バドミントンミックスダブルスのコツ(戦術)

ミックスダブルスの戦術が知りたい」とよくお問い合わせをいただきます。コツがありますのでミックスダブルスを覚えると男子ダブルス、女子ダブルスも上手になります。是非トライしてください。

今回はバドミントンミックスダブルスのコツ(戦術)というお話をしていきます。

バドミントンミックスダブルスのコツ(戦術)
バドミントンミックスダブルスのコツ(戦術)

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンのミックスダブルスとは

 

バドミントンのミックスダブルスとは男子1名女子1名で組んでダブルスをやるバドミントンの種目です。

基本的なルールは男子ダブルス、女子ダブルスと同じです。

男子と女子では異なる部分が多いので、ミックスダブルスはとても難しい競技かもしれませんね。

 

バドミントンミックスダブルス攻撃編( 渡边勇大・東野有紗)YouTube動画

バドミントンミックスダブルス攻撃編( 渡边勇大・東野有紗)のYouTubeでの動画をご覧ください。

渡辺選手の多彩なショットに、東野選手の瞬発力とても見応えがあります。

 

ミックスダブルスが勝てるコツ

ミックスダブルスの勝利のコツは勝てば女性のお陰。負ければ男性の弱さです。

バドミントンはイギリスから来た紳士のスポーツです。女性を立てられない男性は女性と組んでミックスダブルスをやる資格はありません。また女性もおおらかな気持ちで男性のミスを見過ごしてください。笑

たまにミックスダブルスの試合で女性に罵声を浴びせている男性がいますが、負けているのはあなたが全て悪いのです。もし、ミックスダブルスでそんなに負けるのが嫌なら、その方とは解散してもっと凄いパートナーと組めば良いのです。

 

ミックスダブルスで弱い男子の特徴

ミックスダブルスで弱い男子の特徴
ミックスダブルスで弱い男子の特徴

ミックスダブルスで負けているのは罵声を浴びせている男性が悪い?これには根拠もあります。例えばミックスダブルスで女性がチャンスのプッシュをネットにひっかけてしまった。とします。男性が女性に「なんであんな単純なショットをミスするんだ。次は絶対に決めてくれ。」と罵声を浴びせた事で、女性は萎縮してしまいそのあと本来の力は出る事はありません。

男性がそうさせてしまったのです。

 

ミックスダブルスでのメンタルフォロー

ミックスダブルスでのメンタルフォロー
ミックスダブルスでのメンタルフォロー

この時の女性に「あそこでプッシュを打った事で、相手は焦っていたね。立ち位置も下げる事ができた。次に同じシャトルがきたら、今度はプッシュもヘアピンも打ってくると相手は思うから、好きな様に料理してやろう」

などと声をかけたらミックスダブルスのパートナーの女性に自信を持ってもらえるのではないでしょうか?ミックスダブルスでは連続得点と連続失点の多い競技です。それはなぜかというと、それだけミックスではパートナーとのメンタルの動きが大きいということなのです。

ですからミックスダブルスのコツは、その波を抑えることです。個人個人をみれば強い相手でも勝ててしまう事があります。お互いを尊重することでミックスダブルスを成長させてほしいと思います。

 

 

 

ミックスダブルスの基本的なコツ(戦術)

ここでは基本のコツ・戦術をお伝えします。

ミックスダブルスは男子と女子が組む種目です。

男子の特徴と女子の特徴を掴み上手に役割分担をすることが重要です。

ここでは一例をあげていきます。男子だから絶対そうだとは限りません。

男子の特徴

  • スマッシュが速い
  • フットワークが早いのでコートカバーができる
  • 女子よりミスが多い
  • ヘアピンが苦手

女子の特徴

  • ラリーが男子より上手い
  • 男子よりミスが少ない
  • 細かいショットやハーフショットが得意
  • 早いショットは苦手

こんな感じであげてみました。

実際にダブルスを行う時に男子ダブルスでは上がってきたらスマッシュを打つのが基本になっています。

逆に女子ダブルスでは、レシーブがよくそれなりにスマッシュが速くても決まりません。ラリーが出来る女子が基本になります。

ダブルスでも男女でこれだけ違うのです。ミックスの組み立てがいかに違うかが分かります。

では、仮に上記の様な特徴を持つ二人が組む場合と想定して話を進めていきます。

ミックスのトッパンとは?

トッパンとは・・・トップアンドバックのことを指します。

関連記事⇒ バドミントンダブルスの【ローテーション】戦術とフォーメーション

ミックスでトッパンになる場合、男性が後衛、女性が前衛になるのが基本になります。しかしあくまでも基本です。

中には、後衛から前衛に詰め込んで来る男子もいて、その方が基本的なトッパンよりも決定率が良い場合もあります。

最終的には、ペアとミックスをしてみて、どちらが良いのかを決めれば良いです。

 

では、なぜミックスのトッパンでは、前衛が女子で、後衛が男子のことが多いのか?

これは単純に前衛でこまいかい処理をするのがうまいのが女子で、後衛でガツガツ動いて、ショットも早いのが打てるの人が多いのが男子だからです。

 

こう考えると、役割分担がしっかりできる意味でもトッパンというのは理に叶っていますね。

次の章からは、ミックスのコツや戦略などを解説させて頂きます。

 

 

自分たちの強みをフォーメーションに活かすコツ・戦術

男子がスマッシュに自信があり、女子がヘアピンなどの細かいショットなどに自信があるのなら、出来る限り、男子が後衛、女子が前衛のトップ&バックにフォーメーションしていきましょう。

当然強みを活かした戦術なので、ショットも決まりやすくなります。

ミックスダブルスのコツ・戦術では女子を狙え!は大間違え。

他のサイトの戦術などではミックスは女子を狙うのがコツと伝えていますが、正解ではあるのですが、大きい枠で捉えすぎているので、鵜呑みにしては勝てません。

では、どういう戦術が良いのでしょう。

  1. スマッシュでサイドバイサイドの女子を狙い男子のポジションを女子よりに引きずる。
  2. 男子が女子の守備範囲に入ってきた所で逆サイドを狙う。

ミックスダブルスの画像でもみてみましょう。

ここではサイドに男子が女子にスマッシュを打つ戦術です。レシーブ側の男子の位置もみてください。

二人で守るには良い場所です。

ミックスダブルスのコツ・戦術では女子を狙え!は大間違え。
ミックスダブルスのコツ・戦術では女子を狙え!は大間違え。

次のショットでのレシーブ側の男子の立ち位置をみましょう。

女子よりに男子が来ています。こうなると反対側が、がら空きになります。

そこでスマッシュを打っている男子は女子を狙うのをやめて逆サイドにスマッシュを打つ戦術に変更します。

ミックスダブルスのコツ・戦術では女子を狙え!は大間違え。
ミックスダブルスのコツ・戦術では女子を狙え!は大間違え。

こうしたことで、女子を崩しながら、男子の穴を作り男子も崩すという戦術です。

ミックスダブルスではこうした狙いを定めて、コートの反対側にオープンスペースを作ることで相手の穴を大きくしてから反対を攻める戦術の他に、次の解説の様にセンターをあえて狙いオープンスペースを作る戦術もあります。

ミックスダブルスのコツ・戦術その2

次のミックスダブルスの戦術でも女子を狙いますが、ただ女子を狙わずに男子も触りたくなるコースを狙います。

ミックスダブルスのコツ・戦術その2
ミックスダブルスのコツ・戦術その2

赤い点線の場所です。

男子と女子の間で女子寄りに狙っていく戦術です。

これにより、女子よりに打っていっても、男子がそわそわして手を出してしまうケースがよくあります。

そうすると、二人の間では、どこまでがわたしの守備範囲だろう?と悩みます。
そのあとのラリーでは接触事故やスルーをしてしまう事や反応が遅れるなどといったことが起きます。

それにより展開が楽になることもあります。
また、センターに狙う時のコツは強いショットで打つ事も大切ですが、足を動かせてから取らせるようなカットやドロップの様なショットも時折入れていくのもコツです。

両パートナーがフットワークをして、センターにきたカットやドロップなどに足を運べば、どちらともパートナーがいくのではないかと迷ったり、どちらとも触りにいき接触事故が起きたりとするので、非常に有効な戦術です。

ミックスダブルスのコツ・戦術女子を後ろに下げる

 

ミックスダブルスで後ろから相手がスマッシュを打つなら男子に打たれるのと女子にスマッシュを打たれるのどちらが良いですか?

大抵の場合男子に打たれる方が嫌でしょうね。

女子でもスマッシュの速い人も沢山いますけどね(汗
そんな例外な場合は男子を奧にやれば良い訳ですが、大抵の場合は女子を後ろに下げるとわたしたちがレシーブをしていれば、少し楽になれますよね?

そこからのリターンで守りから攻撃へ交替する戦術です。

ミックスダブルスのコツ・戦術女子を後ろに下げる
ミックスダブルスのコツ・戦術女子を後ろに下げる

私たちが奧のコートだとします。

相手の女子を奧にやったとします。

そこからの戦術です。

赤矢印で相手がスマッシュを打ってきました。

女子がスマッシュの処理をしますが、この時に前衛の逆サイドが空いているので、そこに落とします。(青矢印)
そのまま女子は前衛に入りプレッシャーを与えます。

そうする事で、相手の男子はロブを上げなければなりません。

男子が後ろ移動しているのでトップアンドバックの形ができました。

ミックスダブルスではこのように女子が、いかに女子に打たれた所で前に入りながら前衛に入るか。

がミックスダブルスのコツになります。

この戦術が全てとは言いませんが、これもひとつのミックスダブルスの戦術です。

次にサーブで出来るミックスダブルスの戦術(コツ)を解説したいと思います。

ミックスダブルスサーブ戦術(コツ)では女子にロングサーブを打つことも忘れずに

ミックスダブルスでは出来る限り女子が前にいる方が良い戦術というのは前の解説でもお伝えしました。

その中で簡単に女子を後衛にできる戦術(コツ)を解説していきます。

つまりサーブ1本で女子を後ろに下げて、わたしたちのダブルスを楽に展開することができます。

それがロングサーブを打つという戦術です。

なーんだ、こんなことと思うかもしれませんが、これ意外と重要なコツです。

ロングサーブを打つ事でショートサーブも厳しいショットが減ります。

是非試してみてください。

ただし、相手の状況によりロングサーブばかりを打つのか、ショートの比率を多くするのはミックスダブルスのパートナーと話しましょう。

特に男女が組む競技なので、戦術ではないですが、話し合いでこんなことを取り決めしておいたり、

試合中に相手の状況をみて戦術を話あうのもミックスダブルスのコツです。

 

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントンミックスダブルスのコツ(戦術)ということでお話をしてきました。