バドミントンを3,4,5,6歳から。ペアの決め方
バドミントンを3,4,5,6歳から。ペアの決め方
バドミントンを3,4,5,6歳から。ペアの決め方

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントンを3,4,5,6歳から。ペアの決め方というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンの開始年齢3,4,5,6歳から

 

バドミントンを始めるのに、世界で通用している選手の開始年齢が昔以上に早まってきています。

 

これが、良い事なのかどうなのかは、皆さんにお任せしておきます。

実際に競技年齢が下になればなるほど、競技熟成が早まるのも事実です。

 

そして、オリッピック選手が生まれてくるのです。

なかには、そういった親御さんもこのようなブログに遊びにきてくれてるのではないでしょうか。

 

 

 

ジュニア育成の為の関連記事です。

バドミントンのペアの決め方

 

ここでは、3,4,5,6歳のペアの決め方ではなくて、

学生さん全体のペアの決め方について

解説していきます。

前の章でも解説しましたが、

そのチームの指導者の方針やチームカラーがあると思います。

それによりペアの決め方は変わってくると思います。

例えば、個人戦であれば

  • 大体同じ位のレベルの子をペアで組ませる。
  • 仲の良い子同士をペアで組ませる。

団体では

  • バランスを考えて強い子と弱い子をペア組ませる。
  • 2つ取れば良いという考えで2つ強い子達でペアを組ませる。

などそれこそ、チームカラーで組ませ方があります。

これが良いというものはありません。

良いとするものがあるとすれば、そのチームカラーに合わせたペアが良いです。

例えば、普段は仲良くみんなで勝とう!とチャッチフレーズのようにやっているチームが

いざ、試合になったら弱い子は出さないとかだと、困りますよね。

バドミントンを3,4,5,6歳からやらせる親御さんのなかには、

スポーツをして礼儀を覚えさせるために入れている人も

いるので、やはり指導する側の人間が明確にチームカラーを

示してあげるのがいいですよね。

また親御さんはそういった曖昧なチームに属せずに、

しっかりと考えが決まっているチームに子供を預けるほうがいいと思います。

また近くでそういったチームが見つからない場合などはこのブログを頼りにしてもえれば嬉しいです。

 

バドミントンを3,4,5,6歳から始めると

 

バドミントンを3,4,5,6歳から始めて行えることが限られます。

こんなに幼少のうちから、アウターマッスルを鍛えてしまうと、その段階では良くても、成長段階で支障をきたします。

 

練習メニューや練習方法も大人と同じようにやっても故障になりますので、きちんとした指導者の元で

競技としてバドミントンを教わることが理想です。

 

バドミントン開始年齢3,4,5,6歳からの指導

 

ジュニアの指導を行っている方にもその指導者の考え方。

そしてジュニアクラブの考え方なども大いに影響してきます。

あなたが親御さんならば、その考え方や方針を必ず入部前に聞いておくべきです。

 

当然ですが、独学で教えるには、かなり厳しいと思います。

例えるならば、英会話です。

 

英会話を覚えるためには、独学で覚えることも当然できます。

そして、英会話の教室へいくこともできます。

 

当然、同じ時間を独学で行うのと、英会話教室へ行くのとでは学ぶスピードに差が出てきます。

当然、英会話教室に通ったほうが有利になります。

 

バドミントンでも同じです。

やはり独学で行うよりも指導者のいる所でやるほうが良いです。

 

しかし、環境がないけど、やらせたいというのなら、バドミントンマガジンやバドミントンの本や

今ではオリンピック選手や活躍していた選手が指導DVDなども出しています。

 

あなたにあった方法で行うのがよいでしょう。

続けて行くとバドミントンでの繋がりも出来て、良い指導者に巡り会うこともあるでしょう。

 

しかし、なかなかジュニア用3、4、5、6歳に向けて指導書やDVDが出ていないのが現状です。

なので、日本でナンバーワンのジュニア指導者が出しているDVDを今回はご紹介します。

 

 

日本1のジュニア指導者の奈良岡監督に教わりませんか?

naraokakantoku

子どもの身長を気にしている親御さん、運動神経がすこし鈍いのかな?

と心配されている保護者のかた。

 

始めたのが遅いからコンプレックスになっているお子さん。

この浪岡ジュニアのDVD日本で一番の指導者から直接指導を受けてみてください。

 

お子さんに自信がつきます!

奈良岡監督は子どもの能力は関係ない。

 

引き出すものだと考えています。

多くのメディアにも取り上げられています。

 

 

 

badomagahoka

浪岡ジュニアDVDの購入特典?評判?

 

 

 

 

浪岡ジュニアのDVDはとてもわかりやすくなっています。

 

 

 

 

浪岡ジュニアのDVDに特典があるわけではないのですが、奈良岡監督がDVDの中で指導してくださっているのが、既に特典ですが・・・・

 

さらに【スゴバド購入特典】浪岡バドミントンDVDに・・・

*スゴバドだけの【特典】を準備しました。

外部からDVDをご購入頂いた場合には、手に入らない特典です。ご注意ください。

スゴバドからご購入いただくと、『スゴバドゴールド会員』になります。

『スゴバドゴールド会員』には『スゴバドゴールド会員』専用のメルマガで、バドミントンの上達に役立つプレゼントとバドミントンの簡単に上達するテクニックなどをご紹介しています。

*もちろん通常のメルマガではお知らせしていない内容です。

詳細

⇒ 【期間限定】スゴバドからバドミントンDVD購入者【8大オリジナル特典プレゼント】

 

 

仮に奈良岡監督がコーチをしてくれたら、この浪岡ジュニアDVDの内容を全ては教えてもらえないでしょうし、コーチ代と考えても安すぎるくらいです。
評判も上々です。

在庫がなくなれば販売しなくなります。

浪岡ジュニアのDVDは早めに入手するべきでしょう。

 

浪岡ジュニアの指導DVD(一部公開)

指導内容なども一部公開しています。

バドミントンをやられていない保護者でも練習を手伝う事のできるメニューを載せています。

 

浪岡ジュニアDVDはセンスやハンデを乗り越えられる指導方法

 

バドミントンは他の競技と比べて生まれ持った才能や能力だけで左右されるスポーツではありません。

 

自分の潜在能力を生かすことで、勝つことができる懐の深い競技です。
体が小さいこれから成長段階のこどもたちでも『勝てるステージ』があります。

運動能力だけで勝負が決まるわけではないので、指導次第では、上達する幅が大きく変わってきます。

 

勝てる選手になるか、勝てない選手になるかは、お子さんの特性を最大限に生かせるかどうかです。

体格・運動能力の差はどんなことでカバーできると思いますか?

 

動くに特化した技術をジュニア選手のころに覚えることです。

それだけで、これからのバドミントン試合で結果を残せるようになってきます。

潜在的にバドミントン強化をしていく浪岡ジュニアDVD

 

ジュニア選手の潜在能力は、成長期には無限大です。
この成長に合わせて、それぞれのこどもの特性を最大限に引き出すのが、指導者の腕の見せ所でもあります。

 

その点でいえば、幼児・小学生・中学生までみている浪岡ジュニアならではの練習メニューが充実しているのがいいですね。
練習メニューとしては、やはり体の基盤となる軸を作ることが多いです。
基本練習は華やかな練習ではありませんが、ジュニア選手目線でのトレーニング法によって最速でバドミントンスタイルが変わってきます。
この最速の練習でしっかりとしたトレーニング法を基盤にすることで、ジュニア選手の潜在能力がどんどんあふれるように引き出されていくのです。

 

販売元の特徴

 

販売元の特徴として、DVDには限定性を持たせていますので、無くなれば販売しなくなります。

なので、いつ浪岡ジュニアのDVD買えなくなるかわかりません。

 

子どもを強く成長させるかは親の選択で大きく変わる

 

これ以上ない指導者からの『教え』を聞けるチャンスを逃さないでください。

たかだか1本のDVDで『明るい子どもの未来』が手に入れられるのならどれほど、素晴らしいものでしょう。

 

今日中の入手しておくことを強くオススメします。

 

 

 

浪岡ジュニアDVDの購入の流れ(分割払いも可能です)

 

 

ステップ1

公式サイトはこちらをクリックしてください。

============

⇒  annai

============

ステップ2

公式サイト内の最下部のオレンジ色のバナー『お申し込みはこちら』をクリックして下さい。

============