上達のコツ!バドミントンの【アタックロブ】て何?

 

アタックロブ

こんにちは。スゴバドです。

今回は上達のコツ!バドミントンのアタックロブて何?というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

アタックロブとは

今回の記事はお問い合せがあったので記事にしました。

アタックロブに詳しく書いている記事があまりないとのことでした。皆さんのお役にたてば嬉しいです。

 

アタックロブを始めて聞く人もいると思いますので、カンタンに説明します。

アタックロブはその名の通り『攻撃的なロブ』のことを言います。

 

プッシュが上から下へ鋭く打つものだとしたら、アタックロブは下から上へ鋭く打つショットだと思ってください。

アタックロブの使い方

アタックロブはどんな時につかわれるのでしょうか。

 

アタックロブは言ってみれば、フェイントに近いもので、ネット前でヘアピンのように待ち構えておいて、相手が前に詰めてきた所で攻撃的にロビングを打つので、シングルスでも有利な展開へもっていくことができます。

アタックロブを上達させるコツ

スポンサーリンク

アタックロブは高い打点から繰り出されます。

ヘアピンが高い位置で取れないとアタックロブは打てません。

 

 

なので、ヘアピンが上達してこないと使えないです。

ヘアピンが高い位置で打てるようになれば、その打点から、ロブを上げることになります。

 

コツをつかめば、練習では動かない場面ならば、使えるかもしれませんが、試合になった時にアタックロブを使おうとするならば、フットワークして、高い打点でヘアピンが打てる体勢というのが条件になるので、技術的にも難しいし、予測もしてヘアピンが打てる状態にいなければならないです。

 

とは言え練習しないとアタックロブは打てないので、普段の練習からアタックロブを意識した打ち方を練習すると上達するでしょう。

 

 

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回は上達のコツ!バドミントンのアタックロブて何?ということでお話をしてきました。