『バドミントンのサービスが浮いて困る』どうしたらいいですか?

 

バドミントンでは最初に打つショットをサービスと言います。

このサービスですが、『サービスが浮いて困る』と言った人が非常に多いです。

 

このサービスを浮かせないようにするには、どうすればいいでしょうか?

 

バドミントンのサービスが浮く原因

 

バドミントンのサービスが浮く原因はいくつかの原因があります。

今回はバックハンドでのサービスについての原因を挙げていきます。

 

  • ラケット面
  • シャトルの向き
  • 力み

大きくわけてこの3つです。

あなたのサービスがもし浮いているのなら、どの原因でサービスが浮いているのかを考えてみましょう。

バドミントンのサービスを沈めるためには

 

バドミントンのサービスを浮かさないように沈めるためには、前の章でご紹介した3つを改善していくことをおすすめします。

それでは、早速3つの改善方法を解説していきましょう。

 

バドミントンのサービス時のラケットの面から改善

 

バドミントンのサービス時に上向きにシャトルの軌道があったり、ショートサービスが山なりで球足が伸びる人は、ラケットの面から改善していくと良くなるかもしれません。

 

ラケットの面でシャトルの飛ぶ方向は変わります。

『バドミントンのサービスが浮いて困る』どうしたらいいですか?
『バドミントンのサービスが浮いて困る』どうしたらいいですか?

この画像のようにラケット面を上へ向ければシャトルは上へサービスされ、立てればネットに向かいサービスされるわけです。

なので、このラケット面を調整していき、よりサービスが浮かない場所を探していけばよいサービスがうてるようになります。

 

 

バドミントンのサービス時のシャトルの向きから改善

 

バドミントンのサービスでは、シャトルは基本的にコルクから打たないとならないルールなので、手っ取り早くコルクから当ててしまえば、フォルトを取られない。

また、コルクから当てるサービスの方法をご紹介します。

バドミントンのサービス時のシャトルの向きから改善
バドミントンのサービス時のシャトルの向きから改善

画像はサーブしているラケット面を横からみた図になります。

画像のようにシャトルの向きを変化することで、調整ができます。

赤い画像の方ではネット方向へ真っすぐ飛んでいきます。

黒い画像の方ではシャトルが斜め上に向かい飛んでいきます。

 

なので、この間で調節をしていけば、高さに変化を持たせることができます。

 

 

バドミントンのサービス時の力みを改善

 

バドミントンの試合になると緊張してしまったり、ゲーム練習でもサーブになると力んでしまうことありますよね。

そのようなときには、どうしたら良いのでしょうか。

 

このような場合、いつもと同じようにサービスをしていても浮いてしまうことがあります。

そのような時は、ラケットの面やシャトルの向きを微調整してみるのも良いと思います。

 

また、ロングサービスなどに切り替えて、気分転換することも1つの方法です。

相手のプレッシャーがあるなかで、ショートサービスしか打ってはいけない。

更にプレッシャーに加わっても良い結果がでないのであれば、切り替えれば良いだけです。

なにがんんでもショートサービスにこだわる必要はありません。

 

バドミントンのサービス時のその他の対策

バドミントンのサービスでのその他の対策はこちらの関連記事もご覧頂ければ嬉しいです。

⇒ バドミントンのロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類

⇒ バドミントンの【豆知識】 相手のサーブレシーブで動きや足運びがわかるようになる 

⇒ レディースバドミントンのダブルスの【サーブまわり】と相手を崩すコースとは

 

 

まとめ

バドミントンのサービスは半面もあれば練習できます。

また自宅などでも、壁に向かいサービス練習も行えます。

少しでも練習を行い安定したサービスを行える様にしていくと最高ですね。

 

サーブについて、ルールが変わってきました。

一読いただけると幸いです。

バドミントンのサーブが115センチルール適用になった!