バドミントンバックハンドが苦手な人は○○を覚えよう!!

バドミントンバックハンドが苦手な人は○○を覚えよう!!

 

バドミントンのバックハンドが上手に打てない。フォアは打てるのに、バックは苦手・・・

そのような人は多いです。

フォアハンドの時には、上手に打ててるのに、なぜバックハンドでは上手に打てないのでしょうか。

もちろん苦手意識を持っているのもあると思います。

 

しかし、バックハンドはやり方がわからないだけで、しっかりと覚えれば苦手ではなくなると思いますので、今回はバックハンドを克服していきましょう。

 

バドミントンのバックハンドが苦手な人の共通点

 

バックハンドの苦手な人の共通点を3つあげていきます。

 

  • ラケットの軌道が弧を描いていない
  • インパクトの瞬間ラケット面がまっすぐにならない
  • 上半身がブレている

 

この3つが原因で苦手になっている可能性があります。

3つの原因を直して、バックハンドを克服していきましょう。

 

ラケットの軌道が弧を描いていない

 

ラケットの軌道がぐにゃぐにゃと曲がっていたり、ほとんどラケットが動かないで手打ちになっているためにバックハンドが飛ばない・苦手と感じている人が多いです。

 

理想としては、ラケットの先端が丸い円を描くようになること。これはフォアハンドでも同じですね。

そのようにラケットの軌道が弧を描けるようになるとシャトルにラケットが当たったあとしっかりと飛ばしてくれます。

 

インパクトの瞬間ラケット面がまっすぐにならない

インパクトの瞬間に面がブレていてシャトルが飛ばないため、バックハンドで飛ばない・苦手と感じている人がいます。

インパクトの瞬間、面がそれてしまい、なかなかスィートスポットに正面から当たっていない可能性があります。

面をしっかりと当てられるようになりましょう。

 

上半身がブレている

 

上半身がブレていて、しっかりとバックハンドが当たっていない。また、空振りが多い人はこの状態かもしれません。

上半身をブレをださずにバックハンドを安定させるためには、しっかりと止まることが重要になります。

バックハンドで打つ前にしっかりと止まることを意識してから打つように心がけましょう。

 

バックハンドを苦手から得意にする方法

 

バックハンドが苦手な人が得意になるためには、シャトルを奥まで飛ばせるようになったりすることで苦手意識も減り、やがて得意になります。

まずは、手投げノックなどで構いません。

しっかりと奥まで飛ばせるようになるまでバックハンドで力強く奥まで飛ばす練習をしましょう。

 

バックハンドのメリット

 

バックハンドのメリットは利き手と反対側に飛んで来たシャトルの処理ができることです。

バックハンドで打てるようになることでコート全体のカバーが簡単にできるようになります。

 

フォアハンドでは打てるけど、バックハンドは苦手という人は多いので、バックハンドを上達させることで、ライバルにも差がつけることができます。

レシーブなどの基本もバックハンドだからです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンバックハンドが苦手な人は○○を覚えよう!!について解説してきました。

 

バックハンドの苦手な人の共通点を3つはこちらでした。

 

  • ラケットの軌道が弧を描いていない
  • インパクトの瞬間ラケット面がまっすぐにならない
  • 上半身がブレている

 

 

バックハンドの苦手な人の特徴から上達方法を探して行きましたね。

この他にもバックハンドに関連する記事を読んで上達を目指してください。

関連記事はこの記事の少し下側にあります。