【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

ダブルスでクロスにスマッシュを打つと大変になる理由

スマッシュを打つ人から一番遠い場所へ打つため打ち方
スマッシュを打つ人から一番遠い場所へ打つため
この記事は約5分で読めます。

バドミントンのダブルスでクロスにスマッシュを打つとあなた自身が大変になることが多くなるのをご存知ですか?

クロスにスマッシュを打つと何かかっこいいし(初心者の時感じたスゴバド管理人の感想です笑)

何か決まる気がするし!!

使いどころを間違えなければ、クロスも有効ですが、使い道を間違えてクロスへスマッシュを打つと大変になります。

 

では、まずはクロスにスマッシュを打つと大変になる理由を考えて行きましょう。

 

 

クロススマッシュは致命打になりやすい理由

 

クロススマッシュやクロスへの攻撃が致命打になりやすい理由は3つあります。

 

  • スマッシュを打つ人から一番遠い場所へ打つため
  • 前衛にいるパートナーが反応しにくい
  • 待たれたら相手にとっては最短で返球できる

 

とこのようなデメリットがあります。

それでは詳しく1つ1つみていきましょう。

 

 

スマッシュを打つ人から一番遠い場所へ打つため

スマッシュを打つ人から一番遠い場所へ打つため

スマッシュを打つ人から一番遠い場所へ打つため

 

スマッシュを打つ人から一番遠い場所へ打つと上の画像のように、ダブルスでの後衛の移動距離が大変になります。

後衛が放つクロスへの距離はとても長いのは画像でもわかりますよね。

それなのに返球距離はとても短いのです。

 

そうすると後衛が移動するにもとても早く動かなければ間に合わなくなりますよね。

前衛にいるパートナーが反応しにくい

 

後衛から一番遠い場所へ打つということは、パートナーである前衛にとっても一番遠いところへ打つことになるので、前衛での反応が遅れることになります。

 

なので、前衛のパートナーが反応できないとさらに後衛一人で頑張らなくてはならなくなります。

 

ダブルスの前衛について記事を準備しております。

併せてご覧ください。

→ バドミントン必勝法ダブルスでの前衛(立ち位置やプッシュの打ち方)

 

 

待たれたら相手にとっては最短で返球できる

 

相手に決まることがあるクロスへのスマッシュですが、相手に待たれていたら最初は決まっていても、なかなか決まらなくなり、その上相手の返球は早くなるので、攻めているはずが、1球で攻防が逆転することもありえます。

 

もう、これだけ相手を追い詰めたからクロスでも大丈夫だろうとか、クロスがガラガラ空いているような状況を作れているのであればクロスのスマッシュが有効ですが、それ以外の時にクロスに無理やりスマッシュを打っても決まらないことが多くなります。

 

クロススマッシュからカウンターをされないために

 

クロススマッシュからカウンターを打たれないようにするためには、相手の体制が整っているときに無理矢理クロスにスマッシュを打たないことが一番良いことだとわかります。

 

それでは、次にストレートのスマッシュを使い最後にクロススマッシュを使うと良い例を考えていきたいと思います。

 

ストレートスマッシュをベースに組み立てる攻撃方法

ストレートスマッシュをベースに組み立てる攻撃方法

ストレートスマッシュをベースに組み立てる攻撃方法

 

ストレートスマッシュをベースに組み立てる方法としては、上の図のように後衛が正面の人にストレートスマッシュまたは正面の人よりにセンターにスマッシュを打ちます。

そうすることで対角にいるレシーバーのパートナーはストレートの攻撃に対してフォローをしようと思います。

 

ストレートスマッシュをベースに組み立てる攻撃方法2

ストレートスマッシュをベースに組み立てる攻撃方法2

 

すると対角のレシーバーのパートナーはストレート側のパートナーのセンターに来たショットに対して、立ち位置を変えていきます。

そうするとクロスのコースがガラガラになります。

そこにクロススマッシュを打ちます。

 

そのような場合には、クロススマッシュも効果が出やすくなり、仮にレシーバーが頑張って反応したとしても、すごい良い返球は難しくなるので、攻めるパターンとしてクロススマッシュが活きてきます。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、ダブルスでクロスにスマッシュを打つと大変になる理由について解説をさせていただきました。

クロススマッシュを打つと大変になる理由を3つあげさせていただきました。

 

  • スマッシュを打つ人から一番遠い場所へ打つため
  • 前衛にいるパートナーが反応しにくい
  • 待たれたら相手にとっては最短で返球できる

 

この3つになります。

結論から言うと、リターンが早く対処が間に合わなくなりやすいので、気をつけましょう。

と言うことですね。

 

また、クロススマッシュに持って行くための戦術も1つあげさせていただきました。

これが全てではありませんが、試していただけると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました