみは姿勢を悪くし、身体のバランスを悪くしてしまいます。怪我や病気の原因にもなる骨盤のゆがみですが、バランスディスクを使うことで、矯正をする効果があると言われています。

トレーニングだけでなく、隙間の時間にも利用してみましょう。

バランスディスクの上で胡坐

 

 

胡坐をかくなんて、楽なことで効果があるの?と思われるようですが、バランスディスクはその上で、座るだけでも体幹を鍛える効果があります。

一見簡単に見えるような胡坐で座るという行為ですが、背筋をピンと伸ばして座ることで、身体のバランスを取ることになります。普段運動不足だから、友だちとバドミントンでもしてみようか、と簡単に考えている30代、40代の人はまずこういった、基本の姿勢を作るところから、体幹を鍛えてみましょう。

バラスディスクを実際に使っている人の口コミ

 

 

バランスディスクの口コミで多いのが、色が落ち着いているので、部屋の中にあっても邪魔にならない、職場の座布団代わりに使いながら、身体が鍛えられるというものでした。

その中でも、次のようなものもあります。

購入手続きしたら直ぐに来て満足です。私は、体重が3桁ありますが、体重に負けることなく不安無く使えてます。2個セットなのも使いやすいです。滑り止めのようなトゲトゲが足裏をかなり刺激してきますが、慣れるとそれが心地良い刺激になります。体幹を鍛えることができて、大変満足してます。

といったものがあります。さらに、機能訓練に購入したというものもあります。

機能訓練用にバランスディスクを購入しました。腰回りがほぐれて、あまりの気持ち良さに、職場の人たち4人が自分用に追加購入しました。事務仕事で座っている時間に、ディスクを椅子に乗せて使用していますが、姿勢も伸びて猫背にならず疲れにくくなりました。体幹も鍛えられて、腰痛予防にもなり、本当に大満足です。すでに自宅用にも追加で購入する予定です。簡単でとても気持ちよく身体が鍛えられるためおススメです。

と、本当に簡単に体幹が鍛えられるため、満足のいく口コミがたくさんあります。

まとめ

 

バラスディスクは、小さくてコンパクトなのに、体幹を鍛えることができる健康器具です。バドミントンやテニスのプレイをしている人はもちろん、これから趣味でバドミントンを始めようと考えている40代、50代の人は、まず体幹を鍛えるところから始めましょう。

バラスディスクで体幹や筋肉を鍛えて、怪我のないバランスの取れた身体を作り、安全で良いプレイにつなげて下さい。