バドミントンシングルスのクロスへの有効な出し方について

今回はスゴバドLINEからのお問い合わせからシングルスでのクロスショットについてご質問を頂きました。

シングルスでのクロスショットの出し方とより有効にしていく方法について記事にしていきたいとおもいます。

 

シングルスのクロスショットへの質問

 

まずはいただいた内容からです。

 

Jr.クラブの育成をしてます。

シングルスにおいてストレートとクロスの有効な出し方最近の子は体感が弱く体を傾けてクロスに出す傾向が見えます。

クロスに頼り逆サイドでやられます。

フットワークが基本ですが、クロスの有効打について話を頂けると助かります。

 

このような質問をいただきましrた。

 

 

シングルスのクロスのメリット

 

シングルスでストレート同士で打ち合い(クリア)をしているとします。

その時にクロスへ打つことで相手の選手は大きく足を運ばなくてはいけなくなります。

 

しかし、これはあくまでもあなたが有利になっている場合です。

たとえば、クリアで相手を押している場合にはクロスが有効打になってきます。

 

クロスショットが有効打になる場合

クロスショットが有効打になる場合
クロスショットが有効打になる場合

シングルスのストレート同士で相手をうまくクリアで奥に追いやることができた時にクロスショットが有効打になります。

  • 相手がコート奥にいること
  • 態勢が崩れていること

特にこの2つの状態が相手にあれば、クロスショットが効果を出します。

では反対にクロスショットが有効打にならない場合について考えてみましょう。

 

クロスショットが有効打にならない場合

クロスショットが有効打にならない場合
クロスショットが有効打にならない場合

 

反対にクロスが有効打にならなくなる場合はこのようなときになります。

相手はクリアをしっかりと返してきて、あなたが追い込まれていたり、態勢を崩している場合。

 

それでもクロスへとショットを出したとします。

すると上の画像のように、更にあなたは追い込まれる可能性があります。

 

なので、このような場合に無理にクロスショットを打つことは、更に不利になる場面を多くすることに繋がります。

 

もちろん、苦しい態勢からクロスへ返球することで、相手に意外性をもたせることはできます。

しかし、それが読まれてしまえば、クロスへの返球が相手のチャンスショットになってしまうことになります。

 

 

有利にクロスショットを使うためには

 

これまでの内容を思い返して、クロスショットを有利に使うためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

これは、質問者さんからもお話をいただいているように、フットワークの強化が必要になります。

 

しかし、それだけではありません。

ストレート勝負が重要になってきます。

 

関連記事

バドミントン桃田賢斗のネット前へのフットワーク(フォア)

 

 

 

ストレートショットの重要性

 

ストレートショットがしっかりと打てていること、しっかりと返球できることでクロスへのショットが更に確実に良いショットへと変わってきます。

 

なので、まずはストレートショットの強化が重要だと言えます。

 

ストレートショットの練習方法

ストレートショットの練習方法としては、ノック形式で、イスをコートのセンターより前に置き、タッチしてからクリアを打つ。

このようなパターン練習の導入はいかがでしょうか。

 

また、実践に近い形で、半面でのシングルスを行い、半面の中で相手を崩したら、全面でクロスショットを打つ(ここでラリーを終える)このようなクロスショットまで打つ練習などはいかがでしょうか。

チェンジエンドをすることで、フォア側からのクロスショット、ラウンド側からのクロスショットの練習が行えます。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンシングルスのクロスへの有効な出し方について考えてみました。

 

シングルスですぐにクロスショットを使いたくなる気持ちとてもわかります。

そのようなときには、今使ったら、その後にあなた自信が楽になるのか。

 

それともとても苦しい展開になるのかを考えてみるのも1つの方法かもしれません。

 

より有効にクロスショットが使えるようになると良いですね。

 

 

関連記事

【8特典付き】中西洋介【日本代表コーチ】がシングルスを伝授するDVD(バドミントン)