バドミントンでのメンタル【ミスの後の行動】

ミスの後の行動

バドミントンでミスした後や失点したくない時にしっかりと得点を取ったときにあなたはどんな行動を取りますか?

 

 

今回は備忘録として残しておこうと思い記事にしました。

 

 

 

この記事を読んでご意見などを頂けると嬉しいです。

 

 

感情の波

 

例えば一点失ったあととてもリアクションの大きな人が居たりしませんか?

 

 

 

私の知り合いにも『リアクション王』とでも言いましょうかとても周りの雰囲気を盛り上げてくれます。

 

 

 

しかし、試合の時にそのリアクションを行うとミスが多くなっている気がしたのです。

 

 

 

周りも周りでその人がミスをするとちゃかすというか、盛り上がるので余計本人も『芸人魂』をだしてしまうのでしょうかね(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

波を抑える方法

 

先日大きめの大会があり、その本人の調子がいつになく良かったのです!

 

 

 

もう少しで優勝って所までいきましたが、残念ながら優勝はできませんでした。

 

 

 

試合を見ていても、いつもならミスする所をミスらない。

 

 

 

連続ミスが少ない・・・

 

 

 

なにか変だ。

 

 

 

周りも盛り上がらないです(笑)

 

 

 

試合が終わった後に話をしました。

 

 

 

できる限り、ミスしても点数を取れても大盛り上がりしない事にしたそうです。

 

 

 

感情の起伏が『わーーー!』と騒ぐと一気に崩れラリーに現れていたんでしょう。

 

 

 

それをやらなかったら、とてもラリーが落ち着いたというのです。

 

 

 

何かを掴んだこの私の知り合いはこれからもっと強くなると期待しています。

 

 

 

みなさんがもしも、このような事だけでもプレーが変わるかもしれません。

 

 

 

参考にしてみてください。

 

 

 

この知り合いは・・・・実は私の妻で(笑)

 

 

 

今後リアクション王としての活躍が見れないのは残念ですが、プレーで頑張って欲しいと思います!

 

 

 

みなさんも感情を抑えられるような方法をご存知でしたら、是非コメントください。

 

 

 

最後までありがとうございました。