バドミントンのオープンスペース1つで相手は崩れる

 

バドミントンのオープンスペース1つで相手は崩れる
バドミントンのオープンスペース1つで相手は崩れる

今回はバドミントンのオープンスペースで相手は崩れるというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

オープンスペースとは

オープンスペースとは、空いている場所と言う意味です。

バドミントンのオープンスペースは

  • 相手が勝手に作っている場合
  • あなたが作る場合
  • 相手がワザと作っている場合

 

があります。

 

実はこの3つのオープンスペース。あなたが3つとも覚えれば、とても心強い武器になります。

そして、このことをあまり意識できていない人が多いので対戦相手によっては面白いくらいにショットが決まるようになります。

 

ショット力に自信がないひとでも決まる楽しさがバドミントンにはあります。

これは日本トップ選手のラリーです。このラリーを普通の再生でみても、『なんだか凄い!!』で終わってしまうので、スローでも動画を流し、解説もつけてみました。

よろしかったらご覧ください。

それではひとつひとつみていきましょう。

相手が勝手に作っている場合

オープンスペースを相手が勝手に作っている場合。

 

この場合は、基本的に相手は無意識のうちにオープンスペースを作っています。

なので、オープンスペースを狙うと簡単に決まってしまうケースが増えます。初心者の人に多くみられます。シングルスならしっかり戻る事でオープンスペースは減らす事ができます。

 

ダブルスでオープンスペースが出来るのは、自分のポジションに戻らないで打った場所のままだったり、同じシャトルをパートナーと追いかけてしまった時にオープンスペースが出来やすくなります。

 

あなたが作るオープンスペースの場合

あなたが作るオープンスペースの場合
あなたが作るオープンスペースの場合

 

あなたが作るオープンスペース。私はこれが一番好きです。

シングルスの場合は同じ場所を狙い続けると、徐々に準備が遅れてきて、その他の3隅への対応が疎かになります。

 

足が止まりだしたら、そのオープンスペースに打っていくと決まりやすくなります。

 

ダブルスの場合は一人を集中的に狙うともう一人がジレて助けに来る事があります。その時に助けにきた側のオープンスペースは狙い目です。

 

徐々に寄せる方法でオープンスペースを作る方法もあります。

 

例えば、スマッシュをセンターに打ちます。その時に徐々に相手の身体より少し遠い所に打ちます。そうするとちょっとずつ対戦相手の距離が近づいてきます。これを繰り返すと、両サイドがオープンスペースになることがあります。

 

 

相手がワザと作っている場合

上級者になるとこうしたことをおこなう人もいます。

自分の一番好きな場所をワザとオープンスペースにしている場合があります。

 

落とし穴的発想ですが、こうした選手もいます。

また、オープンスペースも想定内として取りにきます。ただし、上級者でのラリーではこの1つでは崩れないけど、歪みを作る事が目的になります。

 

1本では崩れないけど、オープンスペースに打つ事で相手のショットが少しだけ甘くなるのを待つわけです。

 

気がついてもらえると嬉しいのですが、すべて「意識」を持てば習得できる内容なのです。

 

是非、覚えて欲しいとおもいます。

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

オープンスペースのまとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンのオープンスペース1つで相手は崩れるということでお伝えしていきました。

 

相手が自然に崩されてオープンスペースを作っている場合ならば、問題なくオープンスペースを狙っていきましょう。

また、待つためにオープンスペースがある場合があることがわかりました。

その場合には、あえてボディを狙っていったり、不利でなければ、オープンスペースにシャトルを出し、どのような戦術をしてくるのかを確認するのも1つの方法です。

 

バドミントンを戦術で考えていくのもとても楽しいですね。

関連記事を載せておきます。

よろしければ併せて読んでいただければ嬉しいです。

 

関連記事

バドミントンシングルス初心者からの戦術と上達する練習

 

バドミントンで【同じ場所】に打つと相手の◯◯◯◯がわかる