バドミントンで胸が大きくなる。カロリー消費で痩せる

 

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントンでが大きくなる。カロリー消費で痩せるというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンで胸が大きくなる

今回はバドミントンの雑学とでもいいましょうか。バドミントンで胸が大きくなるかどうかについて解説をしていきたいと思います。

バドミントンでは下半身のみを使ったり、上半身のみを使う事は少なく、身体全体を使いショットを繰り出すことが多いスポーツです。

この章のテーマはバドミントンで胸が大きくなるかということですが、バドミントンで胸は大きくなります。

これは継続的な話なのですが、女性のバストアップとは若干違います。

胸は胸でも胸筋が大きくなる。つまりは胸筋が鍛えられるという意味です。

胸が大きくなる練習メニュー

すみません。過大広告のようになってしまいました。

バドミントンのショットの練習メニューには反復練習が非常に多いです。

その為、胸を大きくする要素はありそうですが、実際の所はわかりかねます。

通常のトレーニングにしてもストレッチ、インナーマッスル、アウターマッスルとそれぞれの部位を鍛えていきます。

基本的にアウターマッスルを鍛えれば胸は大きくなりますが、バドミントンでは、アウターマッスルのみを育てても、バドミントンの上達に直結する訳ではなく、怪我をしやすい筋肉を作ってしまうので、外側のみの筋肉トレーニングはやめましょう。

何事も加減があります。バランスよく胸も大きくしてください。

 

バドミントンはカロリー消費して痩せるかどうか。

スポンサーリンク

この章ではバドミントンはカロリー正気して痩せるかどうか。

ということについて解説していきます。

バドミントンのプレーのみの話でするとカロリー消費は若干しますが、残念ながら大きく痩せる事はないと思います。

なぜ、大きく痩せないかというと、バドミントン自体が無酸素運動だからです。

カロリー消費・痩せるを目指すなら、ランニングや水泳などの有酸素運動が適しています。

ただし、バドミントンのトレーニング・チャイナステップなどをピックアップしていくとカロリー消費と痩せる要素が大いにあります。

つまり、バドミントン自体ではカロリー消費と痩せる目的には適さないがバドミントンをレベルアップさせるために行うトレーニングなどで、カロリー消費と痩せる要素が大きいということです。

ダイエット効果の要素もトレーニングには含まれるということですね。

これで、あなたもトレーニングをだらだらやらなくなるのでは?笑

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントンで胸が大きくなる。カロリー消費で痩せるということでお話をしてきました。