バドミントンスマッシュが遅くなった時に見直したい3つのポイント

バドミントンスマッシュが遅くなった時に見直したい3つのポイント

バドミントンのスマッシュが遅くなったと感じた時に見直して欲しいポイントを一緒にみていきましょう。

バドミントンを上達していく時には必ず波があります。

上達する時に、必ず上に上にいくものではありません。少し落ちて何かを見つけて上達していくのが通常です。

その時にどのようなことを見直していくと良くなるのかを考えていきましょう。

 

スマッシュが遅くなったと感じた時に見直したい3つのポイント

 

スマッシュが遅くなったと感じた時に見直したいポイントとして3つあげていきたいと思います。

  • スマッシュを打つ時に体が使えていない
  • 打つ瞬間に力が入りすぎている
  • 足の重心移動ができていない

 

この3つができていないとスマッシュが遅くなったと感じてしまうことがあります。

その場合には、まずスマッシュを打つ時のフォームを全体的に見直してみましょう。

 

 

スマッシュを打つ時に体が使えていない

 

スマッシュを打つ時にバランスが崩れていませんか?

バランスが崩れた状態で打っているときは、大抵の場合スマッシュが遅くなっていることが多いです。

 

体のバランスが崩れると、体全体の力を使って打つことが難しくなります。

そのためにスマッシュが遅くなります。

 

体のバランスが取れない時の改善策としては、ラケットの持っていない手も非常に重要になります。

利き手ではない手がダランと下がっているとそれだけでバランスが崩れてスマッシュが遅くなる原因となります。

利き手ではない手は、シャトルの方向に向けるなどしておくと、全体のバランスが取りやすくなります。上手に使っていない方の手足もバランスを作る道具にしていきましょう。

 

打つ瞬間に力が入りすぎている

 

打つ瞬間に力が入りすぎている場合、スマッシュが遅くなる可能性があります。

スマッシュを打つ時にどうしても速いスマッシュが打ちたいので、力を入れたくなります。

もちろん力を入れていくことは大事なのですが、打った後も長く力を入れていると逆にスマッシュが遅くなってしまうのです。

そうならないようにスマッシュを打った後にすぐ力を抜く練習をしておくことで、スマッシュが遅くなることを防ぐことができます。

 

足の重心移動ができていない

 

足の重心移動ができていない場合にはスマッシュが遅くなっている可能性があります。

足の重心移動を使いスマッシュを打つことができれば、体重がシャトルに乗り、速く重いスマッシュになりますが、重心が上手に移動できない場合にはスマッシュは遅くなります。

なので、上手に重心移動をしていきましょう。

 

利き足に全体重をのせ、シャトルがきたら斜め前で捉える。ことのきに斜め前に体を送ることで、体重移動ができるようになります。

そして、スマッシュを打つことで、さらに利き足が前にいくことになります。

右利きであれば

右→左→右

 

左利きであれば

左→右→左

 

と足を使い前進していく体重移動を使うことで、スマッシュが遅くなっている人は改善できるかもしれません。

 

しかし、足の入れ替えができない場合もあります。

その場合には、軸足をしっかりと止めて、少し打点を下げても良いので、体の前で打てるように心掛けてみると良いです。

 

まとめ

 

今回は、バドミントンスマッシュが遅くなった時に見直したい3つのポイントということで解説をさせていただきました。

今回の3つのポイントはこちらです。

 

  • スマッシュを打つ時に体が使えていない
  • 打つ瞬間に力が入りすぎている
  • 足の重心移動ができていない

 

スマッシュが遅くなった時に読み直して欲しいと思います。

 

 

その他のスマッシュの記事もご覧ください。

→ バドミントンのスマッシュ最速打ち方と【練習方法】