【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンでの猫手の直し方

4.5
回内運動でのラウンドの処理ショットの打ち方
回内運動でのラウンドの処理
この記事は約2分で読めます。

バドミントンでの猫手とは招き猫の手のように縦に手首を使い打つ方法です。

バドミントンで猫手になると、なかなか矯正ができず治すのに大変苦労をします。

今回は、バドミントンでの猫手の直し方について考えていきます。

 

回内運動が行える状態になるのを目標にしていきましょう。

最後までよろしくお願いいたします。

 

バドミントンで猫手になる理由

バドミントンでの猫手の直し方

バドミントンでの猫手の直し方

バドミントンで猫手になる理由はラケットを縦に振ってしまうからです。

上の画像の状態では回内運動が使えていない状態となります。

特に初心者さんが初めてラケットに握り、シャトルになんとか当てようとするときに、正面で合わせるのがやりやすいからです。

しかし、猫手になったまま、前にシャトルを飛ばそうとするとあまり強打ができません。

なので、猫手になっている場合には早めに直すことをオススメします。

次は猫手になるデメリットについて

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました