バドミントンのサーブが上達する秘訣?

ダブルスでのサーブ上達の秘訣サーブの打ち方

バドミントン上達にはサーブはとても大切です。サーブ上達する秘訣はどの様なことからなのでしょうか。

ダブルスシングルスでもサーブは1本目に必ず打つショットになります。

サーブから上達の秘訣を考えていきましょう。

 

 

ダブルスでのサーブ上達の秘訣

サーブの種類の使い分け

ダブルスのサーブではショートサーブとロングサーブの2種類があります。

ダブルスでのサーブは、基本はショートサーブになります。

 

その理由は、ロングサーブを打ち、それを攻撃された場合に、ダブルスのサーブラインは浅いので、通常のスマッシュよりも強打が来る可能性があります。

少しわかりにくいと思うので、図で解説します。

ダブルスでのサーブ上達の秘訣

ダブルスのサーブで対角に打つことになります。

ロングサーブでは、赤い矢印の先が一番奥となります。

ここからスマッシュを強打されるのと、通常のラリーになってからスマッシュが打たれる場所は後ろの青いラインです。

スマッシュを青ラインから打たれるのと、赤ラインから打たれるのでは威力も変わってきます。

 

なので、体勢を崩した状態でロングサーブは良いですが、体勢十分に打たれると強打が来るということを覚えておきましょう。

 

相手によってサーブを使い分ける

 

ショートサーブではレシーバーのプレッシャーが強い時は1度ロングサーブで相手にロングサーブがあることを意識させることも良いかと思います。

また、それでも前にプレッシャーをかけてくる場合には、ロングサーブを主体に試合を展開していっても良いです。

その時の相手によりサーブを使い分けていきましょう。

 

サーブの間合い

 

サーブの間合いとは、サーブを打つまで時間をさします。

サーブの間を置かないですぐに打つ選手もいますし、逆にじっくりと間を取ってからサーブを打つ人もいます。

 

サーブに時間をかけて行くと、相手によっては体がグラグラしたり、自分の張っている方向へバランスを崩すレシーバーもいますので、その逆にサーブを出して行くのも手段です。

 

なので、冒頭で『ダブルスの基本はショートサーブ』とお伝えしましたが、それもケースバイケースと言うことになります。

ロングサーブを打ち続けて、コースを読まれてしまったのであれば、そのままロングサーブを打たないでショートサーブに切り替えていくことも良いです。

 

同じテンポのサーブ

 

同じテンポのサーブを打つと相手にも読まれやすくなります。

逆にテンポを崩して打てば相手もテンポが狂い、飛び出すタイミングが崩れます。

 

では、どの様にテンポを変えるかと言うと、単純に1、2、3でサーブを打っているのであれば、1ー、2ー、3ーや1、2、3、4などにテンポを変えていく様にしてみてください。

2種類だけでも相手にとってはテンポが合わせにくくなります。

 

 

 

視線で相手の間合いを崩すサーブ

 

視線と言うのは正直で打ちたい方向へ目線は向かうものです。

特に初心者さんで多いのは、打ちたい方向を目でおっていたり、視線がその向きにいってしまうことが多いです。

 

それを利用して、わざと打たない方向をみて、サーブをすると相手が目線を追っていた場合、少なからず反応が遅れます。

それによりプッシュのタイミングを外したり、相手のバランスを崩し、良いショットを減らすことができます。

 

 

 

関連記事

→ レディースバドミントンのダブルスの【サーブまわり】と相手を崩す3つのコースとは

 

 

 

シングルスでのサーブ上達の秘訣

 

シングルスでのサーブは以前は世界大会でもロングサーブが多かったですが、ショートサーブからの展開が得意な選手や戦略としてスマッシュをまずは打たせないということからショートサーブからいくことが多く見受けられます

 

世界大会の女子選手ではロングサーブからスタートさせる場合が多いです。

今後は変わって来るかもしれませんが、今のところではこのような感じです。

 

初心者さんでシングルスのサーブを悩んでいる人はロングサーブから始めると良いかと思います。

理由は、同じ初心者同士で対戦するとなると、後ろに下が打つのが苦手な人が多いからです。

 

なので、しっかりと奥までロングサーブが打てるように練習していきましょう。

 

ショートサーブを上達させるには

 

ショートサーブを上達させるには

ショートサーブを上達させるにはどこに山の頂点を作るかがポイントです。

上の画像はコートをサイド側からみた図になります。

左からサーブをしています。

 

この時に赤い矢印では、ネットを超えてから山の頂点がきています。これだとレシーバーにプッシュを打たれる可能性があります。

 

逆に青い矢印では、サーブを打った後に山の頂点があるので、相手にプッシュされにくいです。

なので、まずは山を手前に作るようにする意識してみてください。

 

ロングサーブを上達させるには

ロングサーブを上達させるためにもっとも重要なのは、ショートサーブと同じフォームで打つまでロングサーブだとわからせないことが重要です。

シングルスでのロングサーブでは高さを出すようにすることで、相手は打ちにくくなります。

また、弾道を低くすることで、スマッシュを打ちごろのロングサーブになるので、スマッシュを想定したレシーブをすることもできます。

関連記事

→ 【バドミントン】のロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類

 

 

また、ロングサーブでは、コントロールが難しく、シャトルや体育館の影響を受けやすいショットになります。

できる限りコントロールができるように練習して、試合などでは、試合前に体育館のコンディションやシャトルの飛び具合など、感覚をつかめるとよりいいですね。

関連記事

→ 『バドミントンのサービスが浮いて困る』どうしたらいいですか?

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンのサーブが上達する秘訣?について解説させていただきました。

サーブはバドミントンで1打目に打つ重要なショットなので、是非とも色々と工夫をしていきたいショットですね。

 

サーブには・・・

  • シングルスのサーブ
  • ダブルスのサーブ

があります。

また、種類も・・・

  • ショートサーブ
  • ロングサーブ

があります。

 

それぞれの特徴はわかりましたでしょうか。

また、サーブの間合いを変えることで、相手はとてもリズムを合わせにくくなり、テンポを崩すことができる様になります。

プレッシャーが強い時には、無理にショートサーブを打ち、浮いて叩かれてしまうくらいであれば、相手のプレッシャーを一度弱めるために、ロングサーブで牽制して、次にショートサーブをしても相手がプッシュをしづらい様にしていくことも作戦の1つです。

テンポを変えていく方法もお伝えしましたが、また、体や首の動きなどを入れて、タイミングを外している人もいます。

試合になるとサーブよりもラリーを見入ってしまいますが、どんなラリーを行うためにもこのサーブ1つで状況も変わってきてしまいます。

なので、それだけ大事なのがサーブです。

是非とも意識して練習に取り組んでもらえることでサーブも上達しますので、色々と試していただきたいと思います。

 

サーブの関連記事はこちらです。

関連記事

バドミントンの【豆知識】 相手のサーブレシーブで動きや足運びがわかるようになる 

関連記事

→ バドミントンのサーブが床から115センチになるの?

 

 

また、バドミントンのDVDなどを探している方はこちらをチェックしてみてください。

サーブからどこを張るべきなのか、なぜそこを待つべきなのか。

そのようなことがわかる初心者向けのDVDです。

 

 

実際にスゴバド管理人が視聴した感想はこちらからご覧いただけます。

バドミントン【上達DVD】8つの特典付!?の評価と口コミ初心者が3カ月で・・・有田浩史の“ゼロから始めるテクニック” !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました