バドミントン初心者の5つの【凡ミス】の多い人が失敗しない・減らす方法

 

バドミントン初心者の5つの【凡ミス】の多い人が失敗しない・減らす方法
バドミントン初心者の5つの【凡ミス】の多い人が失敗しない・減らす方法

 

バドミントンで凡ミスしたくないですよね。なぜ凡ミスは起きてしまうのでしょうか。凡ミスを減らして、『なぜ?』『どうして?』から解放されましょう。

バドミントンの凡ミスとは

バドミントンの凡ミスとは、簡単な失敗をしてしまうことです。例えばフレームショットであったり、空振りもそうでしょうか。

それに加え、アウトミスなども含まれます。凡ミスをしてしまうとラリー全体の流れが影響したり、通常だとミスをしないところでミスをしてしまったりと負の連鎖が起きる場合もあります。

 

 

凡ミスの種類

 

凡ミスの種類はどのようなものがあるのでしょうか。

  • 空振り
  • フレームショット
  • ネットミス
  • サイドアウト
  • バックアウト

などがあります。

 

凡ミスを減らすには

 

凡ミスを減らすためには、どのようなことを気にしていけばいいでしょうか。

凡ミスの怒る原因から考えて行きましょう。

 

凡ミスの一つの原因を動画で確認する

ユーチューブでもスゴバドは配信を行なっております。

YouTubeの登録はこちらまで!

→ http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=katukatun1

 

凡ミスを減らす為に気をつけること

 

凡ミスの起こる原因の一つに動きながら打つというものがあります。

これはどういうことかというと、例えばレシーブの時にシャトルが自分の手元に飛んできているにも関わらず、下半身を動かしている状態です。

下半身が動いているので、手元のラケットも動いてしまいます。

なので、空振りやフレームショットにつながります。

特にレシーブをおこなう時には、一度足を止めて打つように心がけてみてください。

サイドアウトの凡ミスが多い理由

 

凡ミスの中でもサイドアウトが多いという人は、打点に当たった後の振り抜きに問題がある場合があります。

フォロースルーと言います。

フォロースルーが真横にながれてしまうことで、コートの狙ったところとは違うところにいってしまう場合が多いです。

例えば、右利きの方でロングレシーブをする時に、クロスにロングレシーブしようとします。その際に右側にシャトルを持っていきたい為、右横に思いっきり振ってしまうとします。そうすると、シャトルが右のサイドラインをアウトしてしまったり、狙ったところにシャトルが飛んでくれないことになります。

特に初心者さんに多いです。

 

サイドアウトの凡ミスを減らす方法

フォロースルーの方向を変えることで凡ミスの量は減ります。先ほどの例で言えば、フォロースルーを真横にするのではなくて、斜め右上にフォロースルーを持っていくことで凡ミスが減ります。

 

ネットにひっかける凡ミスを減らす方法

スマッシュやドロップやカットがネットにひっかかる凡ミスできれば減らしたいですよね。ネットに引っかかる凡ミスは相手が触ってくれないミスになるので、相手の人は楽して1点をもらうことができます。

逆にサイドアウトやバックアウトは、対戦相手がミスジャッジをして、触ってくれる可能性があるので、また凡ミスの種類としては良いかと思います。それでは、ネットにひっかける凡ミスを減らす為に行うと有利なこととはなんでしょうか。

 

フォロースルーをしっかり行いミスしない

シャトルはラケットに当たって飛ぶものですが、実はそれだけだと早くに失速してしまいます。

シャトルを失速させない為・極力失速させない為には、どうしたらいいでしょうか。

シャトルを失速させない方法としては、フォロースルーが関係しています。フォロースルーがしっかりと振り抜くことでシャトルは失速しにくくなります。初心者の人は特にラケットを途中で止めてしまう人が多いです。しっかりと振り抜くイメージをつけていきましょう。

 

ゴルフのスイングを思い出してください。例えば1打目でできるだけ遠くに飛ばしたい時に、ゴルフボールに当たった瞬間にグラブを止めてしまうプロはいません。

スイングを確認してもらえればわかりますが、当たった後もしっかりとフォロースルーを行っています。なので飛距離が伸びて行きます。

 

ロビングのバックアウトのミスをなくす

 

ロビングでバックアウトしてしまう人は打つ瞬間に前のめりになってしまったり、ネットに突っ込むような勢いでロビングをあげています。前方向に力が強く働いているためにロビングがバックアウトしてしまうのです。

ロビングをバックアウトさせないためには、打つ瞬間には、しっかりと軸足(右利きならば右足)をシャトルの方向に向けて止まりシャトルを打ちましょう。

 

 

凡ミスを減らし安定感のあるプレーをするには

浪岡ジュニアバドミントンDVDサーキット編

ベースでもある基本をしっかり作ることが大切です。日本1のジュニアでの監督とも言われている浪岡ジュニアの奈良岡監督。この方のDVDで基本を身につけて凡ミスを減らしてみてはいかがでしょうか?

ジュニアに向けてのDVDですが、バドミントンを始めて、打てるくらいの初心者の人であれば社会人やシニアの方でもぜひ見ていただきたい内容です。

よろしかったらご確認してください。

浪岡ジュニアDVDの値段と評判は?【8つの購入特典ありはスゴバドのみ!】