バドミントンダブルスの【ローテーション】戦術とフォーメーション

 

バドミントンダブルスの【ローテーション】戦術とフォーメーション
バドミントンダブルスの【ローテーション】戦術とフォーメーション

こんにちは。スゴバドです。「ダブルスのローテーション難しい!!」そんなことないですよ〜全日本の画像で面白い展開を・・・

今回はバドミントンダブルスのローテーション戦術とフォーメーションというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

ダブルスのラリーでのローテーション

 

ダブルスのラリーでのローテーション
ダブルスのラリーでのローテーション

ダブルスでのラリーを続けるコツはローテーションをして、なるべくコートの中に穴を作らないことが大切です。

上の図のようにダブルスは2人いるので、同じ方向に寄ってしまう反対側には大きな穴ができます。

そうすると赤枠の方向を狙われてしまうことも多くなります。

 

こうならないように均等に守と良いです。

 

バドミントンダブルスにおいてのフォーメーション

男子ダブルストップ&バックとサイドバイサイド
男子ダブルストップ&バックとサイドバイサイド

基本のフォーメーションは

  • サイドバイサイドと呼ばれる守備陣形
  • トップアンドバックと呼ばれる攻撃陣形

 

があります。

こちらの画像で解説すると手前側のコートがトップアンドバックの攻撃陣形のフォーメーションをとっています。ネット奥の2人がとっているのがサイドバイサイドの守備陣形のフォーメーションです。手前の白いユニフォームの9番の選手がスマッシュを打って攻めています。

白いユニフォームの8番の選手が前衛で捕まえようとしています。この時に黒いユニフォームのレシーブしている選手がずっと上げ続けていたら、ずっとサイドバイサイドのままになってしまいます。そこを打破して奥のコートの二人はトップアンドバックになりローテーションしたい訳です。

ではフォーメーションの中のローテーションとはなんでしょうか。

バドミントンのローテーションとは

 

バドミントンでローテーションとはトップアンドバックの選手が前衛と後衛が入れ替わることです。また、サイドバイサイドからトップアンドバック、トップアンドバックからサイドバイサイドへの移動もローテーションと呼びます。

フォーメーションの中で入れ替わり攻撃を続けるコツはローテーションにあります。ローテーションが上手くいかないと続けて攻撃ができなかったりします。守りから攻撃に替わるローテンションがうまくいくかどうかもふたりのコンビネーションもとても重要です。では実際にトップアンドバックからどのようにローテーションして前後が入れ替わるかを見ていきましょう。

トップアンドバックからローテーション前後の入れ替えして攻撃を続ける

トップアンドバック入れ替え1
トップアンドバック入れ替え1

手前の白いユニフォームの9番の選手が右奥の選手を狙いながらコート真ん中辺りまでせめて来ています。この時点で両チームともサイドバイサイドになっていますが、攻めているのは手前側のチームです。

トップアンドバック入れ替えのローテーション
トップアンドバック入れ替えのローテーション

そのまま前衛に白いユニフォーム9番の選手が入り、代わりに8番の選手が後衛からのアタックにはいります。つまりこれがローテーションです。今度は同じ場面に戻り奧の選手の打ち返すコースが変わったら?

というお話をします。

サイドバイサイドから攻撃体制トップアンドバックにローテーションするには。

男子ダブルストップ&バックとサイドバイサイドのローテーション
男子ダブルストップ&バックとサイドバイサイドのローテーション

今度は同じサイドバイサイドのフォーメーションからどうすればローテーションして守りから攻撃へ替われるかを説明していきます。奥の選手2人の動きに注目してみていきましょう。

赤い→はシャトルの動きです。黄色い→は人の動きを指しています。手前の白いユニフォームの9番のスマッシュを赤い→の方向へ打ちます。そのショットをドライブで返球します。

黒いユニフォームの選手がレシーブした直後に前に入ります。シャトルと同じ方向へ移動します。画面右側にいる黒いユニフォームの選手は後衛に回ることができます。

フォーメーションのサイドバイサイドからトップアンドバックに切り替わるローテーションをしたことになります。

また、手前の8番の選手はシャトルの処理をするために右サイドに移動しなければなりません。よって9番の選手もそのまま少し前にホームポジションをとりにいきます。

先ほどまで攻め陣形のトップアンドバックを取っていた手前の2人がフォーメーションでサイドバイサイドのローテーションをしなくてはいけなくなります。

フォーメーションの穴を無くしていくルールとは

 

サイドバイサイドで守っていて2人の間にスマッシュを打たれた時にあなたはどうしていますか?

簡単な解決方法を解説します。

バドミントンフォーメーションセンターからセンター
バドミントンフォーメーションセンターからセンター

スマッシュをセンターに打たれた時に、サイドバイサイドのフォーメーションで守っています。

この場合コートを二つに分けてより近い人がレシーブすればいいと思います。上の図のフォーメーションの場合は左側の選手側にシャトルが来ているので、左側の人が取ればいいです。

しかし、この場合非常に分かりにくくなります。

この対処法は後ほど解説します。

次に左奧からセンターに打たれた場合どうすれば良いでしょう?

バドミントンフォーメーション左サイドからセンター
バドミントンフォーメーション左サイドからセンター

左奥から打たれた場合は右の人が取りに行きましょう。

なぜか?

それはフォーメーションで左の人がセンターにきたシャトルを追ってしまうと、自分の身体から逃げていくシャトルを追う事になり、ミスに繋がりやすくなります。

一方、フォーメーションで右の人はセンターにきたシャトルは向かってくるシャトルなので左の人よりも取りやすくなります。

なので、右の人が取りいくとミスが減ります。

バドミントンフォーメーション右サイドからセンターを狙われた場合
バドミントンフォーメーション右サイドからセンターを狙われた場合

右奥から打たれた場合は左の人が取りに行きましょう。

なぜか?

それはフォーメーションで右の人はセンターにきたシャトルを追ってしまうと、自分の身体から逃げていくシャトルを追う事になり、ミスに繋がりやすくなります。

一方、フォーメーションで左の人はセンターにきたシャトルは向かってくるシャトルなので右の人よりも取りやすくなります。

なので、左の人が取りいくとミスが減ります。

という様に同じフォーメーションでも簡単なルールを決めておくだけで重なるミスは減ります。

関連記事

先ほどセンターからセンターに打たれたスマッシュは重なりやすいショットになります。

ではレシーバーの二人はフォーメーションでサイドバイサイドになったときにセンターからセンターへスマッシュを打たせなければ良いのです。

ですからレシーブは左サイド奥か右サイド奥にレシーブをすれば、フォーメーションを崩されにくくなります。

また下の記事の中でもフォーメーションで立ち位置を変えるだけでレシーブが取りやすくなり方法を解説しています。

関連記事

守りから穴を攻めてローテーション戦術を手に入れよう。

攻める場所や返球コースによりローテーションをしたりするのは出来そうですね。

しかし頭で分かっていても、簡単そうにみえても意外にやってみるとできないものです。

わたしも苦手です。

こんな練習からとりいれてみてはどうでしょうか?

ドロップ交互をバドミントンコート全面で4人で行うローテンション戦術

上記の解説がなんとなくわかってもらえたら、あとは実践です。

通常のドロップ交互を4人でおこなってみてください。

初めは出来る限りラリーをしてほしいのですが、1つだけやってほしい事があります。

ロブを上げるとき、ヘアピンを打つ時に、相手のコートの穴に必ず打ってください。

フォーメーションからローテーションを行いつつ、穴を狙う意識を忘れない様にしましょう。

スマッシュ交互をバドミントンコート全面で4人で行うローテンション戦術

上記のドロップ交互のローテーション戦術が出来る様になったら

次は通常のスマッシュ交互を4人でおこなってみてください。

初めは出来る限りラリーをしてほしいのですが、1つだけやってほしい事があります。

ロブを上げるとき、ショートリターンを打つ時に、相手のコートの穴に必ず打ってください。

チャリチャリ練習で守りから攻めへ切り返せる力を付ける

チャリチャリというインドネシアから来た練習方法があります。

自転車の事ではありません。インドネシア語で探すとか見つける事を指しています。

詳しい内容は記事にしてありますので、ご覧下さい。

チャリチャリ練習でドライブや速い連打に対応する力を付ける

 

上記の記事でのチャリチャリではシングルに関するチャリチャリを解説していますが、ここではダブルスでのチャリチャリを紹介します。

 

ダブルスでのチャリチャリでもサービスエリアのみでゲームを行ないます。

 

当然ロブを上げれば、スマッシュを打たれてしまいます。

 

なので、出来る限り低いショット、ドライブとプッシュを使い攻めます。サイドバイサイドの状態ですが、シャトルコントロールをしている人は出来る限り押して攻めていきます。パートナーはローテーションと同じ動きで対角に位置します。

チャリチャリではなかなか攻めていてもトップアンドバックになることは少ないです。

 

何故なら中盤から前での処理で速い球でのやり取りをするために、サイドバイサイドにならないと穴が大きくなるためです。

 

ローテーションをして、わざわざトップアンドバックになったのに、次の処理が遅れては意味がありません。

しかし、早い展開での、後衛・前衛を目指しているペアはあえてローテーションをしてトップアンドバックになるのも良いかもしれませんね。チャリチャリでは相手の穴に打とうと思う意識をしっかり持ってください。

また、穴がない場合などは、1人の人を狙い、サイド側にシャトルを集め、立ち位置を寄せたりして、オープンスペースを作ったりして、相手を崩すことを考えてみてください。練習中に意識して狙える様になると試合中でも自然に体が覚えていてくれます。是非、継続してがんばってみてください。

 

ローテーションで後衛から前詰めするショット(スマッシュからドライブからプッシュ)

 

ローテーションでは後衛からストレートに真っすぐにシャトルを出す事で、連打をすることが可能な場合があります。それが、後衛からスマッシュを打ち甘いショットをドライブして、更に真っすぐ打つ事により、プッシュのチャンスがあります。

これには2つの条件があります。

  • ストレートに打つ事
  • パートナーはその道筋にいない事

です。

ストレートに打つ事

 

スマッシュ・ドライブ・プッシュのどのショットもクロスに打ってしまうと次に万全の体勢でドライブとプッシュに繋げて、ローテーションで前へいく事も難しくなります。

なので、自分が詰めていく時は、ストレートにシャトルを打ち、そのままローテーションをしていきます。

パートナーがその道筋にいない

 

 

ということです。これも当然なのですが、パートナーになるひとが、後衛から攻めるショットの次のドライブを狙っていたら、道を塞がれたパートナー後衛からローテーションをしての連打ができなってしまいます。なので、オープンスペースを開けてもらえてることも大変重要なポイントになります。

ローテーションをする際に声をかけるのも良いでしょう。

また、スマッシュを打った後に素早く前に詰める準備をすれば、パートナーもローテーションの準備をしてもらえます。

 

 

バドミントンのダブルスのローテーション〜3打までのショットを研究したDVDは効果なし?

バドミントンのダブルスのローテーション〜3打までのショットを研究したDVD
バドミントンのダブルスのローテーション〜3打までのショットを研究したDVD

バドミントンでは、サービス⇒サービスレシーブ⇒3打目までのラリーで決まる事が多くゲームの中で半分くらいは3打目くらいで終わる事になります。

なので、この3打まででどのように攻めるか。守るかが非常に重要になってきます。

その内容を初心者〜上級者まで幅広く学べる教材がこのDVD『ゼロから始める!ダブルスのフォーメーションと攻防』です。

 

スゴバドでは、こちらを視聴して

  • 実際にはどのような方に向いているのか?
  • 本当に教材として使えそうなのか?
  • ダブルスで上達はできそうなのか?

 

などを検証しています。

詳しくはこちらの関連記事をご覧ください。

『ゼロから始める!ダブルスのフォーメーションと攻防』監修【有田浩史】の口コミと評価