【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンシングルス初心者からの戦術と上達する練習

バドミントンシングルス初心者からの戦術と上達する練習バドミントン上達
バドミントンシングルス初心者からの戦術と上達する練習
この記事は約9分で読めます。

 

バドミントンシングルス初心者からの戦術と上達する練習

バドミントンシングルス初心者からの戦術と上達する練習

シングルスの戦術

戦術としてシングルスでは1対1で動くために、

相手が届かない場所に追い込んでいくことが勝敗の鍵を握ります。

 

世界ランキングに入る人たちの試合などをみていると、なぜ色々な方向にラリーが展開しているのだろう。

などと思うことがあるかもしれません。

それは、1本では決まらないからです。

何本も動かして相手が甘いショットを打ってくれるまで、相手がミスをしてくれるまで続ける。

これがシングルスになります。

 

では、具体的な戦術について考えて行きましょう。

 

 

サービスでの戦術

サービスでの戦術

サービスでの戦術

サービスでの戦術にはショートサービスとロングサービスを使い分けることができます。

2種類だけしか無いかというとそうではありません。

まずはサービスラインの4隅に振り分けていく方法と高さを変えていく方法があります。

 

あまりにも前に構えている対戦相手であれば低めのロングサービスを打つのも良いです。

反対に後ろにポジションを取っている相手であれば、ショートサービスが効きやすくなります。

また、後ろにポジションを取っている相手は、ラリー中も後ろを守るのが苦手な場合が多くなります。

 

コートに寄せる戦術

コートに寄せる戦術

コートに寄せる戦術

シングルスコートの4隅の1箇所、または半面に相手をとどめさせる戦術もあります。

例えば上の図のように、どこにシャトルが来ても1箇所にシャトルを返球するという戦術です。

 

この戦術の場合、相手がミスをするか、または甘いショットが来た時に違う場所に打ったり、スマッシュに切り替えていくことで決定打になりやすくなります。

また、何本か連続で1箇所にシャトルを集めると、他の場所への反応も遅くなるので、そこを狙っていくのも良いでしょう。

 

コートを大きく使う戦術

コートを大きく使う戦術

コートを大きく使う戦術

コートを大きく使い相手を動かす戦術もあります。

例えば、上の図のように1から2へと動かすような動きをとり、相手のスタミナを削る方法です。

デメリットもあり、相手を動かす分、あなたから遠い場所から返球がくるので、相手が良い状態で取ってきたら、それだけ厳しい場所に返球がくることになります。

スタミナに自信がある人はこの戦術で勝負していくのも良いでしょう。

 

コート半分にポジショニングする戦術

コート半分にポジショニングする戦術

コート半分にポジショニングする戦術

 

シングルスの戦術としてコート半分を使ってスタミナを温存していく戦術もあります。

例えば、上の図のようにコート半分にみて、返球が来た側、つまりストレートにしか返球をしない戦術です。

 

このようにすることで、自分自身があまり動かなくて良いので、スタミナの温存にもなります。

斜めの動きが苦手な人は、この戦術を軸にしていくのも良いでしょう。

 

また、当然ですが、相手もクロスに返球してくるかもしれません。

ずっと、ストレートに打つことは難しいことはわかるかと思います。

なので、あくまでも軸として、基本ベースとして返球コースはストレートという戦術になります。

 

関連記事

バドミントンで【同じ場所】に打つと相手の◯◯◯◯がわかる

 

シングルス初心者が行うこと

バドミントン初心者がシングルスで上達するための重要なポイント

バドミントン初心者がシングルスで上達するための重要なポイント

シングルスの上達について考えている人は非常に多いかと思います。

ジュニアから始めればシングルスから入ることが多いですし、シングルスができればダブルスも動けるようになるからです。

つまり、シングルスでフットワークを覚えていくことでバドミントンの上達に繋がっていくということになります。

では、どのような練習を行っていけば良いのでしょうか?

シングルスでの上達ポイントについて考えていきたいと思います。

シングルスは一人で動かなくてはならない競技なので、まずは動ける範囲を徐々に広げていくことが大切です。

 

そのためにはフットワークが非常に重要になってきます。今回はフットワークを中心にシングルスの上達方法をみていきましょう。

 

シングルスはフットワークに慣れていくこと

バドミントン初心者がシングルスで上達するための重要なポイント

バドミントン初心者がシングルスで上達するための重要なポイント

バドミントン初心者のシングルスでは、フットワークに慣れていく必要があります。そのためにはまず動けることです。

全面で考えるといきなり広がるので、最初は小さなブロックから考えてフットワークをしていきましょう。

前後のフットワーク

 

シングルスのフットワークでも初心者が難しいと思うのは前後のフットワークです。

シングルスのフットワークで例えば、ネット前の処理から後ろに動かされた時には大きく後ろに下がらなくてはなりません。

その時に後ろへ動く動作というのはバドミントン特有の動きなので、とても動きにくいものです。

 

最初の動きとしては、この前後のフットワークを取り入れてみてはいかがでしょうか。

シングルスの上達に必ず重要な動きになります。

 

初心者さんは特に前後の動きが不慣れだと思うので、動きを覚えていきましょう。

 

 

左右のフットワーク

 

左右のフットワークはスマッシュなどがきた時に、対応したり、飛びつきで対応できる場合に必要になります。左右のフットワークを覚えることで、斜めに動く感覚もついてきますので、コート感覚を身につけながら、覚えていきましょう。

 

斜めの2点フットワーク

 

斜め2点のフットワークも同様に行っていきましょう。

斜めへのフットワークはシングルスでもっとも多い動きになります。

 

なので、この斜めの2点フットワークがスムーズにできるようになるとシングルスも上達します。

  • 左前・右前の2点フットワーク
  • 左後・右後の2点フットワーク
  • 左前・左後の2点フットワーク
  • 右前・右後の2点フットワーク
  • 左後・右前の2点フットワーク
  • 右後・左前の2点フットワーク

この6種類の2点フットワークがあります。

 

 

3点フットワーク

 

3点フットワークは基本となるシングルスの動きを多く取り入れた実践に近い形のフットワークになります。

  • 左右の前・右後の3点フットワーク
  • 左右の前・左後の3点フットワーク
  • 左右の後・右前の3点フットワーク
  • 左右の後・左前の3点フットワーク

この4つがあります。

慣れるまではパターンにして順番を決めてフットワークをして、慣れてきたらランダムで行ってみてください。

 

指示出しフットワーク

 

指示出しフットワーク

指示出しフットワーク

 

画像でご説明します。シングルスでの6箇所へ青丸の指示係がネット前に立ち指示を出します。

選手は赤丸で6点の指示に出された方向へと動きます。

 

例えば、10~20回程度を1セットとして行ってみてください。

初心者のうちは10回ラリーが続くことがあるかないかだと思います。

1ラリーを想定した回数で行うと実践(試合)に近い形で良いです。

 

秒数でも良いです。

やり方は管理しやすい方法で良いです。

 

逆指示フットワーク

 

指示出しフットワーク

指示出しフットワーク

 

画像でご説明します。シングルスでの6箇所へ青丸の指示係がネット前に立ち指示を出します。

選手は赤丸で6点の指示に出された方向と反対へと動きます。

 

例えば、10~20回程度を1セットとして行ってみてください。

初心者のうちは10回ラリーが続くことがあるかないかだと思います。

1ラリーを想定した回数で行うと実践(試合)に近い形で良いです。

 

秒数でも良いです。

やり方は管理しやすい方法で良いです。

 

シングルスのサーブについて

 

シングルスのサーブはフットワークと同じでとても重要になってきます。

何と言っても1打目に必ず打つショットであり、例えばミスをすればそれだけで1点取られてしまうのです。

 

なので、サーブが入らなくては、試合にならないのです。

サーブに関しての関連記事はこちらからご覧ください。

 

関連記事

バドミントンのロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類

 

インターハイ常連校の練習方法

 

【限定8特典付き】埼玉栄高校【バドミントン部】の練習方法上達革命DVDの評価・評判は?山田秀樹コーチ監修

【限定8特典付き】埼玉栄高校【バドミントン部】の練習方法上達革命DVDの評価・評判は?山田秀樹コーチ監修

シングルスだけではなく、上達する方法として、このようなサイトを確認してもらうのもとても良い方法だと思います。

また、この他の方法としては、YouTubeなどで上手な人の動画をみるのも1つの方法です。

しかしYouTubeでは細かい指導方法まで解説してくれているものはありません。

 

詳しく指導方法などを視覚的にみていくのは、バドミントン指導DVDなどが良いです。

インターハイの常連校が行っているDVDを実際にスゴバド管理人がみた感想を記事にしました。

 

よろしければ併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました