バドミントンのサイドハンドストローク打ち方スロー動画あり

 

バドミントンのサイドハンドストローク打ち方スロー動画あり
バドミントンのサイドハンドストローク打ち方スロー動画あり

こんにちは。スゴバドです。「サイドハンドストロークの打ち方がわかりにくい」では、スローの動画では?

今回は打ち方の種類サイドハンドストロークスロー動画ありというお話をしていきます。

 

 

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントン診断↓

バドミントンの打ち方の種類サイドハンドストロークとは

 

バドミントンの打ち方のひとつの種類をサイドハンドストロークといいます。

サイドハンドストロークとは横から打つショットの事です。

ドライブショットを打つ時に活用します。

サイドハンドストロークは中間地点でのショットになるため、大振りにならない打ち方にすることが大切です。

サイドストロークを打てる様になると、相手にスマッシュを打たれ、そのショットが浮いてきた時に切り返しでドライブが打て、相手にスマッシュの連打を打たせなくて済みます。

更にそのまま詰め込んで守りから攻めへ一気に代わる切っ掛けを作ってくれるのが、サイドハンドストロークの役割でもあります。

サイドハンドストロークのバックハンドをスロー動画でみてフォームを確認

 

サイドハンドストーロークのバックハンドを動画でみてみましょう。

必ず身体の斜め前にシャトルを当てるポイントを持ってきています。

動画がスローになった時にグリップエンド(根元の部分)が最初に見えていますね。

肘を中心にラケットを立てているのが分かります。

脇の下を締めすぎたり、逆に脇の下を開きすぎたりするとラケット操作がうまくいきません。

ラケットを立てる為にも脇の下は握りこぶしくらい開け、リラックスした状態で振り抜きましょう。

横打ちでラケットを立てると何が得か?

横打ちでラケットを立てると何が得か?
横打ちでラケットを立てると何が得か?

何故、横で打つ時にラケットを立てる必要があるかを説明します。

サイドハンドストロークでラケットを寝かせた状態で振ると、下から上にしかシャトルを打てません。

対戦相手からすると、この人は下からしか打って来れないんだな。

とわかってしまいます。

これがサイドハンドストロークでラケットが立っているとどうでしょう。

ドライブも打てるし、柔らかいショットも打つことが可能です。

逆に相手の人は、何を打って来るか分からないので簡単に前には詰めてこれなくなります。

バックハンドのサイドハンドストーロークを覚えると色々な種類のショットが繰り出せる様になる

 

サイドハンドストロークでここまでのショットの種類が打てるのはとても素晴らしいですね。

腕の使い方はアンダー気味になってもオーバー気味になっても基本はサイドストロークです。

脇の開き方でどこでインパクトするかを調整しているのが、分かります。

中級者以上の人は足運びや膝の使い方を参考にされると良いですね。

頭が上下にあまり動いていないのも確認できます。

頭が動いてしまうと身体がぶれたり、シャトルを確認するのにフレームショットや空振りに繋がります。

 

サイドハンドストローク以外のストロークは?

サイドハンドストローク以外のストロークも2種類あります。

  • オーバーヘッドストローク
  • アンダーハンドストローク

です。

オーバーヘッドストロークは上から打つショットになります。

アンダーハンドストロークは下から打つショットになります。

 

関連記事

 

 

フォアハンドのサイドハンドストロークの打ち方を動画で確認していきましょう。

 

フォアハンドのサイドハンドストロークでも同じくグリップエンドからラケットが出て行きます。

ラケットを立てる=リストスタンドで解説をしています。

肘は流れない様にしてください。

こちらの動画の方は2015年の福井県で行われた、全日本シニアの年代別チャンピオンですね。

是非とも綺麗なサイドハンドストロークを参考にしてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

今回は打ち方の種類サイドハンドストロークスロー動画ありということでお話をしてきました。

 

サイドハンドストロークの打ち方を覚えてもらうことで、オーバーヘッドストロークにもアンダーハンドストロークにも活用できるバドミントンの基本動作なのでぜひマスターしていきましょう。

 

基本的な動きを覚えたいのであれば動画での習得も良いです。

視覚で学びたい方はYouTubeもお勧めします。

 

また、教材として基本の打ち方を学びたい方はスゴバドがお勧めしている教材があります。

よろしければ、のぞいてみてください。

 

https://happy-with.bz/saitamasakae-rensyuhouhou-dvd/