【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンで加速が伸びるにはコレ。声でタイミングを図る

バドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げるスマッシュの打ち方
バドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げる
この記事は約5分で読めます。

 

バドミントンで加速が伸びるにはコレ。声でタイミングを図る

バドミントンで加速が伸びるにはコレ。声でタイミングを図る

こんにちは。スゴバドです。「スマッシュ・クリアを力強く打ちたい!」「え?声で・・・」

今回はバドミントンで加速が伸びるにはコレ。声でタイミングを図るというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

バドミントンのスマッシュやクリアの加速に声を使う

 

スマッシュやクリアを力強く打ちたい!あなたもそんなこと考えませんか?

もしも声で変わるとしたらどうでしょうか。

 

基礎打ちでは、しっかりと力強いショットが打てていても、試合やノックになるとちょっと力が伝わらない人は、コレを試してみてはどうでしょう?

 

バドミントンのショットで非常にキーになるショット、追い込まれても力強く返したいですよね。

 

スマッシュは加速を伸ばす方法はそれぞれ改善することがあります。

今回は違う観点『声』から加速を伸ばす方法を解説していきます。

 

声でタイミングが計れる。腹筋が使える。

声を発すると単純にスマッシュ、クリアの加速が伸びるわけではありません。

声を出すタイミングがあります。

 

声を出すタイミングは「インパクト」ですね。

 

この時に声を出すと、腹筋がつかえるのですね。

遠藤・早川の海外試合です。

ダブルスの後衛でスマッシュを打つ時に声を出して、タイミングを図って打っていますね。

プッシュで打つ時にタイミングをとる選手もいますね。

 

世界のトップ選手もスマッシュを打つ時に声を出してスマッシュを打っていますね。声を出すことで、無意識でも腹筋が使えるので、インパクトのタイミングもつかめます。

女子は声を出すか?

日本で有名な高橋・松友は見ていてもあまり声は出ていない。

しかし、他の海外選手をみているとやはり「フンッ」というような感じで声を出してスマッシュを打っている選手はいる。

 

当然、高橋、松友にしても、打つ瞬間に腹筋を使いインパクトしています。

腹筋に力が入ればどんな方法でもよいと思います。

女子でもというよりは、女子ならばさらに腹筋を意識して打つことは重要になります。なぜならば、男子は腕の力だけでスマッシュを打ててしまいます。

いわゆる「腕っぷしがつよい」といわれる人ですね。

 

女子でも稀にみかけますが、大抵の場合、スマッシュの速い女子は身体を上手に使えています。

そして、男子より女子の方が身体の使い方が上手だと感じることが多いです。

 

なので、女性の方は出来る限り身体を上手に使うことを意識してもらえるとショット力が上がります。

 

ジュニア選手にも声を吐く意識

上の章で女子の声について触れましたが、ジュニアの選手にも同じことがいえます。

 

ジュニアの選手はパワーがないことが多く、特に下級生クラスはパワーが足りません。

 

子供はリズムを掴むのが上手です。

リズムを覚えてもらい、インパクトを捉えること・その瞬間に息を吐く(声を出す)ことができれば、数段ショットの質も変わってきます。

 

バドミントンはダブルスでもシングルスでもミックスでも全てリズムが大切です。

それは攻撃をするときも、防御をするときもです。

 

一定のリズムというもので、タイミングを覚えていきます。

 

レベルがあがれば、このリズムに変化を与えることが覚えられます。

 

その第一歩がこの声を発することになります。

 

ジュニアでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンで加速が伸びるにはコレ。声でタイミングを図るということでお話をしてきました。

 

声をだす(はく)=腹筋を使うためにスマッシュなどの加速に効果があることがわかりました。

バドミントンでは、打つ瞬間(インパクト)の力の使い方がとても重要になってきます。

 

その時に、今回のような声だけでも加速が変わってきます。

もちろん、声をだすことが絶対なのではなく、『フッ』と息を使うだけでも構いません。

 

そのわかりやすい形として今回は、『声をだす』と表現させて記事にしました。

 

その他にもスマッシュを速くする方法などはこちらからご覧ください。

→ 【保存版】バドミントンのスマッシュ最速打ち方と練習30の方法

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました