バドミントンのサーブが115センチルール適用になった!

 

バドミントンのサーブが床から115センチになるの?
バドミントンのサーブが床から115センチになるの?

 

バドミントンのサーブが115センチになると言う可能性があることをご存知ですか?

もしもサーブの115センチルールが適用になったら、バドミントンはどのように変わってくるのか。

 

考えていきたいと思います。

 

115センチルールとは?

115センチルールとは、サーブを行う時に今までだったら、

腰の位置よりも下でサーブをしなければいけませんでした。

 

腰の位置は肋骨の最下部を指していて、これよりも下で

打たなければならないと言うルールが、新ルールでは、

床から115センチの場所で打たなければならない。

 

このようになる可能性があるのです。

では、仮に新ルールが適用になった場合どのようなことが起きるのかを考えてみましょう。

 

115センチルールが適用になった場合

人によりサーブの位置が変わる

115センチルールがサーブで適用になったら、当然ですが、人によりサーブをする位置が変わってしまうのです。

当然ですが、ジュニア選手で低学年は顔に近い位置からのサービスが可能になることになります。

そもそもそれを適用するかどうかはわかりません。

 

では、一般的な成人が新ルールの115センチとなった場合について考えてみましょう。

 

 

150センチの人のサーブ位置

 

150センチの選手がサービスを行う時の位置としては、胸上あたりになります。

新ルールになれば今までよりも高い位置からのサービスがフォルトを取られないために有利になる可能性があります。

160センチの人のサーブ位置

160センチの選手がサービスを行う時の位置としては、胸真ん中あたりになります。

新ルールになれば今までよりも高い位置からのサービスがフォルトを取られないために有利になる可能性があります。

 

170センチの人のサーブ位置

 

170センチの選手がサービスを行う時の位置としては、胸下あたりになります。

新ルールになれば今までよりも高い位置からのサービスがフォルトを取られないために有利になる可能性があります。

 

180センチの人のサーブ位置

 

180センチの選手がサービスを行う時の位置としては、ヘソあたりになります。

新ルールになれば今までと変わらないくらいの位置からのサービスになるかもしれません。

 

190センチの人のサーブ位置

 

180センチの選手がサービスを行う時の位置としては、ヘソあたりから下になります。

新ルールになった場合、今よりも低い位置からのサーブになり不利になりそうです。

 

115センチルールが適用されて不利になる身長は?

 

180センチくらいの身長から不利になるひとが出てきそうですね。

もちろんこれにも個人差があるので、実際の115センチの位置を確認してみると良いですね。

 

仮に115センチルールになると、多くの人が有利になり、身長が高い人が有利だったバドミントンの状況も変わってくるかもしれません。

 

どんなところで有利になるのか?

 

有利になるのは、サーブでの取り扱い、今までのルールで行くと身長が低いほど

サーブの位置が下がるため不利でした。

 

仮に新ルールになった場合には、身長が低い人ほど高い位置からネットの高低差があまりなくサービスが打てるので、有利になりそう。

 

バドミントンに重要な1打目のサーブ

 

バドミントンでは必ず1打目にサーブを打たなければならないです。

そこで有利にサーブが打てれば、状況も変わってきます。

 

すでに世界大会などでは、このルールを導入して

試運転を行なっているとのことです。

 

しかし、これが一般の人のルールに適用されるのか。

ジュニア大会も含めてどうなるのか、今後を見守っていかなければならないですね。

 

2打目以降はどのように変わるか?

 

2打目以降はどのように新ルールで変わってくるでしょうか。

より良いサーブが打つ人が多くなれば、2打目の対応が良い人が有利になります。

また、対応が難しい人が多くなれば、サーブレシーブが基本攻めることから始まらなくなり、守ることから展開することも考えられます。

 

新ルールでの身長の高い人のサーブ周り

 

新ルールで長身の人の場合には、サーブが不利になる可能性があります。その場合ショートサービスで対応するよりも、ロングサービスで対応する方が有利な場合もあります。

ダブルスでは、特にショートサービスで不利になるより、ロングサービスで凌ぐ方が良いと考える人も出てくるでしょう。

 

シングルスのサーブ

シングルスでは、ショートサーブはダブルスほど慎重にならなくても良いものの、やはりしっかりと入れられる人の方が有利になります。

 

また、バックハンドサーブで打つ場合でも、ネットに近い位置からロングサーブとショートサーブの切り替えができる長身以外の人の方が有利にも考えられますが、実際には、同じ高さからサービスが出てくることになり、115センチルールが適用になってなれてくれば、あまり気にならなくなるのかもしれませんね。

 

新ルールでのフォアサーブ

 

新ルールでのフォアサーブは身長の低い人が打つと非常に打ちにくくなるのでしょうか。

これも今までと変わらずの場所であれば、逆にフォルトを取られることがなくなる。

 

という解釈で現状通りにサーブをしていくのも1つの手段かもしれません。

今まで、フォルトを取られていた170センチくらいまでの人は、フォルトを取られにくい。

 

このような現象が起きるのかもしれませんね。

 

曖昧なルール

 

今までのルールでいくと、オーバーウエストで腰の高さでフォルトを取られるわけですが、その時にも曖昧でわかりにくいとされていました。

 

仮に今回新ルールで115cmになったら、審判はわかりやすくなるのか?

そもそも、何が良い誰のために良いのかはわかりません。

ルールは少しずつ変わってきました。

 

これからもずっと変わっていくことでしょうね。

その時に、定められた新ルールで対応できる選手になりたいものですね。

 

追記:サービス115cmルール適用

追記:サービス115cmルール適用
追記:サービス115cmルール適用

 

サービスに関するルールの発表があり、115cmルールを適用していくという通達がきました。

このことにより、一部地域から次第に115cmルールを日本バドミントン協会に合わせていく流れになっていくと思われます。

 

上の画像を見る限り、ラケットを下向きにしなければならないルールがなくなっているので、この部分も115cm以下であれば、ラケットが上むきでも大丈夫という解釈でも良さそうですね。

 

また、進展があれば追記していきたいと思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンのサーブが床から115センチになるの?について解説いたしました。

115センチルールが適用されると

 

  • 身長の高い一部の人は不利に
  • 多くのプレーヤーは身長で不利になることが減る

このようなことが考えられます。

また、プレースタイルにも影響が出てくる可能性もあります。

 

確定した訳ではないのですが、115cmに合わせてサーブの練習をして

ルール改正がきても対応できる準備をしていくのも良いですね。

 

サーブの関連記事

【バドミントン】のロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類