【ジュニアバドミントン】で子供の成長を逆算して考える

 

こんにちは。スゴバドです。

今回はジュニアバドミントンで子供の成長を逆算して考えるというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

【ジュニアバドミントン】で子供の成長を逆算して考える
【ジュニアバドミントン】で子供の成長を逆算して考える

ジュニアバドミントンでの成長を考える

ジュニアバドミントンに限らず、男子ダブルス・女子ダブルス・ミックスダブルス・男子シングルス・女子シングルスでも良いのですが、子供の成長と私たち自身の成長も併せて考えていく必要があります。

 

例えば、バドミントンを始めたばかりの子どもに、「勝つ為にはピンチの時ほど焦らない精神力が必要なんだ!」と言ったとします。

 

まぁ子どもはチンプンカンプンですよね。

 

なので、ジュニアバドミントンで子どもに覚えて貰いたいのは、バドミントンが楽しいと思える事になります。

 

 

もし、最終的に「勝つ為にはピンチの時ほど焦らない精神力が必要なんだ!」と言う事を伝えたい時にはどうすればよいでしょうか。

 

こうした場合には、子どもの成長を逆算して指導していきます。

スゴバド子どもの教え方

ジュニアバドミントン指導は子どもの成長を逆算して行なう。

 

 

「勝つ為にはピンチの時ほど焦らない精神力が必要なんだ!」

というアドバイスは・・・

試合で実力は出せたのだけれども、ピンチになった時に弱気になった悔しさ

 

があるときにジュニア選手にかける言葉だとします。

 

その前の過程には・・・

試合で練習の時の実力が出せて勝てた時の嬉しさ

試合で練習の時の実力が出せなかった時の悔しさ

相手とのラリーに勝った時の嬉しさ

相手の打ってきたショットを返球出来なかった時の悔しさ

相手の打ってきたショットを返球できる楽しさ

ラケットでシャトルが当たる嬉しさ

 

と繋がっています。

つまり、初心者にいきなり「勝つ為にはピンチの時ほど焦らない精神力が必要なんだ!」

といっても仕方がないことがわかります。

 

楽しさと悔しさを繰りかえしてようやっと「勝つ為にはピンチの時ほど焦らない精神力が必要なんだ!」

というステージにきます。

 

ですから、ジュニアバドミントンで指導するときには、今この子はどのステージにいるのかな?

 

 

と考えることが大事なのです。

 

もし、あなたが保護者や指導者ならば、あとひとつ大事なことがあります。

 

それは、自己投資や子どもに投資をしてあげてください。

ジュニアバドミントン指導で自己投資をする

バドミントンの初心者が指導者をしてはいけない!ということは一切ありません。

 

でも、先ほどの章で伝えた様にステージによって様々な感情を子どもたちは抱きながら成長していきます。

例えるならば、バドミントンはパズルです。

バラバラになった状態から子ども達は手探りで上達する方法を探ります。

 

途中でこのピースはどの部分だろう?と悩んだ時に、的確に「凹凸のない部分が2辺あるから角4つのどれかだろう」と伝えなければいけません。


そこに、子どもが必要としている答えに辿り着けるようにヒントが出せるようにするのです。

 

その為には、あなた自身の投資は間違いなく必要です。

 

子どもの指導をするだけだから、勉強なんて必要ない!なんて思ったら、とんでもない事になります。

 

  • ジュニアバドミントンで教えている子どもがあなたの指導のせいで怪我したらどうしますか?
  • ジュニアバドミントンで教えている子どもがあなたのせいで引きこもりになったらどうしますか?
  • ジュニアバドミントンで教えていた子どもに逆恨みされたらどうしますか?

 

そうならないように、必要最低限の知識を入れておく必要があります。

 

もちろん、バドミントンは怪我がリスクは常にある競技です。

 

でも、それが、勉強していても起きてしまったことか、全くの無知で行なったことなのか、あとで大きな問題になるのは目にみえていますよね。

 

とある中学校の運動会で、組体操を10段やって骨折した子どもが出た事故がありました。

 

あれは事故というか事件ですよね。

 

そうならないようにするのが、指導者の役目ではないでしょうか。

 

その為には、最低でもバドミントンの本やDVDなどを取り寄せて読んだりして、バドミントンの知識を付けてほしいと思います。

 

どんな所にでも、バドミントンの教材は置いてあります。

 

今の時代はインターネットでの取り寄せもできます。

 

是非、知識を身につけてジュニアバドミントンの指導にあたって欲しいです。

 

 

指導方法に迷ったら・・・

 

 

日本1のジュニア指導者の奈良岡監督に教わりませんか?

naraokakantoku

子どもの身長を気にしている親御さん、運動神経がすこし鈍いのかな?

 

 

 

と心配されている保護者のかた。

 

 

 

 

始めたのが遅いからコンプレックスになっているお子さん。

 

 

 

 

この浪岡ジュニアのDVD日本で一番の指導者から直接指導を受けてみてください。

 

お子さんに自信がつきます!

奈良岡監督は子どもの能力は関係ない。

 

引き出すものだと考えています。

多くのメディアにも取り上げられています。

 

 

 

 

badomagahoka

浪岡ジュニアDVDの購入特典?評判?

 

浪岡ジュニアのDVDはとてもわかりやすくなっています。

浪岡ジュニアのDVDに特典があるわけではないのですが、奈良岡監督がDVDの中で指導してくださっているのが、既に特典ですが・・・

 

さらに【スゴバド購入特典】浪岡ジュニアDVDにお付けします。

*スゴバドだけの【特典】を準備しました。

 

 

外部からご購入頂いた場合には、手に入らない特典です。ご注意ください。

 

 

 

スゴバドからご購入いただくと、『スゴバドゴールド会員』になります。

 

『スゴバドゴールド会員』には『スゴバドゴールド会員』専用のメルマガで、バドミントンの上達に役立つプレゼントとバドミントンの簡単に上達するテクニックなどをご紹介しています。

 

*もちろん通常のメルマガではお知らせしていない内容です。

仮に奈良岡監督がコーチをしてくれたら、この浪岡ジュニアDVDの内容を全ては教えてもらえないでしょうし、コーチ代と考えても安すぎるくらいです。

評判も上々です。

 

 

 

在庫がなくなれば販売しなくなります。

 

浪岡ジュニアのDVDは早めに入手するべきでしょう。

浪岡ジュニアの指導DVD(一部公開)

指導内容なども一部公開しています。

浪岡ジュニアDVDはセンスやハンデを乗り越えられる指導方法

 

バドミントンは他の競技と比べて生まれ持った才能や能力だけで左右されるスポーツではありません。

 

自分の潜在能力を生かすことで、勝つことができる懐の深い競技です。

体が小さいこれから成長段階のこどもたちでも『勝てるステージ』があります。

 

運動能力だけで勝負が決まるわけではないので、指導次第では、上達する幅が大きく変わってきます。

勝てる選手になるか、勝てない選手になるかは、お子さんの特性を最大限に生かせるかどうかです。

 

体格・運動能力の差はどんなことでカバーできると思いますか?

動くに特化した技術をジュニア選手のころに覚えることです。

それだけで、これからのバドミントン試合で結果を残せるようになってきます。

 

潜在的にバドミントン強化をしていく浪岡ジュニアDVD

 

 

ジュニア選手の潜在能力は、成長期に合わせて無限に広がりをみせます。この成長に合わせて、個人の特性を最大限に生かしてあげられるかが、指導者の腕の見せ所でもあります。

練習メニューとしては、やはり体の基盤となる軸を作ることが多いです。

ただ、体幹トレーニングをやれば強くなる?そういうわけではありません。

基本練習は地味な練習です。

ジュニア選手目線でのトレーニング法によって最速でバドミントンスタイルが変わってきます。

 

この最速のトレーニング法をしっかりとした基盤にすることで、ジュニア選手の潜在能力がどんどんあふれるように引き出されていくのです。

 

バドミントンDVD販売元の特徴

 

販売元の特徴として、DVDには限定性を持たせていますので、無くなれば販売しなくなります。

なので、いつ浪岡ジュニアのDVD買えなくなるかわかりません。

 

 

 

子どもを強く成長させるかは親の選択で大きく変わる

 

これ以上ない指導者からの『教え』を聞けるチャンスを逃さないでください。

たかだか1本のDVDで『明るい子どもの未来』が手に入れられるのならどれほど、素晴らしいものでしょう。

 

今日中の入手しておくことを強くオススメします。

 

浪岡ジュニアDVDの購入の流れ(分割払いも可能です)

 

 

ステップ1

 

 

 

公式サイトはこちらをクリックしてください。

============

annai

============

ステップ2

公式サイト内の最下部のオレンジ色のバナー『お申し込みはこちら』をクリックして下さい。

============