【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンで【同じ場所】に打つと相手の◯◯◯◯がわかる

バドミントンで【同じ場所】に打つと相手の◯◯◯◯がわかるバドミントン戦術
この記事は約5分で読めます。
バドミントンで【同じ場所】に打つと相手の◯◯◯◯がわかる

バドミントンで【同じ場所】に打つと相手の◯◯◯◯がわかる

 

こんにちは。スゴバドです。「同じ場所に打つと見えてくることが・・・」

今回はバドミントンで同じ場所に打つという事というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

バドミントンのショットを見極める方法

バドミントンのショットを見極める方法のひとつに「同じ場所に打つ」という方法があります。

バドミントンで同じ場所に打つ事がショットを見極める事になる?

不思議ですね。

なぜ、同じ所に打つと見極められるのでしょうか?

まず始めに同じ所に打つメリットをお伝えします。

同じ所に打つ3つメリット

同じ所に打つメリットは3つあります。

  • 相手のパターンが見えてくる
  • 同じ所に打つのでミスが減る
  • コントロールが良くなる

なにかメリットが多いような気もします。それではひとつひとつ見ていきましょう。

 

同じ場所に打つと相手のパターンが見えてくる

 

スポンサーリンク

同じ所に打つ事で相手のパターンが見えてきます。例えば、スマッシュを相手の利き腕の肩口辺りに常に打つとします。すると、相手の返球コースが何種類返せるか見えてきます。

例えばそこから1ヶ所しか返球コースがない相手なら次にその返球コースを待つことができます。2ヶ所返球コースがある相手ならその返球コースを次に待っていればいいのです。予測無しで相手返球コースを待つより、次になにが返ってくるかを考えると非常に動きやすくなります。

また、ダブルスならパートナーと「肩口をねらうよ!」と言う事を話あっておくと、パートナーが相手のどこを狙っているかわかるので、次にどこからシャトルが飛んでくるかもわかりやすくなります。そしてなによりもコンビネーションが良くなります。

 

同じ所に打つのでミスが減る

これは同じ所に狙う事で無理なく一定の場所を狙うので、ミスが減ります。これが、無理矢理逆サイドのコートすれすれを狙うとなるとミスをすることも多くなりますが、同じ所で肩口とかだと、「身体」というターゲットもあるので、狙いやすく、コートの内側に狙い所も来るためサイドアウトするようなミスも減ります。

 

コントロールが良くなる

実はこの同じ場所に打つという事。やってみると意外と難しいことがわかります。そうなんです。普段あまり「意識」しないで打っているのです。同じ場所に打つ事をやり続ける事でコントロールが良くなります。狙いたい場所に打てる力が育ちます。

 

あなたが同じコースを狙われ続けたら

 

あなたが同じコースをずーーーーーっと狙われ続けたらどんな風に感じますか?嬉しいですか?それとも嫌ですか?狙われる場所にもよりますか?ここで感じたことを相手にすることが相手にとって、とても嫌な事なのです。

嬉しいと感じた人はどんなショットの返球コースも多く持っている人だと思います。それはそれで素晴らしいですよね。では、次に同じ場所に打つデメリットも解説しておきます。

 

同じ場所に打つデメリット

同じ場所に打つ事でのメリットを話ましたが、当然デメリットもあります。このメリットを読んでいる最中に気がついた人もいるでしょう。ずばり、デメリットは「打ってくる場所がバレてしまう」という事です。なんだ!じゃあ使えないじゃんと思っている人は早計です。

 

デメリットから得られるメリットでラリーに勝つ

同じ所に来るのがわかっている相手は打って来る場所がわかるので、そのショットで何かを仕掛けてきます。しかし、最初に説明した返球コースのパターンを分析している私たちはそのコースに返って来る事も知っています。

なので、

  • そのコースを潰された相手の選手は他の対戦相手なら決められるショットが決まらなくなるので、焦ります。
  • また、同じ所に打たれます。
  • どうしよう次はどこに返せばいいんだろう????

 

となります。なので、デメリットは相手に打つ場所がばれてしまうことなのですが、むしろバレて良いのです。そこから、返球コースの少ない相手なら簡単に攻略できる様になります。ただし、これは相手を攻略する為の方法の1つです。

方法はこれだけではなくてシングルスなら4隅にしっかり散らす方法とかダブルスならば、返球コースのパターンや攻めるパターンを作ることなど色々な方法があります。

 

しかし、どれも必要なことは「意識」してショットを打つ事が大切であり、コントロールを付けないとならないのです。なので、その方法として簡単に行なえる最初の方法として、「同じ場所に打つ」という話をしてきました。

関連記事

→ バドミントンシングルス初心者からの戦術と上達する練習

 

まとめ

同じ場所に打つと

  • 相手のパターンが見えてくる
  • 同じ所に打つのでミスが減る
  • コントロールが良くなる

というメリットがあります。なので、まずは同じ場所を狙う練習をしてみてください。

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントンで同じ場所に打つという事ということでお話をしてきました。

 

中級者以上のシングルス・ダブルスを強化

 

中級者以上の人で、中学生以上の人を対象にした内容で高校強豪校の練習方法やポイントを知ることのできる教材をご紹介します。多くの日本で活躍する選手を輩出している高校でもあります。

中級者以上を対象にしたバドミントンの教材はあまりないので是非、手にとって欲しいです。

公式サイトはこちらからご覧ください

バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. りんか より:

    バドを中学から始めた現在中2の女子です。
    私は一応校内では強い方なのですが、最近勝てなくなった相手がいます。その人は力で押すタイプの、戦術は正直考えていないような感じで、ほぼクリアとスマッシュぐらいしか打たず、ネット前でも無理やりプッシュしてくるような人で、私が苦手とするタイプです。私は参考として、うまい小中学生の試合の動画や大会を見たり、家で素振りをしたりなどと努力してます。でもそれをよく見てるからか、セオリー通りの戦い方ではその人には通用せず、想像がつかないような斜め上をいっていて、それに対応できずに悩んでいます。初心者の戦い方の自己流の人に、前は勝っていたのに負けるようになって、本当に悔しくてたまりません。私はどちらかというと、相手をコントロールして得点を得るタイプなんですが全部ドライブぎみでどう対応すればいいかわかりません。自分にもなんらかの原因があるのだろうとは思うんですが、それが分からず悔しいです。ほぼクリア、スマッシュしか打たない人には、どういう風な戦術で戦えばよいでしょうか? 長くなってすみません。

    • スゴバド より:

      りんかさん

      コメントありがとうございます。
      バドミントン経験2年目なのですね。
      コメントから伝わることでお話をさせていただきますね。

      まずは、相手の選手もりんかさんと同じく上達しているということですね。
      コメントの内容ではわかりませんが、もしもりんかさんが速いショットへのレシーブが苦手だとしたら、
      相手選手は強いショットを打っていけば勝てると思いスマッシュとプッシュを多く使っているのかもしれません。

      そして、相手の選手も上達しているので、ミスも1年前よりは減り、決まることが多くなり、りんかさんが負けているのかもしれませんね。

      厳しい言い方ですが、いま現状ではりんかさんがコントロールして試合ができていなくて、相手にコントロールされている状況だと言えます。
      まずは、相手のほうが今は強いということを認識して、取り組む姿勢が大切です。

      最初にこの話をしたのは、りんかさんが負けている原因とも思えるからです。
      相手の上手な所、相手が苦手な所をすばやく見つけてラリーをしていく、これが相手をコントロールをしている状態だと言えるからです。
      気分を害してしまったら申し訳ございません。

      次に、技術面でのお話ですが、努力されて色々と研究もしていると感じます。

      シャトルコントロールをどのようにしていくのか。
      この点について考えていきましょう。

      たとえば、スマッシュがメインの選手であれば当然打ちたいので、打たせないようにする。
      このようなことが有効です。

      当たり前のことを言っているようにおもうでしょうが、これが難しいと思うのです。
      なのでもう少しやることを簡単にしていきます。

      余裕のある状態でスマッシュを打たせない。
      これならどうでしょうか?

      たとえば、フォア奥からスマッシュを相手が打ってきたら、カウンター気味にラウンド奥に返す。
      たとえば、ラウンド奥からスマッシュを打ってきたら、2球目はドライブ気味に腰よりしたあたりに返球する(2球以上スマッシュを打たせない)
      などなど

      このような少し展開の速いショットを混ぜるということです。
      そうすることで、相手のひとは得意の奥にはいるものの、スマッシュは思うように打てない、前にはなかなか行けない。
      このような状況になります。

      また、スマッシュなどもドライブ気味なのであれば、構える場所を最初から高めに構えて、
      下からレシーブをしないで、こちらもドライブで切り替えしていけばよいかと思います。

      これがすべてではありませんが、参考にしていただければ嬉しいです。

      • りんか より:

        コメントありがとうございました。
        この質問をした時はその人に初めて負けて、悔しくて相談させていただきました。今日試合をして、その相手には余裕で勝つことができました。この前負けた時は不調で、不の連鎖が続いていたばかりに動揺し、私の方が戦術を考えられなくてロブで上げてばかりでした。今日は、今までどちらかというと守備ばかりだったので今日は少し攻撃の方も頑張ったら(もちろん攻めばかりでないけど)相手は逆に守備に弱かったので勝つことができたのかなと思いました。今日は余裕もあって、調子良くできました。私はいつも、結構メンタルに左右されて不の連鎖が続く事が多く、出来る時と出来ない時の差が激しくて調子の波が大きすぎるんですよね…。どうすれば良いんでしょうか?
        今このコメントに気づいたのでスゴバドさんのアドバイスのほうはできなかったのですが、今度試したいと思います。あと一年頑張ります。ありがとうございました。また参考にさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました