バドミントンのドライブレシーブで展開を有利にする手段

 

バドミントンのドライブレシーブで展開を有利にする手段
バドミントンのドライブレシーブで展開を有利にする手段

こんにちは。スゴバドです。相手に「このレシーブやだな・・・」て思われたいなら・・・

今回はバドミントンのドライブレシーブで展開を有利にする手段というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

バドミントンのドライブレシーブとは

バドミントンでドライブレシーブとはスマッシュやドライブやプッシュを対戦相手から打たれた時に打つ返球のレシーブのことを指します。

 

基本的には、基礎打ちのドライブをイメージしてもらえれば良いです。

ドライブレシーブの有利な展開に持っていく手段

どんな使い方があるかというと、

  • スマッシュを打たれた時に2本連続で打たせないようにするため
  • 守りから攻めに切り替えたいときの手段
  • フルスイングして打ってくる相手の胸元に打ち、次の返球を詰まらせる

 

 

ドライブレシーブは「攻め」のレシーブと思ってもらえればわかりやすいと思います。

 

ではひとうひとつ掘り下げていきましょう。

スマッシュを打たれた時に2本連続で打たせないようにするため

相手がスマッシュが得意な選手や速い選手ならドライブレシーブで崩すことができます。

 

相手はスマッシュを打ちたくて、ロングレシーブが来ることを待っています。

 

そこにスマッシュの打てないドライブレシーブにストレスを感じます。

 

つまり打たせないことで、相手の展開にさせない

 

これができます。

 

 

守りから攻めに切り替えたいときの手段

レシーブはロングレシーブが代表格でレシーブと言えば上げること!!

になっている選手も多いと思います。

 

確かにしっかり奧まで上げれることはレシーブではとても大切なことです。

 

しかし、攻撃の時を思い出してください。

 

ずーーーーっとスマッシュを打ち続けたり、ずーーーーっとドロップを打ち続けていては、相手は慣れてしまい、そのショットが来るのを待ちます。

 

それと同じでロングレシーブしかないプレーヤーなんだなぁーと思われてしまいます。

 

なので、ドライブレシーブをして、攻めのレシーブもできるプレーヤーなんだ!!

 

思わせることで相手は警戒してくれます。

 

フルスイングして打ってくる相手の胸元に打ち、次の返球を詰まらせる

フルスイングをしてスマッシュを打ってくる相手には特にこのドライブレシーブは効きます。

そして、スマッシュが速い相手だとなおのこと効きます。

 

これは、スマッシュが速ければ、速い程、ドライブレシーブで返球した時にシャトルの戻りが速くなり、相手はラケットを上げる前にドライブレシーブが到達します。

 

なので、ドライブレシーブを胸元に返すと、フルスイングしている相手の返球は大抵ラケットを上手に扱えず、甘いショットになります。

 

また、同じく、ドライブレシーブよりも緩く打ち、足下に返球するのも有利です。

 

ドライブレシーブのデメリット

ドライブレシーブのデメリットはレシーブをドライブレシーブばかりにしているとそのコースを相手の前衛に読まれてしまうことです。

 

特に、ゆるめのドライブレシーブを打った時は相手の前衛に捕まりやすくなります。

 

コースを少なくても左右に振り分けられる練習をしていきましょう。

 

ドライブレシーブを練習する手段

ドライブレシーブの練習は基礎打ちの時に試合をイメージしておこなってください。

 

できれば、ドライブの時。ではなくて、スマッシュのレシーブをしている時がベターでしょう。

 

スパーリングパートナーにもその旨を話ておいて、数本に一度ドライブレシーブで返球してみてください。

 

スパーリングパートナーもドライブレシーブの練習になるのでとても良い練習になるはずです。

 

部活やサークルなどでは、時間が限られていると思います。

 

その中で、いかに練習の中に試合を「意識」することが上達の秘訣です。

 

 

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンのドライブレシーブで展開を有利にする手段まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンのドライブレシーブで展開を有利にする手段ということでお話をしてきました。

 

バドミントンでは、レシーブを大きく返球するということはとても大事ですが、それを続けていると結局いつまでも不利な状態から抜け出すことができません。

ラケットの機能性も上がった現在ではレシーブをできる限りしない攻撃に変わるドライブレシーブなどがゲーム展開でも要求されるようになってきました。

 

是非とも、練習の時から意識をしてドライブレシーブを使えるようにしていきましょう。

 

関連記事

→ バドミントンダブルスの【ローテーション】戦術とフォーメーション