【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

【パワー】は結構あるのに、バドミントンのスマッシュは力が入らない・・・

バドミントンのコンパクトな溜めは失速しない!全力と脱力の使い分けスマッシュの打ち方
バドミントンのコンパクトな溜めは失速しない!全力と脱力の使い分け
この記事は約6分で読めます。
【パワー】は結構あるのに、バドミントンのスマッシュは力が入らない・・・

【パワー】は結構あるのに、バドミントンのスマッシュは力が入らない・・・

今回は、スマッシュのお悩み相談から記事にして行きます。

パワー】は結構あるのに、バドミントンのスマッシュは力が入らない・・・と言うお悩み相談です。

パワーがあるのにスマッシュが遅い

パワーがある人のスマッシュでのデメリット

パワーがあるのにスマッシュが遅い

パワーがあるのにスマッシュが遅い

力がある人にデメリットがある!!というと少し表現がおかしくなりますが、力があるとやってしまいがちなことですね。それは何かというと、バドミントンでスマッシュを打つ前から力みがあるので、スマッシュを打つときに力がシャトルに伝わりにくくなってしまうことになります。

もっと言えば、力みから本来持っているパワーがしっかりとスマッシュに伝えられていない可能性があるということです。

それでは、どのようにスマッシュに力を引き出して行けば良いのでしょうか。

パワーがある人に試してほしいスマッシュスイング

パワーがある人に試してほしいスマッシュスイング

パワーがある人に試してほしいスマッシュスイング

上の画像の緑のラインのように練習で力を抜いた状態を表しています。

そして、パワーのある人は赤いラインでは、ずっと力を入れている状態を表しています。

 

スマッシュを速くするには、力みを減らすことがスマッシュの改善に繋がります。

1つの方法としては、上の画像の緑のラインのように練習で力を抜いた状態で、シャトルを当てるようにスマッシュを打つようにしてみましょう。

まずはシャトルを当てるようにスマッシュを打つようにしてみましょう。

力を抜いた状態でもシャトルが飛ぶことがわかります。

 

次に、同じように力を抜いた状態でシャトルがくるまでスイングをしていき、ラケットにシャトルが当たる瞬間から力を入れてみてください。

 

そのようにすることで、瞬間的に爆発的な力がシャトルに加わるので、スマッシュが早くなります。

非力な人はどのようにスマッシュを速くするのか

 

非力な人が前の章でお伝えした『力のある人のデメリット』で解説をしているようなことをしたら、さらにスマッシュに力が伝わらないため、遅くなります。そのためには、やはり力みすぎは厳禁です。

早いスマッシュを打ちたいと思うばかりに、力一杯に力むのは、余計スマッシュを遅くすることになりますので、力まずにポイントを覚えて行きましょう。

関連記事→ 非力・ひ弱な女性でも強くなる!【運動神経】がなくてもバドミントンは勝てる!

 

パワーをスマッシュに活かすためには?

スマッシュにパワーを伝えられるのは、体の動きの連動とスマッシュを打つ瞬間のインパクトにあります。

スマッシュを速くするために引き出すパワーは『握ること』にあります。握るとはスマッシュを打つ瞬間にグリップを握ることです。

そうすることで瞬間的に力が伝わりやすくなり、結果的にスマッシュが速くなります。

 

また、体の連動は力んでいると連動している体の動きにブレーキをかけてしまうことになりますよね。

右利きであれば、右足を後ろに引いて半身になり、テイクバックして、肩→肘→手首→握る(ここで力を入れる)→当たったら力を抜く*ここも重要!

 

最後の力を抜くことが重要と書きましたが、ここはとても大事です。グリップしたままの状態、つまり力んだままだと、打った後にラケットを無理やり止めてしまうことになりますよね。

では、打った後に力を抜くとどうなるでしょう。打った後にラケットがその流れで勝手に振り切られることになります。

ゴルフからスマッシュ強打のヒント

わかりにくい方は、TVなどで、ゴルフの振り抜きをみてください。ゴルフボールに当たった瞬間に止めるシーンはほとんどなく、基本は振り抜きます。

 

パワーをスマッシュに活かすためには?

パワーをスマッシュに活かすためには?

 

画像のように赤いところで止めると、ボールに力が伝わりにくく、失速しやすくなります。逆に赤い矢印の後に力を抜くと、勝手に青い矢印方向にスイングしますので、フォロースルーが勝手に行われるイメージです。

バドミントンでも同じで、スマッシュを打った後に、力を抜くことで、フォロースルーが勝手に行われるので、速いスマッシュが打てることになります。

 

スマッシュの打点から改善策を探す

 

また、打点はとても大事です。よく言われているのは、頭の真上で打ちすぎると、力が伝わりにくくなります。これは単純に実験ができるので、自宅で下の2パターンを試してください。

1、壁に向かい利き腕を耳に近づけてまっすぐにピンと天井に向けて伸ばします。そのまま利き腕で壁を押してみてください。

2、次に同じように壁に向かい利き腕を今度は耳から拳2つ分開けたところで天井に手を伸ばしそこから軽く利き腕を曲げます。ほんの少しでも良いです。その状態で先ほどと同じように壁を押してみてください。

 

どちらの方が力が入りますか?

 

おそらくほとんどの人が2の方が力が入るはずです。なので、スマッシュの打点としては、体から少し離れた場所でうつと力が伝わりやすいことがわかります。

また、体より少し前でスマッシュを打つというのもとても大事なことです。

身長にもよりますが、少し浮きやすい人はもっと打点を前にしても良いですね。

 

関連記事→

 

スマッシュのスイートスポットを広げる方法

 

スマッシュのスイートスポットを広げる方法としてとても簡単な方法は、ポンド数を低く張ることです。ガットを緩めに張ることで、スイートスポットが広がるので、結果スマッシュがスイートスポットで当たりやすくなり、しっかりとスマッシュが飛びやすくなるというわけです。

 

→ バドミントンのスイートスポットに当たらない病を改善(スマッシュ・クリア編)

 

まとめ

 

スマッシュ改善の方法は見つかりましたか?

もし、まだ見つからないようであれば、スマッシュの上達のコツを色々な角度からまとめた記事があるので併せてご覧ください。

→ バドミントンのスマッシュ最速打ち方と【練習方法】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました