バドミントンのハイバックの簡単な持ち方・打ち方・握り方・フォーム(動画あり)

こんにちは。スゴバドです。「ハイバックショットて見た目簡単なのになんでできないんだろう」それは・・・今回は簡単ハイバックショットの持ち方・打ち方・握り方・フォーム(動画あり)というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

⇒ 自己紹介

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。次の章ではバドミントンのハイバックショットとはどんなショットなのかを解説していきます。

バドミントンのハイバックの簡単な持ち方・打ち方・握り方・フォーム(動画あり)
バドミントンのハイバックの簡単な持ち方・打ち方・握り方・フォーム(動画あり)

バドミントンのハイバックとは(持ち方・握り方・打ち方)

バドミントンでハイバックというのはネットに背をむけて打つバックハンドで打つショットの事を言います。ハイバックでの持ち方やハイバックでの握り方に悩んでいる人も多いと思います。ハイバックは以前までは、バックハンドグリップで握っている人が多かったと思います。バックハンドグリップでハイバックを打つと手首の稼動域に制限がかかります。

その為、力が伝わりにくくなってしまいます。ハイバックショットを打つ場合は、通常のイースタングリップで対応します。

場合によっては親指の位置を少しずらして、グリップの8角形の一番面積の狭い部分に親指をそえます。ハイバックショットを打つときの場所も重要になります。

ハイバックショットを打つ場合、ネットに背中をみせます。真上でインパクトを迎えては力は伝わりません。ハイバックショットでは斜め前でシャトルをインパクトすることが重要になります。ハイバックの打ち方も普通のショットとは違うのでどう打てば良いのかスゴバドでも解説しにくいショットのひとつです。

次の章では、ハイバックショットはバドミントンのどんな時に使うショットなのかを解説します。

ハイバックショットで変わるラリー展開

ハイバックショットが使える様になるとバック奧に詰められた場合でもハイバックショットで返球出来るので、回り込む必要がなくなります。ハイバックの打ち方を覚えるとプレーの幅も変わってきます。勿論、ハイバックショットばかりに頼ってはいけません。しかし、ラウンドでも追いつけない、その最悪の状況から抜け出す事ができるのがハイバックショットです。

ハイバックショットは覚える優先順序は低いかもしれまえんが、段々とレベルが上がってきてバック奥を狙われて、困っているあなたはこのページに訪れているのかもしれませんね。

次の章では、バドミントンのハイバックショットのラケットの持ち方と握り方は動画で確認しながら覚えてもらえると簡単ですが、解説します。

バドミントンのハイバックとバックハンドの持ち方と握り方の違い

バックハンドとハイバックショットの持ち方と握り方は基本違います。バックハンドで握る時はグリップがグリップエンドからみて八角形になっていますが、一番面の広い部分に親指を載せますが、ハイバックで打つ時にここに親指を乗せてしまうと手首の稼動域が狭くなります。

つまり手首があまり自由が効かなくなってしまうのです。そこで、親指を2番目に広い面に置くか、一番面の狭い所に置きます。あとは、あなたの持ちやすい握り方を探ってください。ここに置く事で先ほどより、手首の自由が効くのがわかりますか?これが、ハイバックショットでの持ち方と握り方です。

解説がわかりにくかったあなたは動画でも同じ様な解説を実際のラケットを使用しておこなっていますので、下にある動画でも持ち方と握り方を確認してください。

バドミントンでハイバックショットを打ちたいなら

私も以前はハイバックショットは打てませんでした。仲間とノック形式でトスしてもらいハイバックショットの練習を沢山しました。時間はかかりましたが今では人並みに返球できるようになりました。しかし、私が培ったノウハウとインターネットに載っている情報で簡単に素晴らしいプレーヤーや指導者が情報を発信してくれています。

練習はとても大切です。時間をかければ精度もあがります。でも遠回りをしないでください。ハイバックショットは難しいショットではありません。ここのブログを見て貰えればどんなショットでもすぐに上手になります。是非ハイバックショットをマスターしましょう。

ハイバックで遠くまでシャトルを飛ばす打ち方、握り方

ハイバックショットは力を入れすぎては飛びません。インパクトの瞬間にだけ力はいれます。構えて、打点の下までいき、打つまでは力を抜いていきます。棒を振るのではなく、しならせて弾くイメージでハイバックショットを打ちましょう。この動画でよくわかるのが、ハイバックを打つ前、打った後に力を入れていない事。

遠くにハイバックで飛ばそうと思う程、打ち方、フォームは崩れるので、インパクトの瞬間の握り方と持ち方をしっかり意識いていきましょう。

 

ハイバックでのバックハンドスマッシュの打ち方

 

ハイバックでのバックハンドスマッシュの打ち方で重要なのは、『ひじ』です。ひじを支点にインパクトを迎えることでバックハンドスマッシュがきちんと打てるようになります。また、頭や上半身を無理に動かさないで、骨盤の上に上半身を乗せるイメージで打てるとバックハンドスマッシュも安定します。

 

ハイバックでのバックハンドスマッシュの練習方法

試合中にハイバックでバックハンドスマッシュを打つシーンとしては、ラウンド奥に追い込まれたときが一番多いのではないでしょうか。しかし、形ができていないうちから、追い込まれた場所からのバックハンドスマッシュは難しいかと思います。なので、最初はネット前からバックハンドスマッシュを練習してみてください。

 

ハイバックスローモーション動画

こちらのハイバックのスローモーションでもハイバックを打つ前に力みを感じません。

また、こちらの動画ではスローモーションでハイバックが見れるので、何度も確認しながらハイバックを確認して欲しいと思います。

動画確認のポイントは、ハイバックを打つ時の肘だけを一度みたら、今度はハイバックの握り方を見て・・・

と何度も違う場所を1つだけ確認していきます。

最後にハイバック全体を確認するとよりショットの理解が深まると思います。

ハイバックのインパクトの瞬間を解説(動画)

ハイバックのインパクトの瞬間を解説してくれています。

ハイバックの打ち方が固まるとそこから色々なショットが打てる様になります。

これだけ多彩なショットがハイバックから打てたら、ラリーの自由度も高まります。

この中で行っているハイバックショットは沢山ありますが、出来れば2つ。

  • ストレートの前に落とすハイバックドロップ
  • ストレートの奧に送るハイバッククリア

これを優先して覚えて貰いたいと思います。

ハイバックショットを覚えるのに重要なこと

ハイバックショットを覚えるのに重要なことは、とにかくタイミングを覚えることです。

ハイバックショットは、ラケットの持ち方、握り方もそうですし、打ち方やフォームも動画を確認してもらえれば、見えてきたとおもいます。

イメージトレーニングはばっちりですよね。

あとは実践なんです。

ハイバックショットを実践するときは、基礎打ちでもそうですが、何しろ力まない事です。

弾くイメージでインパクトをむかえてください。

ハイバックショットがあなたの武器になればいいですね。

 

また、反復練習をしなくてはなかなか上達しないのがこのハイバックショットです。

ハイバックで打つという感覚を身につけるまで大変かもしれませんが、根気よく練習を行なってください。

 

ハイバックショット打点の意識

 

ハイバックショットでは、高い所で取ればいいわけではありません。お手本の動画の中には打点が高いものが多いです。

しかし、よく考えて見てください。試合の時にハイバックを使うシーンはそれほど高い打点でハイバックショットを打てるでしょうか?

そうですね。追い込まれているため、どちらかというとスレスレ間に合う場所で取らなくてはならない。そうした打点を意識していくとより実践に近くなると思います。

 

その打点とは、頭の横(目のラインあたり)でも大丈夫です。目線に合わせて打つことでショットも安定しますので、そのあたりでシャトルを返球できるようにハイバックショットを練習すると実践に近くなります。

 

バドミントンのバックハンドやその他のラケットワークを最短で学ぶ

ハイバックは初心者には特に難しいラケットワークとされています。しかし、上達段階で言えば、早くに覚えることができれば、初心者をいち早く抜け出す方法とも言えます。1

例えばラケットを購入したらハイバックやバックハンドが上達できるでしょうか?

おそらく、振り抜きが良くなることや、扱いやすくなることはあるかと思います。同じ自己投資をするのであれば、良い教材に巡り会うことができれば、上達も早くなりますよね。

ハイバックやラケットワークに関してのオススメ教材をこちらに載せておきますので、よろしければご覧ください。

『ゼロから始める!ダブルスのフォーメーションと攻防』監修【有田浩史】の口コミと評価