バドミントン【基本】とイースタン・ウエスタンの手首と素振り

バドミントン基本

『基本の練習を知りたい』という人や「イースタンてなに?」という人の為に今回は解説していきます。今回はバドミントン基本イースタン・ウエスタンの手首と素振りというお話をしていきます。初心者の方や始めたばかりの方、練習方法の基本を知りたい方におすすめの情報です。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

基本の練習方法

 

 

基本を覚えてしっかりとした打ち方を覚えましょう。シャトルを当てるという作業から覚えていきます。その時の基本としては、サイドハンドストロークからの方がシャトルの感覚がつかめると思います。

⇒ バドミントンのサイドハンドストローク打ち方スロー動画あり

 

 

サイドハンドストロークを覚えるとその後のオーバーヘッドストロークを覚えるのに楽です。徐々に打点をサイドハンドストロークからオーバーヘッドストロークよりにあげていくといいでしょう。お試しください。

 

⇒ バドミントンのオーバーヘッドストロークのフォアとバックを覚えよう。動画あり

 

これで基本の打ち方をマスターできると思います。なかなか当たらない人もいるかもしれませんが焦らずに頑張りましょう。今、なかなか当たらなくても、他の人ができていても、問題ありません。今しっかりと当てられるようになるまで努力しているほうが、後から上達も早くなるので、焦らずに時間をかけるつもりで基本をやっていきましょう。

 

バドミントン基本イースタン・ウエスタンの手首

 

バドミントンの基本のグリップはイースタンになります。

基本のイースタンで握らないと、手首の稼動範囲が狭くなり、強いショットが打てなくなります。

イースタンは画像の様な持ち方です。

スクリーンショット 2015-12-08 15.22.36

またウエスタンでは基本バドミントンでは持たない方が良い理由もあります。

基本、バドミントンでは手首を使うショットが多い為、手首の稼動する範囲が狭まってしまうのと、無理矢理に強いショットを打とうとしてウエスタンのまま手首を使うと手首痛めたりその他の故障の原因になります。

それではウエスタンの握りを確認しましょう。

スクリーンショット 2015-12-08 15.22.49

この握り方がウエスタンです。

ウエスタンではこの状態でガット面が見えています。

ですから、このまま真っすぐに手を出せば当たるので、初心者の人がどうしてもこの握り方(ウエスタン)をしてしまいます。初心者のうちはウエスタンでもシャトルに当てる事が出来るので、問題がない様に思えますが、実は上達したときに色々なショットが打てなくなったり、手首の動かせる範囲が狭いため、ショットの力がいつまでたっても上がりません。

なので、出来る限り早いうちにバドミントンの基本の握り方イースタンでシャトルに当てる練習が必要になります。

テニスは基本がウエスタン

スポンサーリンク

私はテニスに詳しくないので間違っていたらコメントください。

テニスから転向してバドミントンを始めた人でもウエスタンが多いのは、恐らく、テニスでは手首を固定して行うスポーツだからではないでしょうか。

ラケットもテニスボールも重いので手首を使うとすぐに故障してしまうから、基本ウエスタンで持っているのではないのでしょうか。

バドミントン基本の素振り

 

 

バドミントンの基本中の基本と言えば素振りです。

イースタンでシャトルに当てるのは、なかなか難しく感じると思います。

逆にウエスタンの人はすぐに当たるかもしれませんが、出来るだけ早い段階でイースタンにしてください。

手首を痛めます。

イースタンでシャトルに当てるのが何故難しいかというと、握っている状態でラケット面がみえないからです。

それを身体全体を使い、手首の稼動範囲を利用して、シャトルに当たる瞬間だけ、面を作るので難しいのです。

 

バドミントン基本イースタン・ウエスタンの手首と素振り

バドミントンのイースタングリップとウエスタングリップの違いはわかりましたでしょうか。

イースタングリップで握ることにより、手首の自由が大きく使えるので、上達していく上では非常に大事な握りになります。

 

また。ウエスタングリップが初心者の人に多い理由もあります。

それは、面を作って当てることができるため、どうしてもウエスタングリップになりがちです。

初心者のうちにウエスタングリップになってしまうとなかなかイースタングリップに切り替えることが難しくなりますので、初心者のうちにイースタングリップの握り方で素振りを覚えましょう。

 

イースタンを早く上達させる方法は基本

イースタンの握りを早く上達させる方法は基本を忠実に行う事です。

まずはイースタンの握りをしっかりと覚えて、素振りです。わからなくなったらもう一度自分の手を見て再確認してから、素振りです。

早く上達には素振りをイースタンを「意識」して何度も行うことです。

覚えてしまえば、毎日歯ブラシで歯を磨く様に勝手にラケットがシャトルに当たる様になります。

大切なのは意識と繰り返しの素振りです。

是非、頑張ってください。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

素振りやラケットのフォームをしっかりと覚えよう

素振りやラケットのフォームを学ぶ為の近道のひとつとして、上手な人のマネや教えることが上手な人に教わったりするといいです。

ここでは、ラケットのフォームを完全にマスターする為のDVD教材をご紹介します。

綺麗なフォームを手に入れたい人には是非おすすめのDVDです。

詳しくはこちらからご覧ください。*このDVDの評価なども行っています。

バドミントン【上達DVD】8つの特典付!?の評価と口コミ初心者が3カ月で・・・有田浩史の“ゼロから始めるテクニック” !

 

 

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントン基本イースタン・ウエスタンの手首と素振りということでお話をしてきました。